日语中亲族语的各种表达及其日中比较 日本語における親族呼称語の表現と日中比較毕业论文_日语毕业论文

日语中亲族语的各种表达及其日中比较 日本語における親族呼称語の表現と日中比較毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本和中国同属亚洲国家, 而且有着源远流长的语言文化交流历史, 所以亲属称谓系统比较接近。日本古代受汉文化的影响, 在亲属称谓方面多有仿效。但自明治维新以后, 日本开始吸取西方文化, 强调向西方学习, 又形成同西方亲属称谓系统相同或相似的一面。本文参照前人的研究,运用社会语言学原理及对照语言学的方法对中日亲族语进行比较研究。具体内容包括:

  1. 日语亲族语在语境中的各种表现形式;
  2. 中日亲族语的差异;
  3. 对比研究分析产生差异的原因;
  4. 进行适当总结和评述。

关键词:亲族语 不同表现 中日比较 原因

目 次

はじめに……………………………………………………………………………1

日本の親族呼称語および違う表現…………………………… 2

1.1 日本の親族呼称語について…………………………………………… 2

1.1.1 親族の範囲 ………………………………………………… 2

1.1.2 親族呼称語の分類図………………………………………… 3

1.2 日本の親族呼称語の違う表現………………………………………… 4

第二章 中日親族称呼語の異同…………………………………………… 5

  2.1 語義の異同……………………………………………………………… 5

2.2 分類法の異同…………………………………………………………… 6

2.3 敬語の使い方の異同…………………………………………………… 7

    1. 接頭語と接尾語の異同………………………………………………… 8

第三章 中日異同の原因…………………………………………………… 8

3.1 家族継承制度の区別…………………………………………………… 8

3.2 宗族等級観念の区別…………………………………………………… 9

第四章 中日親族呼称語についての適当なまとめ………………… 10

終わりに………………………………………………………………………… 11

謝辞…………………………………………………………………………………12

参考文献………………………………………………………………………… 13

はじめに

親族関係は人間のもっとも親密な社会関係である。社会結構において、重要な作用を発揮している。親族称呼語は人々の間に婚姻あるいは血縁関係を反映している。それは自身を中心にして親族の構成員と自身の関係の名称を確定する1種の普遍的な言語現象である。そして、人々の婚姻や血縁などの関係においては、ワンセット特別な言語記号である。日本の学者の石川栄吉がいったとおりで、「親族呼称語は人々の間の家族における位置関係を表すだけでなく、人類における集団分類の属性も表している。」親族呼称語の研究は一貫して民族学家、人類学家や言語語家に重視される。そのほか、親族呼称語は基本的な語彙として、民族言語に厳密で比較的安定しているシステムを形成して、民族の社会生活、文化の伝統や民族心理などの特徴を反映している。民族と民族の間に似通った文化の現象があるかもしれないが、似通ったところはまったく同じだというわけにはいかない。差異の存在はこのような親族呼称語を見分けるキーポイントである。中日両国は一衣帯水で、長い友好交流史がある。日本の親族呼称語を研究し、また、中日両国国民の親族呼称の研究を通じて、両国国民の間での価値観とものの考え方を互いに理解することを深めることができるだけでなく、異文化間のコミュニケーションに役立つのであろう。

日本の親族呼称語および違う表現

1.1日本の親族呼称語について

1.1.1親族の範囲

日本の民法は、6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族を「親族」として定める(民法第725条)。日本の民法上の親族の具体的範囲は次の通り(本人を基準とし数字は親等を表す)。[1]

6親等内の血族:

    1. 父母、子
    2. 祖父母、孫、兄弟姉妹
    3. 曽祖父母、曽孫、伯叔父母、甥姪
    4. 高祖父母、玄孫、兄弟姉妹の孫(姪孫、大甥・大姪)、従兄弟姉妹(いとこ)、祖父母の兄弟姉妹(大おじ・大おば)
    5. 五世の祖、来孫(五世の孫)、兄弟姉妹の曽孫、従兄弟姉妹の子(父母の大甥・大姪)、父母の従兄弟姉妹(祖父母の甥姪)、曽祖父母の兄弟姉妹
    6. 六世の祖、昆孫(六世の孫)、兄弟姉妹の玄孫、再従兄弟姉妹(はとこ)、従兄弟姉妹の孫(伯叔父母の曾孫)、祖父母の従兄弟姉妹(曽祖父母の甥姪)、高祖父母の兄弟姉妹

