家紋から見られる日本人の性格/从家纹看日本人的性格毕业论文_日语毕业论文

家紋から見られる日本人の性格/从家纹看日本人的性格毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

可以说家纹是日本流传至今的固有文化,是日本特有的产物。它还反映着日本人的性格特征,很有研究价值。因此,本论文参考先行研究从家纹的视点出发更加深入地探究日本人的性格。

本论文以家纹为窗,更加清楚地展现了日本人的集团意识、日本人的纤细和亲植物性以及日本人的“开放性”和“主体性”。也让我们感受到了家纹和日本人之间强烈的羁绊。

关键词:家纹 日本人 性格

目 次

はじめに – 1 –

1.問題提起と本論の目的 – 1 –

2.先行研究 – 1 –

第一章 家紋とは – 3 –

1.1 家紋の歴史 – 3 –

1.2 家紋の分類 – 4 –

第二章 家紋から見られる日本人の性格 – 6 –

2.1 日本人の集団意識 – 6 –

2.2 日本人の繊細さと植物への親しみ – 7 –

2.3 日本人の「開放性」と「主体性」 – 8 –

第三章 現代の家紋の価値 – 9 –

3.1社会的価値 – 9 –

3.2芸術的価値 – 9 –

第四章 家紋の未来 – 9 –

おわりに – 10 –

参考文献 – 11 –

謝辞 – 12 –

はじめに

1.問題提起と本論の目的

南京工業大学での「芸術概論」という授業で先生が日本の大学の校章を紹介された時、「日本の校章は多少家紋の影響を受けるといわれます。」と述べられた。東京大学、大阪大学、東北大学など、いろいろな大学の校章を見ながら、確かに中国の大学の校章と雰囲気が全然違うと思っていた。そのため家紋は一体どのような物なのか、日本の家紋とヨーロッパの紋章の違いは何かに深く興味を持ってきた。

 家紋を調べて家紋の起源は古く平安時代後期にまで遡ることが分かった。存在には必ず理由がある。家紋はなぜ千二百年以上の歴史を貫いてきたか。長く存在しているのはそれなりの価値があるからだと思うが、それはどんな価値か。そして、日本人の集団意識の発展に有利か、政権を強固するのに役立っていたか。私はこのような疑問を抱いて数多くの家紋の図を見た。見るうちに、面白い考えが頭の中に浮んだ。家紋は日本の特有な産物なので、日本人の性格の特徴を反映しているはずである。家紋から日本人の性格が分かることができるかもしれないと思って、家紋について研究しようと思ったのである。

2.先行研究

家紋についての文献には、以下のことが記されている。

 鈴木亨によって著され、黄碧君によって翻訳された『日本家徽図典』では、二千九百個家紋の図案が紹介されている。この本は日本の十大家紋、植物紋、動物紋、自然現象紋、建築・器物紋、図像紋、伝統的な諸紋、現代の紋章という八つの部分に分けられて系統立てて詳細に日本の特有の家紋を紹介している。この本の最大の特徴は文字と図案を混ぜて家紋を紹介し、具体的な家紋の図案に読者の目に映らせることである。家紋(かもん)とは、特に日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章である。単に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれる。日本だけで241種、5116紋以上の家紋がある。家紋は古く平安時代後期にまで遡り、千二百年以上の歴史を貫いてきた日本固有の文化である。私はこの本を踏み台として家紋の世界を触れてきた。

 次に、『日本語知識』という刊行物で掲載された二篇の論文は私に巨大な啓発を与えた。一つは蘭立亮が書いた「家紋から見られる日本の文化」(2003)。この文章では、作者は練れている書きぶりで家紋の歴史や分類などを紹介した上で、日本人の文化心理と美意識を分析し、日本人の集団意識、信仰なども述べた。家紋は植物紋、動物紋、器物紋、建築紋、天象紋、幾何紋、文字紋などと分かれる。著者は、家紋とヨーロッパの紋章との比較に基づく、日本人は植物が好きだという論点を広げる。そして、著者は家紋の質素なデサインと温和な色合いにより、日本人が自然と共生しているうちに質素また繊細な性格を育ててきたと述べた。文章の末に、家紋から見られる日本人の集団意識および外来物事の受け入れも触れた。この論文のお陰で文化の面から私は家紋に対する理解が深くなってきた。

 もう一編の論文は、丁瑞媛の「日本の家紋から見られる文化浸透と身分帰属」(2008)である。この論文では、家紋の起源と変遷、家紋の種類およびその基本特徴、家紋の特徴から見られる文化浸透と身分帰属という三つの部分に分けられている。日本人が外来文化と本土文化を融合するのに優れていることに着目して文化浸透の論点を広げている。稲作文化の特質と日本の家族および社会構造の特徴から身分帰属の分析を行っている。この論文の内容は非常に斬新だと思う。

 また、石徳栄は家紋と日本人の集団意識について論じている。その論文「家紋と日本人の集団意識について」(2012)では、著者は家紋の歴史と集団意識の発展を平行させて文章を展開した。家紋の起源と日本人の集団意識の萌芽を結びつけて述べた。そして、家紋の発展と集団意識の最大化を対照して分析した。日本の最初の集団意識は家紋の出現を通じて現れた。次に、武士時代に入り、家紋は広く用いられた。これと同時に、集団意識も武士道精神を通じて最大の表現を得た。武士時代には、家紋と集団意識はともに最も繁栄の時期を迎えたといえよう。この文章の内容だけでなく、文章の組立ても私にとって非常に見習う価値があると思う。

 さらに、于素秋が著した『家紋―日本民族文化の傑作』(2009)では、先ずロゴタイプを述べて家紋の内容を引き出した。その後、家紋の数量と種類を紹介した。そして、家紋の中の美学と家紋の用途を述べた。今の会社や機関・団体など皆自分のロゴタイプを持っている。これロゴの起源は日本の「家紋」である。家紋は図案デザインの精華であり、日本の民族文化の傑出した作品である。この文章を読むと、日本人と家紋の間に強い繋がりがあることを感得できる。

 以上が私が調べた代表的な文献である。まとめると、家紋は今日まで息づいている日本固有の文化であると言っていい。日本の浮世絵や歌舞伎などのように、日本の文化の遺産である。深く研究する価値があると思う。既往の研究では、家紋について文化の面から述べたのが一般的である。日本人の性格も現れたが、具体的な言及がない。先行研究から力を借りて家紋から見られる日本人性格を明らかにしようと思う。

第一章 家紋とは

1.1 家紋の歴史

家紋の起源は古く平安時代後期にまで遡る。平安末期に近づくと、西園寺実季や徳大寺実能といった公家が独自の紋を牛車の胴に付け都大路でその紋を披露して歩き回り始める。これが家紋の始まりであるという説がある。その後、公家と武家の家紋は同じく平安後期に生まれたと考えられるが、それもわずか数えられるほどで、爆発的に普及し始めるのは鎌倉時代以後となる。

 南北朝時代に入る頃には、「大紋」といった直垂に家紋が縫いつけられた衣服が武士の間で普及していた。室町時代頃から、紋章を付けた衣服のことを礼服と呼ぶようになるが、礼服に必ず家紋をつけるという発想や考えはまだ一般化してなかった。その考えが定着し始めたのは、大紋から発展した「素襖」や「肩衣」といった衣服が出始めた室町時代中期の東山文化が栄えた頃だと言われる。同じ頃、羽織が生まれた。戦国時代に入ると同族同士で戦い合うことも増えた。敵・味方の区別をしやすくするため、この頃から急激に家紋の種類が増え始めた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接