中日禁忌语的对比--以数字为例 中日忌み言葉につぃての比較——数字を例に毕业论文_日语毕业论文

中日禁忌语的对比–以数字为例 中日忌み言葉につぃての比較——数字を例に毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中日两国有着悠久的历史渊源,在文化上有很多共同的地方,但由于两国地理和历史的不同,在文化上也有着较大的差异。禁忌语,作为一种与人们日常生活和交流紧密相关的因素,在中日两国交际中,其作用不容忽视,全面的了解和使用禁忌语必然可以促使两国交流,对禁忌语知识的缺乏,很容易造成两国人们的误会,阻碍两国人们的友好交流。

我们日语学习者在日语的学习过程中,和日本人交流时,因为词语有多种多样的意思会使人产生认识上的差异。了解数字文化内涵是正确运用中日数字习语的重要基础。文章从中日数字禁忌差异入手,探究其所体现出的不同文化意蕴和民族文化心理,并挖掘文化差异根源。相信会对日语学习者有所帮助。

关键词:禁忌语 数字 差异 文化

要 旨

中日両国は長い歴史を持って、文化方面における同じところがたくさんある。だが、両国は地理と歴史が違うので、文化に大きな違いがある。忌み言葉は人々の日常生活や交流と緊密にかかわっている一つの要因として、中日両国の交流の中で、その割合をおろそかにしないほうがいい。忌み言葉を全面的に分かって、活用することは必ず両国の交流に役立つのだ。忌み言葉についての知識が足りなければ、両国の人々の誤解をもたらしやすい、両国人民の友好的な交流の妨げになる。

日本語学習者は学習途上で、日本人と交流するとき、言葉の意味解釈がいろいろあるので、認識の違いが生まれる。数字文化の内包を理解することは中日の数字慣用語を正しく活用する重要な基礎だ。本稿は中日の数字に関する禁忌の相違を手にいり、その中の反映された文化の意味と民族文化の心理を探求して、そして、文化相違の根本を掘り起こす。日語学習者に非常に役に立つと信じている。

キーワード:忌み言葉  数字  相違  文化

目 次

はじめに 1

第一章 3

1.1 忌み言葉の定義 3

1.2 忌み言葉の種類 3

1.2.1数字に関する忌み言葉 3

1.2.2死に関する忌み言葉 3

1.2.3結婚に関する意味言葉 3

第二章 4

2.1中国語における「数字」に関する忌み言葉 4

2.1.1中国人的偶数観 4

2.1.2発音についての数字の禁忌 5

2.1.3ほかの禁忌数字「七」と「九」 6

2.2日本語における「数字」に関する忌み言葉 7

2.2.1日本的奇数観 8

2.2.2発音についての数字の禁忌 9

第三章 10

3.1中日数字禁忌から数字文化の相違点を分析 10

3.1.1数字観からの相異 10

3.1.2 文化価値観からの相異 10

終わりに 11

参考文献 12

謝辞 13

はじめに

言葉は文化の重要な構成部分だ。言葉の活用を通して文化の内包の浸透があらわれている。文化の伝達と現れは言葉で達成するので、言葉は文化と深くかかわっている。数字が特別な言葉の記号で、数字についての語彙がその独特な文化内包と機能をもって、人間の文化交流と発展に重要な役割を果たしている。数字についての語彙が広く使用されていて、一部の数字は人に好まれるのは、好運をもってくるからだ。しかし、人に嫌われられる数字もあるのは、悪運の象徴になるからだ。ある数字は自体の意味を持つ以外に、社会の文化の意味も持っている。中日文化の中で、人間は数字にはそれぞれ好みがあって、側面の一つから中日のそれぞれの数字観が反映される。

日本語学習者は日常生活で日本人と交流するとき、言葉の意味にはあまり理解できなく、認識不足でいろいろなすれ違いが生まれる。忌み言葉によって異なった文化の特徴が表現される。忌み言葉をよく理解することは異文化コミュニケーションにおいて欠かせない役割をしている。筆者は日本と中国における忌み言葉は中日文化と関係しており、数字に基づいて現れたものだと考える。

数字は人々の生活の中でたいへん役立っている。数字を通じてある国の日常生活、文化と歴史が見られる。中日の数字に関する禁忌を比較して、両国の文化の相違点が分かるようになる。数字文化が珍しくない些細な事のように見えるが、いつも人の行為を規範している。本稿で数字に関する中日禁忌の相違を検討し、その相違の文化のルーツを理解し、対外交流をしている時にお互いに尊敬し合うのに役立って、誤解と摩擦を減少させ、そうすれば、コミュニケーションするとき、いろいろな禁忌を避けて、効率な日本語のコミュニケーションがきっとできる。また、外国人に礼儀正しい印象も残される。こうすると、日本語学習者に非常に役立つと信じている。

今回の比較研究は外国語を勉強する学生に一つの基礎知識となる。また中・日両国の異文化理解とコミュニケーションにも意義があると思われる。

本研究を始める前に、まず多くの資料を調べて読んでおく。学校の図書館で忌み言葉に関係する資料を調べて、数字に関する重要な雑誌を参考し、中日の各学者の観点と見地を分析し、そして、先生の意見を聞いて、その全部をまとめてから、自分の文章となっている。

 

第一章 

1.1 忌み言葉の定義

(広辞苑·逆引き広辞苑)では次のように解釈している。忌み言葉というのは、不吉な意味や連想をもつところから、忌みはばかって使用を避ける語だ。例えば、斎宮での「仏」「経」「僧」などや婚礼の際の「去る」「切る」「帰る」などの類。忌詞の代わりに用いる語:斎宮では「仏」を「中子(なかご)」、「経」を「染紙」、「僧」を「神長(かみなが)」といい、一般にも「病気」を「歓楽」、「四(し)」を「よ」とか「よん」と読み、ある場合「し」と読まない。「梨(なし)」を「有りの実」と読む【1】

1.2 忌み言葉の種類

1.2.1数字に関する忌み言葉

中国語ではある数字は悪口と関係があるがゆえに、「三八」、「二百五」「十三点」のような数字は言わないようにする。

日本では「四」と「九」の数字が禁忌される。「四」は「死」、「九」は「苦」と発音が同じからである。そのほかに、日本人が贈り物をするとき「1」、「3」、「5」のような単数を贈るべきである。日本人は複数が嫌いで、とくに「4」を憚る。

1.2.2死に関する忌み言葉

人間は死に対する恐怖感から「死」という言葉に対して禁忌心理が生まれる。したがって、「死」は不吉な言葉であって、「死ぬ」という言葉を口にしないで他の表現に替えて表している。

中国語の「咽气」、「翘辫子」、「合眼」、「去见马克思」、「升天」などの忌み言葉がある。

日本語の「散華」、「鬼籍に入る」、「亡くなる」、「息が絶える」などの忌み言葉がある。日本人の葬儀では社会的に認められる言葉もある。たとえば、「返す返す」、「くれぐれ」、「重々」などのような「繰り返す」の意味に似合う言葉が全部禁忌だとされている【1】

1.2.3結婚に関する意味言葉

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接