着物から見る日本人の美意識;从和服看日本人的美意识毕业论文_日语毕业论文

着物から見る日本人の美意識;从和服看日本人的美意识毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

和服作为日本的传统服饰,有着其独特之处,在日本文化中占有重要的地位。和服之所以在日本大受欢迎,是与日本人的爱好与习惯一脉相承的。因此,本文在继承先行研究的基础上,从和服的种类、图案、色彩等方面,参考多篇论文的分析,对日本人的美意识进行了研究。

通过对和服种类等进行分析,结果得出:日本人亲近自然,追求与自然的一体化,与自然共生。这已经成为日本人美意识的象征之一。和服的束缚之美,更体现了日本人性格中的内敛、矜持含蓄等特征。

关键词:和服 美意识 种类 花纹 色彩

目次

1.はじめに………………………………………………………………………1

2.着物についての概況…………………………………………………………1

2.1着物の歴史…………………………………………………………………1

2.2着物の種類 ………………………………………………………………2

3.着物から見た日本人の美意識………………………………………………4

3.1 自然観… …………………………………………………………………4

3.2 様式に見る含蓄の美……………………………………………………5

3.3 着物の拘り………………………………………………………………6

4.美意識の形成要因………………………………………………………………7

4.1自然環境の影響………………………………………………………………7

4.2稲作文化の影響………………………………………………………………8

5.おわりに………………………………………………………………………8

参考文献

謝辞

1.はじめに

周知のように、各民族は自分の民族服がある。大和民族も例外ではなく、着物は日本人の伝統的な服装として、日本人の知恵の結晶である。赵丽君の『日本縦横』は男女の異なる場所の着物を着る方法を紹介する。日本を代表する伝統的な衣服としての着物と浴衣は、絹や木綿、麻など植物性の繊維で作られた。武德庆の日本国情概观 』和服の材質と異なる祝日和服を着る方法を紹介する。女性に限らず現代の日本人は洋服が一般的で、着物を日常的に着るのはお茶、お花といった日本の伝統芸能のお師匠さんや落語家、力士などの特殊な職業の人に限られ、あとは、結婚式•成人式•正月などの儀式に着る装飾的なものになってしまっている。したがって、自分で着物を着られる人も少なくなり、若い女性の中には「嫁入り修業」の一つとしているくらいである。着物が文化として日本人の独特な美意識をよく表している。では、着物に日本人のどんな美意識を表しているのか。着物の種類や紋や色などの考察を通じて、私達はもっと日本人の美意識を理解できるだろう思う。

着物から日本人の美意識を分析するために、「要約」や「類似引用」をもっと研究していきたいと思う。まず、本稿は先行研究について本を参考して分析してみたいと思う。それから、インターネットで関連する資料を調べようと思う。最後、自分の結論をまとめる。

2.着物についての概況

2.1 着物の歴史

着物とは「大和民族の服」という意味であり、すなわち日本の服装を指している。飛鳥・奈良時代は、朝鮮や中国との文化交流によって着物類も影響されましたが、長着の型が成立した。平安時代になると、日本の服装様式は中国に大きな影響をうけた。しかし、9世紀まで、日本独特の服装の基本が出来てきます。すなわち、十二単衣や衣冠束帯と呼ばれるものである。

 鎌倉時代になると、武士が主役になる時代であって、武家が今まで公卿の身分の低い人が着ていた狩衣を最高の礼服とし、水干や直垂の順で着用されました。室町時代には、武家が素朴な生活を提唱したから、男性の服装ても女性の服装ても簡略化になっていった。安土・桃山時代には現在の着物の形を作り出した、絢爛豪華なものが現れ始める時代であって、着物の確立時代と言われる。特に、小袖が下着から豪華な衣裳として登場したが、帯はない。

江戸時代の初期にも、服装の様式はあまり変わっていなかった。明治時代に入ると、統一の着物様式の基礎となり、現在の形と大体同じになっている。大正昭和時代・平成時代には着物の色彩が淡くなり、着物独自の魅力が次第にきわだってくるようになった[1]

2.2 着物の種類

現在の着物は、江戸時代に正装になったもので、これは平安時代の貴族の正装の下着がだんだんに変化して、今日の形に発展してきたものだといわれている。一般的で、女性の晴れ着は留袖、振袖、訪問着、色無地、喪服などに分類される。普段着には小紋、浴衣、紬などがある。ただ、男性が普段着には紋付と袴,浴衣、甚平、作務衣などがある。では、本稿は主な種類について簡単に紹介していきたいと思う。

1)晴れ着

留袖は既婚女性が礼装に用いる、五つ紋・裾模様の着物である。普通は黒地であるが、色染めのものもある。黒留袖は既婚女性の第一礼服である。黒地の着物に五つ紋を染め抜く。「五つ紋」の位置は、背に一つの紋が背紋と呼びれて、両袖の外側に各一つの紋が袖紋と言われて、両胸に各一つの紋が抱 き紋と呼びれる。

色留袖は黒色以外の色を使い、黒留袖と同格で未婚女性の祝儀用の第一礼装である。 黒留袖に対して、色留袖の家紋は五つ紋を紋のほかに、三つ紋(背と両袖の外側)や一つ紋(背のみ)の場合もある。

振袖は留袖に対しての未婚女性の第一礼服である。袂の長い袖で、大振袖、中振袖、小振袖がある。また、その袖のついた、未婚女性の礼装用の長着である。江戸時代の中葉に大振袖は出現して、結婚式の新婦がよくきている花嫁の着物である。したがって、花嫁衣裳には大振袖と呼ばれる。また、振袖は着る人の身長や着用目的などによって袖の長さが変わってきる。

訪問着は第一礼服に代わる略礼服である。すなわち、訪問着は留袖と振袖に略式の正装である。訪問着は社交着として既婚未婚を問わず、結婚式やパーティー、お茶会など様々な場によく着用される礼装である。訪問着は準礼    装に三つ紋(省略する場合は一つ紋)を入れる。

色無地は訪問着に似ている衣服である。それもよく見られる正装で、地紋 のある生地を一色に染めた着物で、三つ以上の紋を付ければ準礼装に、一つ                                        紋は略礼装、無紋だとおしゃれ着にもなる。また、色によっても用途は変わって、模様はないが、多くの色無地は地紋が生地を選ぶ。一般的で、明るく華やかな色の色無地は吉事用、地味な色合いの色無地は凶事用である。しかし、上品な色を選んでおけば両用として着ることができて、落ちめのグレー                                                                             などである。

2)普段着

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接