日本の妖怪文化と日本人の心理|日本的妖怪文化和日本人的心理毕业论文_日语毕业论文

日本の妖怪文化と日本人の心理|日本的妖怪文化和日本人的心理毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

随着历史的推进,各国都孕育出了各自独特的文化。而在丰富多彩的日本文化中,妖怪文化无疑占据着十分重要的位置。而文化的形成与人类息息相关。那么,日本的妖怪文化与日本人之间有着怎样的关系呢?

本论文在现行学者的既有研究的基础上,通过对各个时期的妖怪文化的分析,以及以与妖怪有关的动漫为例对日本的妖怪文化与人的心理的关系进行考察。结果发现妖怪文化与人的心理是相互影响的。不同的人的心理诱发各种各样的妖怪文化,与此同时,妖怪文化也寄托并助长了人的各种心理。只要理解了这些,就不难理解为何妖怪文化在日本是如此受欢迎了吧。

关键词:妖怪 民族心理 历史 发展

目 次

はじめに …………………………………………………………………………1

1.1問題の提起 …………………………………………………………………1

1.2先行研究 ……………………………………………………………………1

1.3 本論の目的 …………………………………………………………………2

1.4本論の研究方法と手順 ……………………………………………………3

1.5研究用の资料…………………………………………………………………5

2.1妖怪文化の起源と発展………………………………………………………4

2.1.1妖怪文化の概念と起源……………………………………………………4

2.1.2妖怪文化の発展……………………………………………………………4

3.1妖怪文化に隠した日本人の心理……………………………………………6

3.1.1憂患意識……………………………………………………………………6

3.1.2集団意識……………………………………………………………………7

3.1.3強者崇拝……………………………………………………………………7

3.1.4矛盾対立思想………………………………………………………………8

おわりに …………………………………………………………………………8

謝辞………………………………………………………………………………9

参考文献…………………………………………………………………………10

はじめに

1.1 問題の提起

ある国の言語を勉強すると同時に、その国の文化にも必ず及んだ。日本は茶文化、武文化などで名を揚げているが、私は日本の妖怪文化だけに興味を持っている。妖怪文化そのものも面白いし、それに関わるアニメやドラマも素晴らしいし、最初からその方面のことに注目している。ところが、深く研究したことがないのである。アニメを見る時、大部分のアニメは妖怪に関わることに気付いた。例えば、『少年陰陽師』、『犬夜叉』など。そのうえ、そういう作品は大人気がある。なぜその妖怪文化はそんなに流行っているのかと考えている。

そのゆえ、今度の論文は妖怪文化を中心として展開するつもりである。いろいろな資料を調べてから、文化は人と別にしてはいけないことが分かった。しかし、論文としては人という範囲は少し大きすぎるから、人の心理に取り掛かることに決めた。では、日本の妖怪文化はどういう文化でしょうか、日本人の心理は何でしょうか、その二つの間にどの関係があるでしょうか。そういう疑問を持って、研究を始めた。

1.2 先行研究

まず、妖怪文化の領域で大家と言われる小松和彦の著作――『妖怪学新考――妖怪から見る日本人の心』を拝読した。

科学文明が現代社会に生活する人々に浸透しているにもかかわらず、こうした怪談を生み出す心性も日本人が今にお持ち続けている。本書のなかに、小松和彦は、心の不安や恐れから人間が作り出した、民俗社会に行き続けてきた数多くの妖怪を体系的に把握し、探求しつつ、現代の生活空間に隠されている空間――「闇」の領域から解明し、日本人の心のあり方を研究する。日本の歴史の中で、「神」として祀られる存在がある一方で、祀られていない存在としての「妖怪」もある。しかし、学問研究をする時、「神」に対しての関心は高いが、「妖怪」に対しての研究の価値は認めない。そういう背景で、小松和彦は人類学の民俗研究を基礎に、好ましくない超自然的な力や存在である妖怪を研究し、日本人の精神構造を一層理解できることを信じている。小松和彦は妖怪の産生が人の心の反映だと思っている。

次、いろいろな妖怪文化についての資料を読んだ。ここで一つの例を挙げる。

 陳嬿汝の「日本妖怪の変遷研究――平安時代から江戸時代までの妖怪を中心に」である。この論文は「平安時代」・「中世時代」・「江戸時代」の三つ時代に分け、日本史籍と日本人に知られている妖怪話からそれぞれの時代の代表的な妖怪を選んでその妖怪の性格や特徴を調査し、その時代に応じた社会風景や人間の生き方、人間の恐怖感に呼応して妖怪も時代の推移につれて変遷していることを明らかにする。時代背景と社会風景の移り変わりにつれて、人間は自然に起こった怪奇現象に対する解釈が変わり、異なる不安を持つ人々の心から生まれた妖怪の姿も違っているのである。日本の数千年の歴史上常に妖怪の姿が見られることから、日本人と妖怪の絆が深いことは事実である。

 最後に、日本の妖怪の大部分を了解するために、董強の「面白い日本の妖怪文化」をみた。この論文は、各時期の妖怪文化と各種類の妖怪を紹介する。縄文時代、平安時代、室町時代、江戸時代を分けて、その時の妖怪文化をまとめる。次は河童や雪女などの妖怪を詳しく描写する。最後は少し妖怪学研究と新都市の妖怪を及ぶ。この論文を通じて、日本の妖怪の魅力を感じしてきた。

1.3 本論の目的 

 日本の妖怪文化は長い歴史がある。民間伝説のみならず、様様な妖怪を詳しく描く絵本や文学と妖怪を題材としてのアニメた映画などから日本人が妖怪文化に熱中することが分かる。では、妖怪文化の出現の原因はどれであるか。そして、なぜ日本人がそんなに妖怪文化に夢中になるのか。本論文は日本の妖怪文化の起源や発展への考察、日本の各時期の妖怪についての分析、妖怪に関わる日本のアニメを例として、先行学者の既存研究と結びつけて、その文化に潜んでいる日本人の心理を明らかにして、両者の関係を指摘する。日本文化についての理解を深めるつもりである。

1.4本論の研究方法と手順

本論文はいろいろな研究方法を利用する。まず、インタネットや図書館で様様な資料を調べてみる。数多くの資料を大まかに見て、必要な、役に立つ一部分を選んで詳細的に読んで、大体の印象を持っておく。次、日本の地理と歴史を勉強して、妖怪が現れる背景を手に入れる。そして、妖怪に関わる日本のアニメを見てから、論文を書く時にちゃんと使うように、その中の妖怪文化をまとめる。

論文について、まず日本の妖怪文化の起源と発展歴史を説明する。次、アニメからいくつの例をあげて、日本人の心理と結びついて具体的に分析してから、論点を導き出す。先行者の研究結論を引用して、自分の論点を支えるつもりである。最後に、この論文をまとめて、ちゃんと自分の研究結果を発表する。そして、まだ分からない疑問点を羅列する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接