日本の民法が血族を6親等内としているのは江戸時代の慣行に由来する

3親等内の姻族

  1. 配偶者の父母(舅・姑)、父母の再婚相手(継父母)、子の配偶者(嫁・婿)、配偶者の子(配偶者の前婚における子など)
  2. 配偶者の祖父母、祖父母の再婚相手(父母の継父母)、継父母の父母、配偶者の兄弟姉妹(小舅・小姑)、兄弟姉妹の配偶者、継父母の子、孫の配偶

者、配偶者の孫(配偶者の前婚における孫など)、子の配偶者の子(子の配偶者の前婚における子など)

  1. 配偶者の曽祖父母、曾祖父母の再婚相手(祖父母の継父母)、祖父母の再婚相手の父母、継父母の祖父母、配偶者の伯叔父母、伯叔父母の配偶者、継父母の兄弟姉妹、祖父母の再婚相手の子、配偶者の甥姪、甥姪の配偶者、兄弟姉妹の配偶者の子(前婚における子など)、継父母の孫、曽孫の配偶者、配偶者の曽孫(配偶者の前婚における曽孫など)、子の配偶者の孫(前婚における孫など)、孫の配偶者の子(前婚における子など)

1.1.2 親族呼称語の分類図[2]

1.2日本の親族呼称語の違う表現

1.自分を呼ぶとき

目上の者は目下の者に会うとき、自分の家庭身分語を使用するのはよろしい。逆に、目下の者は目上の者に会うとき、家庭身分語を使用するのはよろしくない、人称代名詞を使用する。女の子は、自分の名前を名前で呼ぶことがある。例えば、次の祖母と孫娘の会話は非常によい例である:

祖母:春子、おばあさんの肩をたたいておくれ。

孫娘:春子は、今、忙しいんだから、いまに、お母さんが帰ってくるわよ。

(孫娘:わたしは、今、忙しいんだから、……)

以上の会話によって、次の結論を得ることができる:

「両親」、「祖父」、「祖母」、「兄姉」、「おじ」、「おば」などの年長者の意味を持った語句は普通の場合に自分を呼ぶことはすべてよろしい、すなわち、自称詞として使用する。逆に、「子」、「孫」、「妹」、「弟」、「息子」、「娘」などの後輩の意味を持った語句は普通の場合に自分を呼ぶことはできない、つまり、自称詞として使用することができない。

2.相手を呼ぶとき

相手は目上の者だったら、家庭身分語を使用しなければならない。逆に、相手は目下の者だったら、家庭身分語を使用しなくて、人称代名詞あるいは相手の名前しかを使うことができない。

次の例を見て:

母親:次郎、はさみをもってきてちょうだい。

子供:お母さん、これでいい?

以上の例を通じて、明らかに目下に対する「孫」、「弟」、「妹」、「息子」、「娘」などの呼称語はすべて相手を呼ぶことができない。

3. 非参加者を呼ぶとき

非参加者というのは、言語コミュニケーションの中に言及するほかの家庭メンバーである。このとき、目上の者は身分語を使う同時に、目下の者はじかに名前を使う:

