中日若者言葉の対照研究ー社交用語を中心に/中日年轻人用语的对照研究--以社交用语为中心毕业论文_日语毕业论文

中日若者言葉の対照研究ー社交用語を中心に/中日年轻人用语的对照研究–以社交用语为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

  中日用语中的青年用语有其独特之处,对于日语学习者来说,只有很好的了解这些特征才能有效的掌握青年用语。因此,本文在继承先行研究成果的基础上,从中国人学习者的视点出发,通过大量的实例分析,社交用语中经常出现的青年用语现象进行了研究。

  通过对实例进行分析,结果得出:青年用语的表达与本国的文化特质息息相关,它是青年人语言生活中顺利完成交际的一种有效手段。

关键词:青年语言 社交用语 会话 语用功能

目次

0.はじめに 1

0.1 問題の提起 1

0.2 研究目的 2

0.3 先行研究 1

0.3.1先行研究主な成果 1

0.3.2先行研究の問題点 2

0.4 研究方法 2

0.5 研究用の资料 2

1.若者言葉について 2

1.1若者言葉の定義 2

1.2若者言葉の発生要因 3

1.2.1歴史要素 3

1.2.2社会要素 3

1.2.3語言要素 3

1.2.4心理要素 4

2.語彙、文法、発音からみられる若者言葉の特徴 4

2.1 語彙の面 4

2.1.1 省略 4

2.1.2 派生 5

2.1.3 強調 5

2.1.4 諧音と隠喩 5

2.2 文法の面 5

2.2.1曖昧の表現からみられる文法の変化 6

2.2.2敬語の表現からみられる文法の変化 6

2.3 発音の面 7

2.3.1調子の平調化 7

2.3.2数字で言葉を代替する 8

2.3.3同じ発音あるいは近い発音で他の意味を表す 8

2.4若者言葉の特徴 9

2.4.1対象の特定性 9

2.4.2恣意性 9

2.4.3娯楽性 10

2.5まとめ 10

  1. 終わりに 11

参考文献 12

謝辞 13

0.はじめに

0.1 問題の提起

 周知のように、社会の発展はいつも政治・経済・文化などの分野で表現される。そして、文化の一部分としての言語はもちろん社会の変更に関連する。言語は人間のコミュニケーションを行う重要な手段であり、一定の程度の安定性が持っている。でも、時代の変更によって、それぞれの時代性の言語は出てくることが続けていた。経済の発展に伴い、日本語も中国語も大きな変化が起こったのである。特に若者言葉がマスコミ、方言、または外来語などの影響を受け、さまざまな新しい形に変容してきたのである。これらの現象は言葉が生活の進むと共に変化する必要性と実用性を示したのである。

0.2 研究目的

 若者言葉が頻繁に使われ、言葉遣いや文化の面で現在の社会にどんな衝撃を与えたのか。それを究明するのは本文の目的である。若者言葉が言語の中の特別な現象の一つで、若者の間でよく使われている言葉のことを指す。若者言葉が標準語と違い、標準語のルールから離れる多くの言葉や言い方を含み、自由性と娯え楽性に富んだ言葉なのである。若者言葉についての研究はたいへん意義があると思う。

0.3 先行研究

0.3.1 先行研究の主な成果

 若者言葉とは、その時々の若者と呼ばれる人達が使う言葉のことである。若者言葉は仲間同士の連帯を深めるという役割、つまり仲間言葉としての効能を持つ。

 山口奈緒子は、「それはその時代の若者の今という瞬間が映されており、社会や文化全体の鏡にもなっているから」で、また「若者言葉は仲間同士の連帯を深めるという重要な役割を持っている」という[1]。ここでは、若者言葉の語彙、文法、発音三つの面で日本語と中国語の中の若者言葉を分類し、構成する特徴をまとめる。

0.3.2 先行研究の問題点

 社会生活の様々な変化は、まず言葉に反映されると考えられる。若者たちは天性のため、社会生活の変化に他の年齢の人より反応が敏感だと思う。青年用語の変化速度が速い、それに、内容と形式も多彩になってきている。若者用語の現状や特徴を把握して中日語の全般的な変化の研究には非常に有益だと思う。

0.4 研究方法

 本論は中日の談話番組、テレビのせりふ、また会話文から若者言葉を収集する。その例文を研究データとして中日若者言葉の特徴を分析してみる。米川明彦氏[2]の研究を参考に、若者言葉の定義、形成原因、持ち出される情報の内容について明らかに紹介する。その上、若者言葉の特徴を分析する。具体的に、語彙、文法、発音などの三つの方面から日本と中国の若者言葉を比較する。そして、若者言葉は社会への影響を探求する。最後、中日若者言葉の特徴と研究意味をまとめる。

0.5 研究用の资料 

 本稿は六つのドラマとインタビューを研究資料に使うことにした。テレビドラマはさまざまな場面と若者同士の会話があり、話し言葉におけるその特徴をよく反映していると思われる。具体的な収集方法は、中日それぞれののドラマを全部で六つ選び、代表性的な若者言葉をそれぞれ記録する。六つのドラマは以下のとおりである。

      日本                 中国

『极道鲜师』

『天天向上』

『麻辣教师』

『快乐大本营』

『世界番付』

『TOKIOカケル』

 それ以外に、必要であるため、辞典と教科書の例も用いている。[3]

1.若者言葉について

1.1 若者言葉の定義

 若者言葉について、米川明彦氏は、「若者語とは中学生から三〇歳前後の男女が、仲間内で、会話促進・娯楽・連帯・イメージ伝達・隠蔽・緩衝・浄化などのために使う、規範からの自由と遊びを特徴に持つ特有の語や言い回しである。個々の語について個人の使用、言語意識にかなり差がある。また時代によっても違う。若者ことばともいう。人々はある集団に属している。集団が存在すれば、その集団なりの集団語がある。若者言葉は集団語の一つであり、若者という集団の中で使う言葉である。」と定義した。若者言葉の使用条件は主に、第一に仲間内で使う。仲間内の言葉は言いかえれば狭い範囲の言葉であり、気楽に話せるウチの言葉である。第二に娯楽や会話促進のために使う。これは若者がその場その時を楽しく過ごそうとする会話の「ノリ」のために使用していることを意味する。第三に、言葉の規範からの自由と遊びという場合に使う。これは個人の自由を追い求めてきた産物である。中でも個人自由を最も1千的に主張する若者は、服装、持ち物、考え方、行動など、従来の規範から自由になろうとするように、言葉においても自由に、勝手に新たな語を作り出し、新たな意味用法で使っている。[6]

1.2 若者言葉の発生要因

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接