跨文化交际中日本的送礼文化(異文化コミュニケーションにおける日本の贈答文化)毕业论文_日语毕业论文

跨文化交际中日本的送礼文化(異文化コミュニケーションにおける日本の贈答文化)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

送礼行为是人类社会中经常可以看到的文化现象。送礼行为一般被大家认为是人们关系中最重要的交流方式。一般认为送礼行为对向对方传递自己的心情,协调人类的关系有很大的作用。在日本结婚贺礼和生日贺礼是不言而喻的,就连很小的探访都要带简单的礼物,这已经成为日本式表示尊敬和善意的习惯。日本人经常被说成喜欢送礼的国民。因此,作者基于关于送礼的先行研究的成果,从日本送礼文化的起源、送礼的形式到送礼的禁忌、日本人的民族心理,考察了送礼文化。研究送礼行为可以说对了解日本社会文化,中日两国间相互了解有很大帮助。

  

关键词: 送礼 交际  送礼文化 日本文化

         

目次

はじめに 6

第一章 日本の贈答文化の概説 7

第二章 日本における贈答について 8

2.1贈答の時期 8

2.2贈り物の選択と包装 8

2.3お返しの選択 9

2.4贈答用語 9

第三章 贈答のタブー 11

3.1贈答品のタブー 11

3.2数字タブー 11

第四章 日本の贈答文化における民族心理 13

4.1義理人情 13

4.2日本人の集団意識 13

終わりに 15

はじめに

贈答行為は人間社会の中でよく見かける文化的な現象である。人間関係の中で最も重要なコミュニケーションの方式と考えられる。相手に自分の気持ちを伝えたり、人間関係を調和したりすることに大きな役割を果たすと思われる。贈答を通して感謝、喜び、好意、お詫びなどの気持ちを表し、人間関係の和を保つ。日本では結婚祝いや誕生日祝いはもちろん、ちょっとした訪問にも手土産を持参し、敬意や好意を表すのが日本的習慣になっている。贈答は日本人の生活にはかなり重要な役割を果たしている。

 人類学学者アルセル・モースの『贈与論』が指摘したように、贈答と呼ばれる互酬的な慣行は経済や法律、呪術、宗教、道徳、情緒などの様々な要素を包み込んだ「社会事実」である。『贈答の日本文化』という本の著者は「贈答とは単なるモノのやりとりではない。特定の機会に贈りものをやりとりする儀礼的行為である。毎年、中元や歳暮の季節が訪れると、贈答品が全国各地を頻繁に往き来する。子どもの誕生、結婚、葬式などの改まったハレの日、あるいは病気、地震や洪水などの自然災害、旅行、転居、新築などの折にも、見舞いやお祝いといってはモノが贈られ、お返しがされる。この国の人びとは、毎年こうした贈りもののやりとりを繰り返している」と述べている。

 社会の各方面を通して研究するのは、贈答の行為の背景や源が理解できる。異文化コミュニケーションにおける日本の贈答文化を論文課題にしたのは、日本の友達との贈答のやりとりをきっかけに、贈答文化に対して大きな興味を持っていた。贈答行為を研究するのは、日本の社会文化を知り、日中間の相互理解にたいへん役立つと言える。日本の贈答文化の起源、贈答の形から、贈答のタブー、日本人の民族心理に至るまで、贈答に関する先行研究の成果を踏まえ、贈答文化を考察する。

  1.  日本の贈答文化の概説

 「贈答」という言葉は『大辞林』によれば、「品物、詩歌などを贈ったり、お返しをしたりすること」とある。柳田国男は『民間伝承論』のなかで日本人の祖先崇拝の源は日本の稲作文化に根付いたと指摘した。日本人は正月に祖先(あるいは田神様、年神様を供養する)を供養することを重要な内容にする。『民間伝承論』の中で大昔の日本人は、祖先の霊が水稻の豊作、子孫の幸福を守れると考えられた。それで、年の暮れになって年神様や祖先の霊に、米や魚などを供える供物を家族で持ち寄ったことに始まる。それは日本の正月に「祖先を供養する」という習わしの始まりであると思っている。それも日本の独特な贈答の元來の起源である。

 今日本人の日常生活の中にしっかり根付いた「お中元」「お歳暮」は、日本の稲作文化に繋がっていると思う。「お中元」と「歳暮」は、本来の祖先加護に感謝する意味より、今日の両親や親族やお世話になった人に感謝の気持ちを伝える次第であると思う。

贈答の元來は宗教に関わっていた。贈答の元來は神様の崇敬から始まっていた。神様と人間のバランスを取るからである。

第二章 日本における贈答について

2.1 贈答の時期

日本の定期的贈答する時期といえば、お中元とお歳暮は、極めて日本的なものとして定着されているものである。お中元とお歳暮は日本人全体がお互いに贈り合うと言われるほど、贈答のシーズンである。今結婚や葬式、出産や入学、クリスマス、「母の日」や「父の日」、はては「バレンタインデー」と「ホワイトデー」にいたるまで、この世は意外と贈り、贈られの関係に満ちている。贈答の形も豊かである。『日常商務礼儀文化』はこのように述べている。「贈り物としてお中元はおかげさまで一年の半分を無事にすごしましたと感謝の気持ちを込めて夏向きの清涼飲料や菓子や果物、或いはビール券やタオルセットを贈りますが、お歳暮は調味料セットやお正月料理の材料が多いようです。」場合によって、贈答を通して敬意や好意という気持ちを表す。これはコミュニケーションの架け橋であると言える。

2.2 贈り物の選択と包装

『贈答の日本文化』という本の冒頭で、著者は「贈答とは単なるモノのやりとりではない。特定の機会に贈りものをやりとりする儀礼的行為である。毎年、中元や歳暮の季節が訪れると、贈答品が全国各地を頻繁に往き来する。子どもの誕生、結婚、葬式などの改まったハレの日、あるいは病気、地震や洪水などの自然災害、旅行、転居、新築などの折にも、見舞いやお祝いといってはモノが贈られ、お返しがされる。この国の人びとは、毎年こうした贈りもののやりとりを繰り返している」と述べている。

 贈答は日本人にとって重要なコミュニケーション方式である。場合によって、贈り物を選択することが必要である。贈り物をする時は「いつ」、「だれ」、「何の目的で贈るか」を考え、相手の好み、年齢、家族構成、生活様式などに合ったものを選ぶことが大切である。中元、歳暮は重要な時期である。暑中見舞いを兼ねて、七月十五日までに贈るのがお中元である。一年の感謝を込めて日ごろお世話になっている人たちへ年末に贈るのがお歳暮である。日本では、一般的に歳暮、中元の時は食べ物、日常用品など、お菓子など、七五三の時は人形など、クリスマスの時はカード、ケーキなど、親友を訪れるときはお菓子、現地の名産などを贈るのは慣例になっている。以上からみると、贈り物を選ぶことが大事なことである。

 贈り物の選択はもちろん、包装も疎かにしてはならない。日本人は細かい点まで非常に重視している。昔から丁寧な包装が相手への敬意に繋がるという考えがある。日本では、品物を入れる紙箱だけでなく、現金をいれる封筒、複雑な結び方など、包み紙の種類や色がいろいろがある。包みの結びは日本的な贈答文化の表れである。伝統的包みの結び方には、花結び、結びきり、鮑結びの三種類の基本結びがあり、現金の場合に半紙で中包みをして奉書紙で上包みをし、水引をかけてのしをつけ、ふくさに包んだ上で持参するのが正式である。品物の場合は、半紙で包み水引とのしをして風呂敷で包んで持参するのが礼儀である。

2.3 お返しの選択

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接