母親:春子はどこへいったのかしら、お父さんもいないし。

子供:そうしたら、どうしようなか。

日本人は同一の家庭メンバーを呼ぶ時、使った家庭身分言葉は別に永久に変わらないことで、家庭の体系の変化に従って変わっている。その上、このような変化も自身の変化の規則を持って、このような規則は多くの人に“子に従う現象”と称されます。日本で、家庭メンバーの地位は世代交代に従って上昇のことがある。その故、彼(彼女)の対応した家庭の呼称も変化が発生して、家庭の身分語はすぐ自然に変化する。たとえば、若い夫婦は新婚のあと、第二人称の代名詞を使って相手に呼ぶことができるが、もし子供があれば、それでは子供の父は「お父さん」の地位を占めて、子供の母は「お母さん」の地位を占めている。同様な道理、もしこの夫婦は今後孫があれば、彼らの地位はまた次に上昇して、それぞれ「おじいさん」と「おばあさん」の地位を占めている。日本でこのように新しい体系の中の家庭呼称語を確定して、さらに一歩進んですべきに使った家庭の身分語を確定してくる。例えば、女性は結婚のあと、「あなた」を使って自分の夫に呼んでいる;子供があった後に、家庭身分語「お父さん」を使って相手に呼んでいる;今後、もし孫があれば、またすぐ「おじいさん」という家庭身分言葉に変更して使用する。

中日親族称呼語の異同

2.1 語義の異同

中国と日本のあいだの4世代の親族呼称語対照図に探した同じ呼称語がたくさんある。例えば、曾祖父、曾祖母、祖父、祖母、父、母、兄、弟、妹、叔父、おじさん、兄弟、弟と妹、甥、夫、おじ、姑、主人、おばさん、叔父の妻などの形を分けだすことができる。この中に、形も意味も同じ言葉がたくさんあるが、部分の語彙は字面だけを見て当て推量の解釈をすることができない。異なる文化と歴史背景のよく影響しているうちに、日本語とするこれらの語彙

は、指し示す範囲がもう中国語と異なるようになった、例えば、兄弟、弟妹などの場合。

例1:兄弟:中国語の「兄弟」はただ兄と弟だけを指し示す。さらに「兄弟」は同輩のあいだに使用することができる。具体的にわけて、「兄弟」は自分より若いひとの場合に使用することができるだけでなく、みんながチャットする時に謙譲語として使用することができる。しかし、この時、世代を分ける意味がない。中国語に対して、日本語の「兄弟」は兄と弟を指すことにとどまらない、またお姉さんと妹を指している。

例2:弟妹:中国語の「弟妹」は多くの場合に「弟の配偶者」あるいは「弟の妻」を指している。日本語の「弟妹」は一般的に「弟と妹」を指して、近代的な日本語の中で使用の頻度はわりに低い。

例3:甥:この語彙は中国語と日本語はすべて自分のお姉さんあるいは妹のむすこを指している。その言語の共通点をはぶいて、違うところは日本語において妻の兄と弟を指すことがあって、中国語の「内弟」という意味にふさわしい。

2.2 分類法の異同

中国の親族呼称語は複雑で、日本の親族呼称語は比較的に簡単だ。中国の親族呼称語の中で血族と姻族を区別するのは必要だ。たとえば、「伯父」、「叔父」、「姨母」に対する「伯母」、「婶母」、「姨父」。さらに、宗族と非宗族を区別しなければならない:「爷爷」、「侄儿」、「孙子」と「外公」、「外甥」、「外孙」などの分類がある。そのほか、父系と母系も分けている:「叔叔」、「姑妈」、「堂兄」に対する「舅舅」、「姨妈」、「表兄」。最後、長幼の順序を明確にしなければならない:「哥哥」、「姐姐」と「弟弟」、「妹妹」。しかし、日本の親族呼称語は踏襲することが分類法である。すなわち、父系と母系、直系と傍系、親族の長幼の順序などを明示しないで、尊属と卑属だけを明示する。それなると、日本の親族呼称語はいくつの語彙に覆われることができる。例えば、おじいさん(「爷爷」、「外公」)、おばあさん(「奶奶」、「外婆」)、いとこ(「堂兄」、「堂弟」、「堂姐」、「堂妹」、「表

兄」、「表弟」、「表姐」、「表妹」)、おじさん(「伯父」、「叔父」、「姨父」、「舅舅」、「姑父」)。そのゆえ、もし具体的な説明あるいは明確な言語環境がなければ、これらの呼称語を耳にしても、具体的にだれあるいはどのような親族関係を指し示すか断定することができない。

