日本企业文化对中国企业的启示 (日本の企業文化が中国企業にもたらす啓示毕业论文_日语毕业论文

日本企业文化对中国企业的启示 (日本の企業文化が中国企業にもたらす啓示毕业论文

2021-04-02更新

 

内容提要

二战后短短二三十年的时间内,日本已经跃居成为世界第二大经济大国。在国际化的进程中,日本企业一直都十分重视自己的企业文化。本文研究的目的是通过日本企业现存的各种企业文化,主要以集团主义为中心进行分析研究。以及日本的企业文化给中国企业的发展有些怎样的启示。

关键词:企业文化 集团意识 启示

要旨

 

日本は戦後わずか二、三十年の間に、世界第二位の経済大国になった。国際化が進んでいるに共に、日本の企業が従来から企業の文化を重視している。この文章の研究の目的は日本会社に存在している様々な企業文化、主に、集団意識を中心に分析し、これはどのように企業の発展を影響するか、また、どのような啓示が中国企業にもたらすかということを究明することである。

キーワード:企業文化   集団意識  啓示

目次

はじめに ……………………………………………………………………………1

第一章 企業の集団意識とは………………………………………………………1

1.1 企業文化とは……………………………………………………………………1

1.2 日本の集団意識…………………………………………………………………2

1.3 日本企業集団意識の形成原因…………………………………………………2

1.3.1自然の原因……………………………………………………………………2

1.3.1社会面の原因…………………………………………………………………3

第二章 日中企業の集団意識の比較……………………………………………3

2.1日本企業における集団意識について…………………………………………3

2.2中国企業における集団意識について…………………………………………4

第三章 日本人の集団意識は企業への影響………………………………………5

3.1消極的な影響……………………………………………………………………5

3.2 積極的な影響……………………………………………………………………5

第四章 日本企業文化が中国企業にもたらす啓発………………………………7

おわりに ……………………………………………………………………………9

参考文献 ……………………………………………………………………………9

はじめに

戦後の日本経済と技術の高度発展は日本社会の集団意識に深い関係があると考えられる。国際化が進んでいると共に、日本の企業が従来から企業の文化を重視している。これは我々中国にとってこれからの発展に積極的な面があると理解している。しかし集団意識も消極的な面もある。本稿では日本人の集団意識の両面性について詳しく分析しようと考えている。日本人の集団意識の研究を通じて積極的な面を利用し、消極的な面を除き、社会人としてのあるべきイデオロギーを探求したいと思っている。本文の研究の目的は日本の会社に存在している様々な企業文化、主に、集団意識を中心に分析し、これはどのように企業の発展を影響するか。また、どのような啓示が中国企業にもたらすかということを究明することである。

本文が「日本企業の集団意識」を中心とする理由は、日本企業で仕事をすることを望んでいるから、日系企業に関わる企業文化が非常に重要だと思っている。日系企業の文化の中で集団意識というイデオロギーは非常に重要な部分であると言われている。集団意識を理解して企業文化に溶け込むことに役立つし、自分の人間関係をまともにできるような力になる。

一、企業の集団意識とは

1・1 企業文化とは

企業文化とは、それぞれの企業が独自に持っている体質や社風、組織風土などの個性のことである。企業文化は、外部に対しての企業イメージにつながりやすいので、自社の以外の人が自社の企業文化をどう見て、なぜそう見ているのか、直すべき点は何かについて機会あるごとに検討する必要がある。

企業文化は飾り物ではなく、成功した企業にしては大事な経営理念である。企業文化は、外部に対しての企業イメージにつながりやすいので、自社の以外の人が自社の企業文化をどう見て、なぜそう見ているのか、直すべき点は何かについて機会あることに検討する必要がある。

1・2 日本の集団意識

集団意識はフランスの社会学者デュルケームによって提示された概念である。彼は集団意識を、個人意識に対して外在的で、かつ拘束力を持つ「行動或いは思考の様式」であると定義した。日本人は、個人よりも会社、家よりも国家という集団に頼る意識が強い。そもそもこのような意識はどこから生まれたのかについて以下のように述べている。

日本人といえば、我々にとって、一番印象的なものは彼らの集団的な活動である。「日本人のもっとも明らかな特徴は集団意識だ」といわれている。では、集団意識とは、いったいなんであるか。普通の集団意識は「一人はみんなのために、みんなは一人のために」というスローガンで、個人主義的な成員に、心理的に集団と一体化しようと呼びかける理念である。しかし、日本的集団意識が、その理念に属するが、まったく同じものであると思えない。なぜなら、日本的集団意識はほかの国の集団意識とは違って、日本人の民族性として説明されるのであるから。たとえば、山岸俊男によれば、「日本人は民族性として、集団から離れては生きていくことはできない」という本能的な理解や感覚を世界のそのほかの国と比べ、もっと強く持っているという。昔から日本人が群体を尊敬し、そして群体の利益を重視している。それに、団体で行動することを好み、自分がある集団に属しているという意識、つまり集団意識が強い。集団意識が日本人のもっとも独特な国民性と言える。「出る杭は打たれる」と言う諺は日本人の生き方を端的に表しているし、集団に異を唱えたり、背を向けた者には「村八分」と言う処罰があった。

1・3 日本企業集団意識の形成原因

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接