バーチャルアイドルの流行のする原因の探求と分析/虚拟偶像流行原因的探究和分析毕业论文_日语毕业论文

バーチャルアイドルの流行のする原因の探求と分析/虚拟偶像流行原因的探究和分析毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

随着以“初音未来”为代表的虚拟偶像在日本的兴起与流行,世界范围内掀起了虚拟偶像热潮。作为新时代的娱乐文化现象,虚拟偶像代表了一种新的开放理念,即everyone,creator(每个人都是创造者)。

本文主要围绕日中虚拟偶像,从科技、社会等层面探究其流行原因,分析虚拟偶像所蕴藏的商业及社会文化价值,并在现状基础上对虚拟偶像的未来发展进行预测。期待通过对虚拟偶像这一文化现象的深入解读,进一步加深中日之间的相互了解,促进两国文化的交流与传播。

关键词:虚拟偶像 科技 社会 文化传播

目 次

はじめに 1

第一章 バーチャルアイドルとは? 3

1.1 バーチャルアイドルの起源と発展 3

1.2 バーチャルアイドルとアニメキャラクターとの区別 5

第二章 バーチャルアイドルの流行する技術原因 5

2.1「VOCALOID」技術の開発 5

2.2 動画配信サイトの推進:「ニコニコ動画」 6

第三章 バーチャルアイドルの流行する社会原因 7

3.1 バーチャルアイドルの特徴 7

3.2 オタク族とバーチャルアイドルの関係 9

3.2.1 オタク族とは 9

3.2.2 オタク族からの影響 10

3.3 商業価値と文化伝播 10

3.3.1 初音ミクから派生したもの 10

3.3.2 初音ミク・ソロコンサート 11

第四章 バーチャルアイドルの将来 12

4.1 経済的な面からの予想 12

4.2 流行的な面からの予想 12

おわりに 12

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

(1)問題の提起

2007年から、「初音ミク」をはじめとして、鏡音リン・レン、巡音ルカなどのバーチャルアイドル歌手が日本に次々と登場した。そうしてインターネット特にニコニコ動画を通して流れ、大きな人気を集めた。それに従って、中国にも「東方梔子」や「洛天依」などのバーチャルキャラクターが人々の目にふれてきた。

初めて初音ミクの歌を聴いたとき、人声に似ているところがあったが、独特な感じもした。その「独特な感じ」はどこから発生するのかと好奇心を抱き、ネットで調べると、「VOCALOID」という音声合成システムであることが分かった。

この音声合成技術は初音ミクの流行との間に何か関係あるのか、そのほか、初音ミクといったバーチャルアイドルは実在の人物ではないにも関らず、なぜそれほど魅力があるのか、また、インターネットはバーチャルアイドルの流行にはどのように役割を果たすのかと疑問を覚えた。

先行研究をざっと調べたが、バーチャルアイドルについてはこれまでの紹介は少なくないが、流行する原因の分析にはまだ検討する余地がある。本論文はこの部分を深く掘り下げ、バーチャルアイドルの流行する原因を研究してみたい。

(2)先行研究

 バーチャルアイドルの代表として、「初音ミク」の影響は多くの国に及んでいる。日本のマイナビニュースは2012年3月に「初音ミクとは何だと思いますか?」をテーマとして、マイナビニュース会員の男女1000名を対象としてバーチャルアイドル歌手「初音ミク」の人気の理由について、インターネットログイン式のアンケートを行った。「オタク受けするキャラデザイン」、「萌え系ビジュアルで、人間にはない良さがある」といった「見た目」に関する意見があるが、「ファンたちの創作によってキャラクターが作られていくことが魅力だと思う」、「アイコンとしてのキャラ付けがよかったのだと思う。特定の物語を持たないので、いろいろな場面で活躍できる」という声もある。閲覧者の立場から「自分と同じ素人が作った歌は、とても身近に感じてより共感できる」 、「プロでもない普通の人の、隠れた感性によって多彩な曲が生まれる」という感想も目立った。調査結果は、バーチャルアイドルの人気の秘密はそのキャラクターの素直にかわいいデザイン、創作の幅が広がる自由度の高い環境、優れた音楽ソフト、およびネット文化との相性などと関係があることを示した。その結果は本研究にとってある程度に参考になれる。

 また、バーチャルアイドルが流行できることを推進する要素の中に、おろそかにしてはならないのは「オタク族」の作用なのである。

 王雲紅(2009)は「交際の角度からみる日本の『オタク族』文化現象」の中に、「『オタク族』は現実的な生活の中で人との直接の交際が下手であるため、自分の趣味を通して『他の自分』を造って人と交流する。『オタク族』はバーチャルリアリティに興味を持って自分なりの仕方で説明し、表し、その中の人に交流してみる。」と述べている。この文章は、「オタク族」の交際の仕方を考察し、その文化現象の本質を探究してみた。オタク族はネット文化を共通の趣味として、バーチャルリアリティの世界を楽しんでいることを指摘された。さらに、バーチャルリアリティが若者の交際の仕方に与えた影響を分析した。この点でオタク族がネットで流れているバーチャルアイドルの流行することに推進する役割を果たしたことが推測できる。

(3)本論の目的 

バーチャルアイドルは新たな文化現象として、中日はじめ諸外国の間での文化交流の中で重要な役割を負うことが期待される。バーチャルアイドルを通して中日の文化交流がいっそう充実すると考えられるので、バーチャルキャラクターの価値および付加価値を含めた評価を追求する本研究の研究の意義は深いと考える。バーチャルアイドルの流行する原因を探求することより、この文化現象の魅力を明らかにし、その社会的存在価値をさらに見つけ広げるのが研究の目的である。

(4)本論の研究方法と手順

本論文はインターネットを利用して初音ミクを中心にバーチャルアイドルに関連する紹介やニュース、調査結果などの資料を収集する。それから、バーチャルアイドルの流行する原因についての先行研究を参考に、科学技術的な面および社会的な面から、その原因を具体的に分析してみる。また、商業価値と文化価値からバーチャルアイドルの魅力を明らかにしながら他の原因を探究してみる。最後、バーチャルアイドルの流行する原因を整理してまとめる。

(5)研究用の资料 

本稿はバーチャルアイドルの歌をいくつか研究資料に使うことにした。歌詞の内容やリズムはバーチャルアイドルの性格、伝えたいことなどをよく反映していると思われる。具体的な収集方法は、日本のバーチャルアイドルの初音ミクと中国の洛天依をおもとして、三つの歌を聞き返しながら歌詞を記録することである。研究用資料とする三つの歌は以下のとおりである。

①みくみくにしてあげる

②千本桜

③三杯空城

それ以外に、バーチャルアイドルの共通点を探る必要があるため、ほかのバーチャルキャラクタの歌の例も参考する。

第一章 バーチャルアイドルとは?

1.1 バーチャルアイドルの起源と発展

 バーチャルアイドルの流行する原因を研究する前に、まず、その定義を明確にしてみよう。Wikipediaによると、ヤマハの開発した「VOCALOID」という音声合成システムに対応したボーカル音源で、メロディや歌詞を入力し、合成音声のボーカルパートやバックコーラスを作成することができる。その合成した声にリアリティを増すために、女性のキャラクターが設定されている。これはバーチャルアイドルということである。つまり、バーチャルアイドルの本質は音声合成ソフトなのである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接