アニメから日本の神道教を見る|从动漫看日本的神道教毕业论文_日语毕业论文

アニメから日本の神道教を見る|从动漫看日本的神道教毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

神道教简称神道,是日本传统的民族宗教。自古以来,神道思想一直扎根于日本人的心中,并且影响着他们生活的方方面。而动漫作为日本具有代表性的文化之一,通过视觉和听觉上的触动收获了非常广泛的受众群。可以说,动漫在无形之中对日本民众所产生的潜移默化的影响是不容忽视的。因此,本文主要选取了最原始的古神道,从具体的动漫中找出的与古神道相关的要素,并从自然崇拜、言灵信仰以及现代日本人的信仰现状这三个方面进行了考察。

关键词:动漫 古神道 自然崇拜 言灵信仰 信仰现状

目次

はじめに ……………………………………………………………………………1

第一章 アニメに現れている自然崇拝 …………………………………………2

1.1 自然崇拝について ……………………………………………………………2

1.2 アニメに現れている自然崇拝 ………………………………………………2

第二章 アニメ二現れている言霊信仰 …………………………………………5

2.1 言霊信仰とは …………………………………………………………………5

2.2 マナ ……………………………………………………………………………5

2.3 アニメに現れている「シャーマニズム」 …………………………………8

第三章 アニメに現れている信仰心の現状 ……………………………………9

3.1 日本の信仰心の現状 …………………………………………………………9

3.2 「神さまのいない日曜日」信仰心 …………………………………………9

3.3 「いなり、こんこん、恋いろは。」…………………………………………10

3.4 「神様はじめました」 ………………………………………………………10

おわりに ……………………………………………………………………………11

謝辞 …………………………………………………………………………………12

参考文献 ……………………………………………………………………………13

はじめに

  • 論文のきっかけ

筆者はずっと前から日本のアニメが大好きになっている。バンパイア、巫女そして陰陽師などの宗教的な要素を含むアニメが多く存在するのを発見したから、日本人の宗教心はとても強いと思った。しかし、日本文化を勉強した後、実は日本人の宗教観は薄いのが分かった。朝日新聞の調査によると、信仰を持っている日本人の割合は約30%で、諸外国に比べてもかなり低いのである。ところが、日本の半数以上の家庭は家に神棚や仏壇が祀ってある。また、日本で子どもが生まれたら神社に行ってお詣りし、結婚式はキリスト教の教会で挙げ、葬式はお寺で挙げるといった奇異に見えることが多いらしい。そのような矛盾の現象は筆者の興味を起こしてきた。宗教は日本人にとってはいったいどのようなものであろうか。これは興味深い課題だと思う。そのため、本論は現代日本を代表する文化の一つであるアニメと古代より日本人に信仰されている古神道を取り上げ、アニメにおいて古神道的な要素はどのように現れているのか、どのような意味を伝えられているのかを考察する。

  • なぜアニメを用いるのか

アニメは日本人に対してずいぶん身近な存在である。それは、宮崎駿の監督するアニメ作品が日本映画の興行収入の歴代記録で上位を占めていることや、1963年のテレビアニメが放送して以来多くの世代の人々はアニメを見ながら成長してきている事実から明らかである。

アニメの文化的な位置づけについて、アメリカの日本文学の研究者・スーザン・J・ネイピアは『現代日本のアニメ』で以下のように述べている。

「アニメは世界中の観客を娯楽としてのレベルで楽しませるが、もう一つ重要なのはそのレベルを超える感動と刺激を与えられる点である。すなわち、従来の芸術形態で表現しえなかった手法で、現代社会に存在する問題について人々に熟考させるのだ。その上、まさに誰しもが楽しめるという手軽さから、より幅広い層に影響を与えることが可能なのである。ある種の近寄りがたさを感じさせるハイカルチャーは、当然、アニメの影響力にはかなわない。要するに、アニメは社会的にも芸術的にも、一つの特殊な文化的形態としてまじめに取り扱われるべきだと断言してよいのではないだろうか」

この論文でアニメを用いるのは、スーザン・J・ネイピアが述べているように、アニメが様々な映像手法を通じて、幅広い層に影響を与えることができるためである。また、文字媒体などに比べ、メッセージ性の有無にかかわらず神道的な要素を含むアニメはテレビなどで放送されているので、視聴者が違和感なく受け入れているのが容易で、多くの人に受け入れられるためである。

第一章 アニメに現れている自然崇拝

1.1 自然崇拝について

自然崇拝とは、自然物・自然現象を対象とする崇拝、もしくはそれを神格化する信仰の総称である。

古代の日本人は、自然を改造したうちに、日月星辰、江河湖海、山川草木、風雨雷電などの自然現象の中に人間の力よりずっと強い威力と神聖性を感じた。また、当時の生産力の水準も低かったし、世界に対する認識も高くなかった。だから、自然現象の理解できなかったこと、未来の世界に困ったこと、死亡への恐怖などはすべて神様の力によって働かされていると信じていた。すると、自然現象に対する畏敬と崇拝が起こってきて、神様の力は無限で、世の中の万物の中にそれぞれの神霊が宿ると考えるようになった。つまり、ものの存在するところには必ず精霊があると考えていたと言える。

1.2 アニメに現れている自然崇拝

  • 「となりのトトロ」

「となりのトトロ」は、母の病気のために、草壁一家は田舎へ引っ越し、そこで、サツキ、メイ姉妹と、「もののけ」とよばれる不思議な生き物「トトロ」との交流を描いている。

    • 人間と自然の共生

これはアニメのオープニング曲『さんぽ』の画面である。画面の中に、主人公のメイが散歩しているうちに様々な生き物が出てくる。でも、怪しいことに、どの生き物もメイと同じぐらいの大きさで描かれている。これは、人間と自然の共生関係に対する追求の現われであると言えよう。日本人は、自然界の万物が霊性を持っていて、人間が自然の支配者ではなく、万物と同じように等しく魂を持った存在であると考えている。このオープニングから「自然崇拝」の世界観、すなわち人間と自然が調和できるという世界観を充分に読み取れるのであろう。

    • 森と木

「立派な木だなあ。きっと、ずっとずっと昔からここに立っていたんだね。昔は木と人は仲良しだったんだよ。」

~(中略)~

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接