中日職場のコミュニケーションの異同点について-ポライトネスの視点から-/中日职场中语言交流的异同点--从礼貌表现的视点出发毕业论文_日语毕业论文

中日職場のコミュニケーションの異同点について-ポライトネスの視点から-/中日职场中语言交流的异同点–从礼貌表现的视点出发毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

近年来,随着中日两国邦交不断深化,不少日本人来中国学习、工作,同时也有很多中国人去日本留学、打工、上班。中日两国的职场生活总体来说是比较相像的,但也存在很多不同的地方,要融入日本职场,就必须认真了解这部分与中国职场习惯中并不完全相同的部分。因此,本文通过列举近年来一些对日本职场有所涉及,并且展示出了这些部分的电影和电视剧,对这些职场文化中不同的部分进行分析和对比,对日本的职场生活特点产生更多、更深入的了解。

通过各种实例的对比分析,结果得出:日本的职场与中国不同的原因是多方面的,与政治、经济、文化、历史均有很大的关系。

关键词: 日本职场 职场生活

目 次

1.はじめに …………………………………………………………………………1

1.1問題の提起 …………………………………………………………………1

1.2本論の目的……………………………………………………………………1

1.3本論の研究方法と手順………………………………………………………1

1.4研究用の资料…………………………………………………………………1

2.職場の表現及び分析…………………………………………………………1

2.1同僚とお金の貸し借りがいいか……………………………………………1

2.2「おはようございます」という……………………………………………3

2.3紹介のルール……………………………………………………………………5

2.4同僚を軽蔑する………………………………………………………………6

2.5未婚化と晩婚化………………………………………………………………8

2.6転職について…………………………………………………………………10

3. 中日職場の特徴が違う主因……………………………………………11

4.おわりに ……………………………………………………………………12

謝辞

参考文献

1.はじめに

1.1 問題の提起

近年、日本の職場生活と関係があるドラマと映画は多くなった。社会人にとって、職場が永遠の話題である。一方、日本へ留学、仕事に行く中国人も増えている。しかし、日本で働く中国人は職場を円滑に進められないことがたくさんある。それは、日本と中国の職場はまったく同じではないからである。だから、日本で働く中国人は職場を円滑に進めるために、どのように頑張ったらいいか、どの方面に着手したらいいかは本論の研究動機になる。

1.2 本論の目的 

 中国人は日本職場の特徴を十分に理解できれば、日本で仕事をすることは少し簡単になれるだろう。だから、日本の職場をよく研究する現実の意義がある。それだけではなく、職場の研究と言うものの、日本社会文化の研究でもある。本論を通じて日本文化をもっと知られると思われる。

1.3本論の研究方法と手順

まず、日本ドラマを紹介するの「日语职场影视人生」や「日语行业影视人生」などをふまえ、その中に日本職場を代表できるドラマ段落を選択する。そして、同じ状況で日本と中国の職場を比べてみる。それから、中日職場の違いを分析してみる。最後、研究の結論を整理してまとめる。

1.4 研究用の资料 

本稿はいくつかのドラマ段落を研究資料に使うことにした。テレビドラマはさまざまな場面と会話があり、日本職場の特徴をよく反映していると思われる。そのドラマ段落は「日语职场影视人生」や「日语行业影视人生」という本から選ばれる。そのほかに、その二冊の本にある日本職場の知識を選び、分析してみる。

2. 職場の表現及び分析

2.1同僚とお金の貸し借りがいいか

中国では「在家靠父母,出门靠朋友」という話がある。それは、家では両親に世話をされて、社会では友達を頼むという意味である。社会では、個人の力はいつも限度がある。自分のお金が使い切ること、規定の時間に給料をもらえないこと、さらに盗難に遭うことがあるかもしれない。お金が急用であるが、自分は十分のお金がないと、他人に借りてもらうしかない。社会人である以上、その「他人」は自分の友達及び同僚である。その時、同僚にお金を借りてもらうことが同僚に助けを尋ねてもらうこととは同じではないか。

一方、中国では、社会人として、自分の友達あるいは同僚が自分に助けを尋ねてもらったら、助けてくれるのは当然である。しかし、日本では、そうとは限らなさそうである。例は次のように、

例1:同僚とお金の貸し借りをしない

お金の貸し借りは友情さえ壊しかねない。気をつけたいのは小銭の立て替えで、小額の場合、借りたほうはつい忘れがちですが、貸したほうは忘れません。

一回借りて問題がなければ、二回、三回と癖になり、ついには大きな借金をかかえるようになってしまいます。お金にルーズな人の評判が最悪で、たとえ仕事ができても出世は望めません。

                        「日语职场影视人生」

これで、同僚とお金を貸し借りのは、中国と日本の職場は明らかに違うようにみえる。「一回借りて問題がなければ、二回、三回と癖になり、ついには大きな借金をかかえるようになってしまいます」ということは、中国人と日本人はだいたいおなじである。同じことがあるといって、違うことよりは目立つようである。「お金の貸し借りは友情さえ壊しかねません」ということは、中国人も日本人もどちらもこの可能性があるにちがいないから、これはだいたい同じだと言える。しかし、「気をつけたいのは小銭の立て替えで、小額の場合、借りたほうはつい忘れがちですが、貸したほうは忘れません」ということは、多くの中国人のやり方である。小銭の立て替えで、小額の場合には、借りたほうは忘れるのか、覚えておくのかはしらず、貸し出す人はだいぶ忘れるようになるだろう。少なくとも、貸した小銭をいつも覚えている人はありえないかもしれない。このような人がいたら、同僚との付き合いが辛いので、これで友情さえ壊さないとは不可能になるかもしれない。この点はあきらかに、日本人とは違う。

それでは、なぜこの違いになったのか。私は両国の伝統の違いからだと思う。伝統の違いは人の習慣を決まった。中国人より、日本人は昔から非常に慎重な性格を持っている。その慎重さは人の性格の利点で、様々な面で表現している。自分のお金の処理する方法はその慎重さの影響を受けで、ひいてはその慎重さの一面として表現になっていく。相手は返してくれないなら、お金の貸しはお金の減少と同じのようである。おかねの減少に対して、慎重しないわけにはいかない。だからと言って、日本人の伝統的な慎重的な性格が、この違いになっていくと思われる。

2.2「おはようございます」をいう回数

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接