日本人の猫に対する感情についての一考察日本人的猫情结的考察毕业论文_日语毕业论文

日本人の猫に対する感情についての一考察日本人的猫情结的考察毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本人与猫有着密切的关系。很久以前日本人就有着亲近猫的习惯。猫已经成为日本人生活中的一部分。基于此,在日本猫文化逐渐形成。例如,有关猫的谚语有很多。而且,很多文学,动漫,电影作品中都有描述猫的产物。由此可以看出以猫为题材的日本人喜欢猫。

猫文化的形成与日本的地理环境,日本民族传统的审美观念,一集日本民族的民族性,民族心理有着很深的联系。日本的猫文化发展和变化一定程度上反应了当时的民族心理。同时,日本民族的发展也与猫文化的变迁相联系。

キーワード:日本人、猫、アニメ形象、文学、文化

关键词:日本人、猫、动画形象、文学、文化

目 次

要 旨 1

摘 要 2

はじめに 3

第一章 日本における猫の歴史 5

1.1平安時代 5

1.2鎌倉時代と江戸時代 5

第二章 日本における猫の伝説 7

2.1猫股伝説 7

2.2招き猫の由来 8

第三章 日本の「猫文化」 9

3.1猫の文化縁起 9

3.2日本人と猫の生活 9

第四章 日本の猫文化が形成した原因 12

4.1生活環境 12

4.2民族心理 12

4.2.1 舶来品への崇拝 13

4.2.2 伝統的な日本審美に相応しい猫 13

4.3民族性 14

4.3.1 孤独感からの猫好き 14

4.3.2 死亡の思考 15

終わりに 16

謝 辞 17

参考文献 18

はじめに

日本人の日常生活のことが猫の足跡はいろいろ存在している。日本猫など日本人の生活の一部ようになった。「招き猫」、「猫カフェ」など生活における「猫」が現代では非常に流行っている。「猫」を主題とするアニメ、小説、キャラクター群について色々な代表作品がある。たとえば、「招き猫」という猫の特徴を表し、「ハローキティ」という猫は少女たちの可愛い形象を反映する。夏目漱石が書いた「吾輩は猫である」という小説、「猫の恩返し」、「ドラえもん」、「ハローキティ」というアニメは東南アジアを中心に世界においても有名でる。また、猫と犬がベッドとして、様々の違いがある。猫に関する諺の例と言えば、「猫の手を借りたい」という諺は忙しい日常生活を表現している。

第一章の日本ネコの歴史、第二章の日本における猫の伝説の面から日本における猫文化の起源を考察する。第三章で猫文化の縁起を整理し、猫は日本人の生活との関わりについて論じる。第四章では、生活環境、民族心理、民族性という三つの面から日本の猫文化が形成した原因を分析し試みる。

本論文は以上のことから、猫は日本人にとってどのような存在であるか、日本人の生活にどのような影響を与えるかを考察し、さらに、日本人の猫情緒及びその文化的な意味について知見を述べる。

第一章 日本における猫の歴史

1.1平安時代

平安時代に宇多天皇の日記は、太宰府から献上された墨のように真っ黒い唐猫の様子が、詳しく記述されている。現存する日本最古の猫の記録である。これ以後、枕草子、源氏物語、更科日記などにも猫が登場している。このことから、日本猫のルーツは、約1400年前に大陸から渡来した唐猫で、貴族の間で飼育されたのが始まりだと考えられる。多くの書物が宋から輸入され その船に乗っていたネズミ捕り上手な猫、そのほとんどが尾が短く、中には三毛もいたそうである。死を悟ると死に場所を求めて姿を消すと言われるが、実際にはネコには「死」という抽象的概念を認識することは出来ないと考えられる。体調が悪化したり、致命的な傷を負ったときなどは、本能的な防御反応として危険な場所から移動して、身を守りやすい安全な場所に身を隠そうとし、場合によってはそのまま死んでしまうと考えられている。しかし、飼い主への依存度の高いネコの場合、心細くなって主の近くに寄ってくる、あるいは、近くにいてくれるよう求め、結果的に飼い主の目の前で死ぬことになる。

1.2鎌倉時代と江戸時代

多くの書物が宋から輸入され その船に乗っていたネズミ捕り上手な猫たち、そのほとんどが尾が短く、中には三毛もいたそうである。このころ日本では、猫又と呼ばれる化け猫伝説が、広まり「体が大きく尾が長く毛色が黒や黄色の猫は、歳をとると尾が二股に分かれ老婆に化ける」といわれ猫の長い尾

