晩婚化からみる日本の少子化;从日本的晚婚化看日本的少子化毕业论文_日语毕业论文

晩婚化からみる日本の少子化;从日本的晚婚化看日本的少子化毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

二战后日本社会的经济以及教育高速发展。近年来,高龄化和少子化现象越来越严重,其中一个很重要的原因就是当下日本青年的晚婚化,不婚化观念。以往“男主外,女主内”的传统式日本家庭结构以因社会经济发展,女性地位上升等原因已渐渐瓦解。因此,本文在参考先行研究成果的基础上,从当代日本青年晚婚化的原因角度对日本社会少子化进行分析。

关键词:日本社会 晚婚化 少子化

目 次

1.はじめに …………………………………………………………………………1

1.1問題の提起 …………………………………………………………………1

1.2先行研究 ……………………………………………………………………3

1.3本論の研究方法と手順 ……………………………………………………4

2. 日本の少子化 ……………………………………………………………………5

2.1少子化の現状 ………………………………………………………………5

2.2少子化の影響 ………………………………………………………………7

2.3少子化の原因 ………………………………………………………………7

 2.4晩婚化との関係 ……………………………………………………………8

3.晩婚化の原因 …………………………………………………………………10

3.1 経済的な原因 ……………………………………………………………10

3.2結婚のコストアップ ……………………………………………………11

3.3高学歴の影響 ……………………………………………………………11

 3.4結婚への恐怖感 …………………………………………………………12

 

4. 晩婚化と少子化への対策 ……………………………………………………12

4.1正確な結婚観の形成 ………………………………………………………12

4.2政府と企業からの支持 ……………………………………………………13

4.3婚活の促進 ………………………………………………………………13

4.4移民受入 ……………………………………………………………………14

5.おわりに ………………………………………………………………………14

参考文献

謝辞

1.はじめに

1.1 問題の提起

日本の出生率低下は戦前から始まっていたが、戦時中の出産先送り現象のため、終戦直後の1940年代後半にはベビーブームが起き、出生数は年間約270万人に達した(1947年の合計特殊出生率は4.54)。

その後も出生率の減少傾向は続き、2005年には、出生数が約106万人、合計特殊出生率は1.26と1947年以降の統計史上過去最低となり[[1]]、総人口の減少も始まった。2005年には同年の労働力人口は6650万人(ピークは1998年の6793万人)であったが、少子化が続いた場合、2030年には06年と比較して1070万人の労働力が減少すると予想される[[2]]

その後、若干の回復傾向を示し、2010年には出生数が約107万人、合計特殊出生率が1.39となった[[3]]。なお、2011年の概数値は、出生数が約105万人、合計特殊出生率が1.39であった[[4]][[5]]

しかし、15歳から49歳までの女性の数が減少しており、そのため、合計特殊出生率が上昇しても出生数はあまり増加せず、2005年に出生数が110万人を切って以降、出生数は110万人を切り続けている[[6]]

日本の出生に関するデータの推移[[7]]

1970

1980

1990

2000

2001

2002

2003

2004

2005

2006

2007

2008

出生数(万人)

193.4

157.7

122.2

119.1

117.1

115.4

112.4

111.1

106.3

109.3

109.0

109.1

出生率(‰)

18.8

13.6

10.0

9.5

9.3

9.2

8.9

8.8

8.4

8.7

8.6

8.7

標準化出生率(‰)

15.26

12.76

10.74

9.51

9.29

9.21

8.99

8.95

8.72

9.06

9.16

9.34

合計特殊出生率

2.13

1.75

1.54

1.36

1.33

1.32

1.29

1.29

1.26

1.32

1.34

1.37

純再生産率

1.00

0.83

0.74

0.65

0.64

0.64

0.62

0.62

0.61

0.64

0.64

0.66

そして、現代の日本では高年齢で結婚をする現象、即ち「婚期を過ぎてから結婚する」という現象と一生も結婚しない現象が多くになってくる。総務省が行っている国勢調査によると、05年度の未婚率(15歳以上人口)は男性30.9%、女性22.7%だった。25世代を見てみると、男性25~29歳で71.4%、同30~34歳では47.1%となっている。また、生涯未婚率(50歳の時点で1度も結婚したことのない人の割合)は男性15.4%、女性6.8%で、男性の場合7人に1人は一生独身という、なかなか厳しい数字が出ている。この生涯未婚率は、1960年までは男女ともに2%未満だったので、特に男性の非婚化が急激に進んでいることが分かる。さらに、晩婚化によって少子化という問題を起きているといわれる。ところが、晩婚化は何のために起こられるか、それなりの政策はないのか、また、日本人はどのような観点を持っているだろうか、十分に明らかにされていない。

1.2 先行研究

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接