例:おじいさんとおじいさんの父の代の親族関係を表す方面に、中国と日本両国の親族呼称語はすべて似ている単語の構成法を利用している。すなわち、父あるいは母の意味を表す呼称語のまえに長幼の順序を加える。例えば、中国語と日本語はすべて「(曾) (祖) 父あるいは母」のような形式を使用している。主要な相違点は父系と母系の方面の関係を区別するがどうかのである。中国語において、父のお父さんとお母さんはそれぞれ「祖父」、「祖母」あるいは「爷爷」、「奶奶」と称して、母のお父さんとお母さんはそれぞれ「外祖父」、「外祖母」あるいは「外公」、「外婆」を称している。しかし、日本語において、父あるいは母のお父さんとお母さんは統一的に「おじいさん(ちやん)」と「おばあさん(ちやん)」を使っている。この時、父系と母系の区別がない。

2.3敬語の使い方の異同

中国人は家族と親戚に対して、、敬と謙虚という差別がなくて、日本人の間にそんな差別がある。例えば、父に対する呼称について説明する。直接にあるいは親戚の前に父を呼ぶとき、敬語で「お父様(さん、ちゃん)」と呼ぶ;親戚以外の人に対して謙遜語で「ちち」、「親父」と言う。それに、相手の父を「お父様(さん)」と呼称する。それからは母の呼称を例にして話す。直接にあるいは親戚の前に母を呼ぶ時、敬語で「お母様(さん、ちゃん)」と呼ぶ。そして、親戚以外の人に対して、自分の母を謙遜語で「はは」、「母親」、「おふくろ」と呼称する。その中で、「はは」はよく使う言葉で、謙遜な性質を持っている。そして、「母親」はそれより丁寧である。人と話するとき、相手の母を敬語で「お母さん」、「おふくろさん」と呼称する。「お母さん」、「おふくろさん」は一番よく使う言葉で、主に親密な関係がある人に対する使う。

2.4接頭語と接尾語の異同

中国語と日本語は家族の呼称を実際に使用中、特定な感情を表現するために、呼称に接頭語と接尾語を加える。漢語には接頭語と接尾語は数多くあって、呼称言葉を基礎にして接尾語「儿」あるいは接頭語「老」、「阿」、「我」、「咱」、「小」などを加える。例えば、老爸、阿妈、咱妹、我祖父,小弟,小妹などである。それに対して、日本語では接尾語「ちゃん」を使う。

例4:従兄弟の一郎ちゃんが交通事故で入院したんだって。

例5:すぐ母ちゃんに話すなんて姉さんったら、ほんとに唇が薄いね。

例6:老爸,我放学回家了。

例7:每当立冬节气过后,阿婆就开始数日子。

例8:他是我的小弟。

例9:老头儿汪曾祺——我们眼中的父亲。

中日異同の原因

3.1 家族継承制度の区別

中国の家族構造は横に拡大し、傍系血族を含んでいる大家族である。それに対して、日本の場合は縦に発展し、相続人を中心とする直系血族の家族構造である。歴史の視点に立って見ると、中国の伝統社会は諸子均分継承制度を採用した。諸子にとって、父系血縁は財産相続権を獲得する必要しかも唯一な条件である。故にこの合法性を持つ諸子は家族の中で一視同仁の待遇を得ることが当たり前のことである。諸女は父系血縁を持つことにもかかわらず、いずれ嫁

になったりするから、多くの場合、彼女たちの相続権は剥奪されることになっている。家族の中での地位はいかにも熟語“嫁になったり人はまるでぶっかけていくの水”のようなものである。しかし、日本の家族継承制度は長男単独継承制を中心とするものである。長男の地位は他の諸子のを遥かに超えている。傍系血族は極めて軽視されている。これらはいずれ分家する前に家族の中で長男の地位及び分家した後長男の本家と次男の分家の極めて大きな差別に表現している。共に父系血縁に属しているにもかかわらず、家族の中及び家族財産相続上の待遇に雲泥の差があるので、直系長男の独尊、日本伝統家族は血縁関係についての分割は中国血縁関係のような細かいものではない、その上、傍系の血縁関係に対しては大雑把に遠近の区別で分割する、例えば“六等親”、このような細かい分割は日本伝統社会においては動力が無し、あげく日本親族用語体系の曖昧と欠乏を生じた。