を切る風習ができる。

 江戸時代になると、江戸幕府五代将軍徳川綱吉により1685年「生類憐れみの令」を発令「犬公方」と呼ばれる。生きものをいじめた者を厳罰に処した。それまで行われていた 猫の断尾や、猫を綱でしばる習慣を禁止した。しかし、1709年綱吉が亡くなると間もなく廃止となる。

第二章 日本における猫の伝説

昔から日本では、ネコが50年を経ると尾が分かれ、霊力を身につけて猫又になると言われている。それを妖怪と捉えたり、家の護り神となると考えたり、解釈はさまざまである。 この「尾が分かれる」という言い伝えがあるのは、ネコが非常な老齢に達すると背の皮がむけて尾の方へと垂れ下がり、そのように見えることが元になっている。この、尾が数本に見えるネコは、実際に朝のテレビ番組で紹介されたことがある。猫又に代表されるように、日本において、「3年、または13年飼った古猫は化ける」、あるいは「1貫、もしくは2貫を超すと化ける」などと言われるのは、付喪神(つくもがみ)になるからと考えられている[要出典]。 『鍋島騒動』を始め、『有馬の猫騒動』など講談で語られる化け猫、山中で狩人の飼い猫が主人の命を狙う『猫と茶釜のふた』や、鍛冶屋の飼い猫が老婆になりすまし、夜になると山中で旅人を喰い殺す『鍛冶屋の婆』、歌い踊る姿を飼い主に目撃されてしまう『猫のおどり』、盗みを見つけられて殺されたネコが自分の死骸から毒カボチャを生じて怨みを果たそうとする『猫と南瓜』などは、こういった付喪神となったネコの話である。

2.1猫股伝説

猫股とは、日本の民間伝承や古典の怪談、随筆などに登場する猫の妖怪で、大別して山中にいるものと、人家で飼われている猫が年老いて化けたものの2種類がある。江戸時代以降には、人家で飼われている猫が年老いて猫又に化けるという考えが一般化し、人の言葉を話したり二本足で歩いたり、果ては人を食い殺したりするとして恐れられていた。またしっぽの長い猫は、そのしっぽが二つに分かれて猫又に化けるという迷信も広まったことから、次第にしっぽの短い猫が好まれるようになっていったようである。現在日本国内でよく見かける短尾猫たちは、ひょっとすると「猫股伝説」のおかげで繁栄できたのか

もしれない。

2.2招き猫の由来

招き猫は、前足で人を招く形をした、猫の置物で、元は養蚕農家の縁起物でしたが、養蚕業が衰退してからは、広く商売繁盛の縁起物とされている。その由来にはたくさんの説がある、すっきりとした答えは無いようである。江戸時代の文化十三年春、江戸両替町の時田喜三郎の家に飼われていた猫は、来るたびに魚をくれる出入りの魚屋になつき、彼が来るたびに魚をねだるようになっていた。ところがある日、魚屋が病気になり、収入も途絶えて生活のめどが立たなると、どこの誰とも知らない者が、小判で金二両を置いていった。それを元手に元気を回復した魚屋が、久しぶりに時田邸を訪ねると、いつも出てくる猫が出てこない。不思議に思って聞くと、「家から無くなった小判は猫のしわざと分かったので殺してしまった」とのこと。これを聞いた魚屋は涙を流し、先日思いがけず手に入れた金二両の話をしたところ、「日頃の恩を返すため、猫が魚屋の元に置いていったのだろう、なんとも不びんなことをした」と人々は皆感じ入った。 この小判猫の話が評判となり、左手を上げ、右手に小判を抱えた招き猫が作られるようになった。

第三章 日本の「猫文化」

3.1猫の文化縁起

江戸時代は本物のネコが貴重だったために、ネズミを駆除するための呪具として猫絵を描いて養蚕農家に売り歩く者もいた。新田氏宗家で交代寄合旗本であった岩松家では岩松義寄から岩松俊純までの4代に渡って、ネズミ避けのため直筆の猫絵を下付したことで「猫絵の殿様」として知られていた。絵に描かれたネコが古寺で大ネズミに襲われた主人の命を救う『猫寺』は、ネコの効用を説く猫絵師などが深く関わって流布した説話であると考えられている。しかしネコが繁殖によって数を増やし、一般の庶民、農家にも広まっていくと同時に、ネコの穀物霊としての特質は失われていった。ネコが人々を病から救う薬師になったと語る『猫薬師』に霊性が残るのみである。安土桃山時代、九州南部の大名島津義弘は、文禄元年からの文禄の役、慶長2年からの慶長の役に猫の瞳孔で時間を知るために、7匹の猫を伴って朝鮮に渡ったとされ、生還した2匹の猫を猫神として祀る神社が鹿児島県の仙巌園にある。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接