关于日本相扑魅力的分析 (日本の相撲の魅力についての分析)毕业论文_日语毕业论文

关于日本相扑魅力的分析 (日本の相撲の魅力についての分析)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

一提到相扑,多数人的眼前立刻会闪现出两个衣着甚少、身躯肥胖的巨人扭打在一起的景象。的确,在以瘦为美的今天,相扑那硕大而肥胖的形象或许会给观赏者留下不雅的观感,也不会认同那就是力量的象征。但是在日本,相扑运动依然以其独特的魅力占据着日本国粹的地位,一名成功的相扑大力士,在日本会享受到英雄一样的荣誉。

虽然相扑是一项比力量的竞赛的运动,但是也包含了深刻的相扑精神。也影响了各种各样的日本人的性格。同时,大相扑不仅是要取得胜利,而且也是注重礼节的一项体育运动。一提到日本的国技,我们一下子就会想到相扑,要说为什么的话,那就是因为就像富士山一样,是日本的代名词。相扑在日本人的心目中占着很特殊的地位。而且,在日本从事相扑的力士也很受到日本人的尊敬,从事有关相扑的工作也是一种高尚的工作。这种观念也广泛的受到日本人的认可。如果进一步说的话,成为力士的老婆也是一件很光荣的事。但是,这种集聚着娱乐、光赏、竞技特征的一项体育,如今出现了危机。根据最近的报道,如今在日本最受欢迎的体育不是相扑(在此之前相扑是最有人气的),而是棒球,而其次的是网球,与此相对,相扑成了第三位。同时,对相扑有兴趣的大多数是七十以上的老年人,也就是说,相扑失去了年轻人的欢迎。于是,相扑协会为了挽救这项传统的体育运动,采取了各种各样的措施。在很多方面,进行了一系列的的改革,结果,在相扑界发生了新的变化。

关键词:相扑 历史 精神 文化

要 旨

相撲は力を比べて競う運動であるが、奥深い相撲精神を含んでいる。様々な日本人の性格に影響を与える。相撲は勝利を勝ち取るにもかかわらず、礼を重んでいる体育項目である。そして、それは日本民族の勝利を勝ち取って、強くて忍耐力を追及する心理と性格を代表している。 

日本の国技を言うと、思わずすぐ相撲を思い出すようになる。なぜならば、相撲は富士山のように日本の代表のひとつである。相撲は日本人の心の中に特殊地位を占めている。それは故に、相撲に従事する力士も日本人に非常に尊重されている。また、相撲に関する仕事は高尚な仕事であるという観念も広く日本人に認められる。さらに、力士のお嫁さんになれることは光栄のことだと思われる。しかし、この娯楽,観賞、競技の特徴を集まる古いスポーツは今、危機の立場に立っている。最近の報道によると、いま日本で一番人気のあるスポーツは相撲(この前、相撲は最高の人気が集まった。)ではなく、ポロ野球である。次はテニスである。それに対して、相撲はただ第三位である。また、相撲に興味を持っている人には七十歳以上の年寄が多数を占める。つまり、相撲は若者の人気を失っている。すると、日本相撲協会はこの伝統的なスポーツを救うために、様々な措置を取って、多くの面で一系列の変革を行った。結果,近年、角界で新しい変化が発生していた。

キーワード:相撲、歴史、精神、文化

目 次

はじめに……………………………………………………………………………………………6

第一章 相撲の語源と由来………………………………………………………………………7

第二章 相撲の歴史………………………………………………………………………………7

2.1奈良から安土桃山時代まで……………………………………………………………8

2.2江戸時代からの明治維新へ……………………………………………………………8

第三章 相撲の現状………………………………………………………………………………9

3.1相撲界のヤミ世界化現象………………………………………………………….………9

3.2相撲界の国際化と法令遵守の問題………………………………………………………10
3.3結論 大改革以外に道はない………………………………………………………..…11

第四章 相撲から日本文化を見る………………………………………………………………13

4.1相撲の精神………………………………………………………………….……………14

4.2特有の言語文化………………………………………………………………….………14

第五章 相撲文化の危機…………………………………………………………………………16

参考文献 …………………………………………………………………………………………17

はじめに

日本では、相撲が国技だといわれている。多くの日本人は相撲が大好きで、相撲は日本歴史と日本社会の重要な特徴の一つである。相撲の中において、いろいろな日本人の性格が表現されている。また、それは日本の伝統的な体育項目として、深い意義がある。

本論文は相撲の起源、発展から日本の相撲の精神と性格特徴を分析する。更に、日本相撲の精神と性格特徴から日本人の性格を分析する。本論文を通し、読者は国技である相撲の各方面の知識を紹介する。また、相撲の中で、どんな日本人の性格があるのかも分析する。

第一章 相撲の語源と由来

相撲の語源は「争う」、「負けまいと張り合う」である。動詞「うまふ(争ふ)」が名詞化して「すもう」になったが、「すまふ」の連用形「すまひ」がウ音便化されたと考えられる。

平安時代の辞書『和名抄』に「相撲 須末比」とあるように、古くは「すまひ」と呼ばれていたが、ウ音便化されたという確定的な文献がないため、(須磨不)と(須磨日)のどちらであるかは断定できない。

古代の「すまひ」は蹴りなども行われる力比べて、細かなルールはなかった。『日本書紀』の垂仁記七年に野見宿禰と当麻野蹶速の対決記事があり、これが相撲の始まりとされる。

現代の相撲基本様式は、平安時代に宮中で行われた「節会相撲」が恒例化したもので、室町時代末期娯楽観覧のための職業相撲が発達し、現代の相撲興行の基礎である。

第二章 相撲の歴史

相撲の奥深さを知ることより、本場観戦をより楽しめるので、ここで簡単にその歴史を紹介する。

相撲が人間の本能の力比べや取っ組み合いなどの方面から起源され、古来より世界各地でさまざま形態の似た力比べが行われていた。中国では,仏典や史書の中に「相撲」「力士」などの文字が見られ、力比べが盛んに行われていたことがわかった。初期においてそれらの影響を色濃く受けた相撲が長い歴史を通して洗練され、独自の様式や固有の文化を形成した。そして、「古事記」や「日本書紀」といった歴史書には力比べの神話は書かれてあるが、その年の農作物の収穫を占う祭りの儀式として相撲が行われていたことであるから、相撲は神事との間に密接な関係があることが分かった。

2.1奈良から安土桃山時代まで

奈良時代の時に、村々で行っていた農作物の収穫を占う祭りの様式が宮廷の行事となり、天皇や貴族の前で相撲を披露した。「相撲節会」が行われるようになった。

平安時代になると、宮中の年中行事として相撲が盛大に行われるようになり、約四百年もの間に続けられた。これにより相撲が単なる「力比べ」から、所作や様式美を備えた。と同時に、ルールの原型が整えられ、競技としての魅力などの方面で現在までずっと変化してきた。

鎌倉時代になると、武士の間で心身の鍛錬や訓練として相撲が行われるようになった。一方で陣中や酒宴の余興として将軍や武将の前で席を盛り上げたために、その活動といった「上覧相撲」が行われた。源頼朝などのとこには、たびたび上覧相撲を催していた。武士とは別に民間でも農作を神に祈願し、感謝した神事相撲、奉納相撲も盛んになった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接