3.2 宗族等級観念の区別

中国人の家庭観念と親族意識はかなり強い、漢文の中で複雑な親族言葉は漢民族が大家族を崇める民族であることを説明している。漢民族はずっと四世同堂を誇りにしている。伝統的な中国文化の中で、家族成員の増加は家の繁栄を示し、それに反して、家族成員の減少は家の衰弱を示している。それと同時に、中国は数千年の長い封建宗族等級社会を経験して、漢文の親族用語体系は尊卑有序の掟を厳守し、親孝行を強調する。親族用語体系において、一つ一つの親族用語は親族関係の尊卑や身分と地位を代表している。中国人のこのような伝統的な宗族関係や親族関係と家庭観は共に一種の社会関係網を構成して、社会生活と社会交際において重要な働きと影響がある。それは宗族親族は行動及び決定を下す前に他の親族の利益とメンツを配虑するわけにはいかない。互いに守り互いに依頼する心理が存在している。日本語文化の中で、日本人は集団協力精神を尊重し、個人が集団に従うのを主張し、個人が集団に頼れば生存できると思われるから、団体あるいは集団意識が非常に強い。日本人の集団は家庭あるいは家族を中心にするわけにはいかないで、逆に自分が暮らした地域社会、「村」、会社、単位を中心にする。したがって、日本人の意識中、家族や親族意識が比較的に薄いが、伝統の三世代が同居する家族がますます減てきて、核

家族がだんだん増えてきた。日本人の血縁意識が薄い、そしてあまり傍系親族を重視しないために、日本語の中で親族呼称の単語が少ないだけでなく、親族関係も明確に表示できない。

 

中日親族呼称語についての適当なまとめ

親族呼称語は中国においても、日本においても日常生活で常に使用されている。間違いを避けるために、次の親族呼称対訳一覧表をまとめる。参考的な作用があると思う。

中日対訳コーパスから検査した夫婦の呼称語および訳語

原文

訳文

あなた

孩子爹;亲爱的;喂;

つま

妻子;太太;我妻子;亲爱的;她

父さん

你爹;

主人

我丈夫;我家这位;我家主人;

うちのひと

当家的;

中日対訳コーパスから検査した両親の呼称語および訳語[3]

原文

訳文

お父さん

爸爸;父亲;我爸爸;我父亲;

お母さん

妈妈;母亲;我妈妈;我母亲

パパ

爸爸;

ママ

妈妈;

爸爸;父亲;

母亲;

亲娘老子;爹妈;父亲;母亲;

おやじ

老爷子;老头子;爸爸;

おふくろ

我的妈;我母亲;母亲;老太太;

阿母

妈妈;我妈妈;

親父

老头子;

中日対訳コーパスから検査したの呼称語および訳語

原文

訳文

お兄さん

哥哥;我哥哥;

お姉さん

姐姐;我姐姐;

兄弟

兄弟姐妹;兄弟;兄弟俩;

兄妹

兄妹;

弟弟;我弟弟;

妹妹;我妹妹;

兄貴

阿哥;大哥;

終わりに

親族関係は人間関係において最初に形成するものであり、もっとも基本的な関係である。社会関係は親族関係の拡大と言えよう。親族呼称語は親族内だけでなく、非親族においても使う。それを通して、人間のコミュニケーションを円滑にさせる。この文は日中両国の人々の異文化理解を促進するために、日中における親族呼称語の比較研究を行った。

本論文を通じて分かることは日本の親族称呼語が違う場合における表現である。そのほか、日中の家族継承制度、宗族等級観念などのことは異同があるので、中国と日本の親族呼称語は自然に相違点を持っている。相違点のもたら

す誤解を避けるために、私たちは日中の文化、社会などの知識を十分に了解しなければならないと思う。

謝辞

 本論文をまとめるにあたりまして、趙素萍先生にいろいろご指導とご支持をいただき、また、日本語学部のほかの先生方よりもいろいろご助言いただきくことに心より感謝いたします。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接