日本語外来語の増加する原因およびその影響|日语外来语的增加原因及其影响毕业论文_日语毕业论文

日本語外来語の増加する原因およびその影響|日语外来语的增加原因及其影响毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

  本论文是关于日语中的外来语的研究。日本是一个喜欢吸收和借鉴外来文化的国家。从古至今、在文字、宗教、国家制度以及社会文化等各个领域都向外国学习和借鉴。外来的文化给日本这个民族带来了很大的影响。特别是外来语对日

本的语言影响大。

  本论文正对日语的外来语,重点针对外来语的由来,定义,现状,特别是日

语外来语急增的原因以及对日语的影响进行研究。

关键词:外来语、定义、现状、原因、影响

  

            目 次

はじめに 1

1日本語の外来語の由来と定義 2

1.1日本語の外来語の由来 2

1.2日本語の外来語の定義 2

2日本語の外来語の現状に関する研究 3

2.2外来語の変容 4

2.2外来語の現状 4

3外来語の急増の原因に関する研究 4

3.1 歴史的な原因 5

3.2 現実的な原因 5

3.3 国際交流の影響 6

3.4 マスコミの影響 7

4外来語は日本語対する影響 7

4.1外来語のプラス面 7

4.2外来語のマイナス面 8

おわり 9

謝辞 9

参考文献 10

           はじめに

 日本語の語彙は、その出現から和語.漢語.外来語の3種に分れている。外来語とは、外国語の言語から借りてきた言葉を指し、日本語における借用語のうち、漢語とそれ昔の借用語を除いたものである。主に西洋言語からの借用であり、洋語とも呼ばれる。またカタカナで表記することが夥しいことからカタカナ語とも呼ばれる。日本語の中に英語から作られた和製英語もある。日本語は外来語の多い言語だと言われている。現代の日本語について、多くの人の素朴な印象として、外来語の氾濫ということがある。「氾濫」という言葉によく表れているように、外来語が一定の限度や許容量を超えて溢れ出し、結果として好ましくない様子を招いているという危機意識がある。新しい外来語が増え続けば、外来語の多用が意思疎通に支障してくる恐れがなくはない。外来語の氾濫問題は、長い間論議を呼んでいる。またお年寄りなどにとって意味がつかめないなどの社会問題になっている。    

多くの国は自らの国の固有の言語があるとともに、他の国の言葉を受け入れて使用する場合もある。日本は、特に外来語を使用する頻度が高く、その範囲も広い。日常生活や各分野で、外来語をよく使用している。「外来語」というのは、外国から入って来た言葉のことであるが、普通は中国から入って来た言葉「外来語」とは言わず、主としてヨーロッパ・アメリカから輸入された言葉のことを言われる。19 世紀後半から20 世紀のはじめにかけて、西洋から新しい観念が導入されるとともに、だんだんそれは、カタカナで表音して、新しい言葉で翻訳されてきたのである。これらの言葉は、現代の日本で使われる語彙の一部を占めている。英語やその他のヨーロッパ諸語からの外来語がほとんどであるが、英語からの語彙は約80%を占めているようである。昔の外来語の取り入れ方は簡単で、それに単純であったが、ぞの後になって、或いは使われているうちに、どんどん変わりが生じ、発音、語形、意味、用法などのことにおいて原語との間に違いが見られるようになり、複雑な形として現れているようになった。このように、外来語が日本に流入した結果、その影響が実に大きい。本稿は日本語における外来語の増加とその原因を分析し、その影響を指摘することにする。

1日本語の外来語の由来と定義

 中国語から入った漢語は外来語であるが、日本では主として欧米語から入ったものを言う。そして、外来語は借用語の一つである。それは外国語に違いないが、その民族の言語に融合し、それを構成する一部になっている。

1.1日本語の外来語の由来

 約二千年前の日本には、文字がなく、話し言葉しかなかった。約西暦紀元一世紀(漢の時代)に、中国の漢字は日本に初めて入った。紀元八世紀末-平安時代の後で、日本は全面的に中国の文化を吸い込むようになった。その時に、仏教がもう中国に広く行き渡ってきた。インドの仏教も中国の文化と共に日本に入ってきた。仏教文化は漢字と梵語の形で日本の語彙に増加し、特別な外来語になった。明治維新の後で、ヨーロッパ諸国の言葉を起源とする外来語も日本に入った。その中で、フランス語は大体料理、政治、服装、文芸であり、ドイツ語は大体医学、哲学、文学、登山であり、イタリア語は大体音楽、楽器、文芸などであり、ロシア語は大体特産物などであり、もちろん十月革命後の政治と関係のある用語もある。

 第二次世界大戦の後から今日まで、日本は夥しいの外来語を吸収してきた。この時代には、数量から見ても、関連する分野から見ても、どの時期よりも多い。それに、いろんな国からの外来語を吸収しているが、英語が主なものである。

1.2日本語の外来語の定義

 皆に知れ渡っているのように、日本の漢字は中国から来る。漢唐の時代に、日中の文化交流は多くなり、日本は話し言葉を表記するため、漢字を使うようになった。そして、漢字だけを使う表記上の厄介を改善するために、漢字をもとにして仮名を作り出すと同時に漢字の偏旁を取って片仮名を作り出した。その後、日本では、仮名と漢字の使用の混淆文が使われ、現在に至っている。

 日本には明治維新後で、西洋文化の影響により、大量の英語、フランス語、ドイツ語などの語彙が入ってきた。皆に知れ渡っているのように、日本語の漢字は中国から来るものである。漢唐の時期に、中日文化の交流は高潮に達し、日本は自分の民族の言語を豊富になるために、夥しい漢字の語彙を吸い込み、この漢字の基礎の上にさらに仮名文字を作り出した。それは日本語の特徴の1つである。日本語の外来語の中に英語は主としてその80%を占めている。英語の知識がある人々にとっては、このような状況は悪いことではない。

 また、日本語の外来語を2つとおりに区別する人もいる。即ち、一つは中国語からの外来語であり、もう一つは欧米からの外来語である。しかし、一般的に中国からの外来語は、早くから日本語の中に溶け込み、既に日本語の一部と見習されているし、また日本語の仮名も漢字によりできあがったものであるがため、ここで言う外来語とは欧米からきたものを指すことである。

2日本語の外来語の現状に関する研究

 日本語の外来語は16世紀から日本に入り、今までは数百年の歴史がある。特に第第二次世界大戦の後から今日まで、日本は夥しいの外来語を吸収してきた。

2.1 外来語の変容

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接