叛逆与皈依——井上靖《敦煌》论 反逆と帰依――井上靖『敦煌』論毕业论文_日语毕业论文

叛逆与皈依——井上靖《敦煌》论 反逆と帰依――井上靖『敦煌』論毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

《敦煌》是井上靖的代表作之一。最初发表在日本《群象》杂志。从一九六零一月号至五月号分五次连载。现行的版本是新潮文库重版的。敦煌是一部历史小说,取材于北宋和西夏之间的多年交战这个大的背景。在广阔的历史背景下,书中的主要人物的选择总是耐人寻味。

关于敦煌的先行研究有很多,但其中多数都集中在历史小说和敦煌文化这两个点上。本文主要叙述了赵行得在文化上的叛逆与皈依。朱王礼在政治上的叛逆与皈依和尉迟光在人性上的叛逆与皈依,并结合环境和人物个体及其叛逆与皈依的契机这三个方面阐述其选折的理由。

最后陈述结论,在历史的背景,人可以选择自己的叛逆与皈依。

关键词:《敦煌》 井上靖 叛逆 选择 皈依

要旨

『敦煌 』(とんこう)は井上靖の傑作の一つである。最初に日本で《群の象》雑誌を発表する.。1960年1月の号から5月の号まで5回の連載に分ける。現行版は新潮文庫で重版。敦煌は歴史小説である。北宋と西夏の数年交戦の広い歴史的背景で、 本の中で主人公の選択は、常に興味深いものである。

井上靖『敦煌』について国内の研究は多い。主に歴史と敦煌文化を中心に研究する。この論文は主に趙行德文化上の叛逆と皈依、朱王礼政治上の叛逆と皈依、尉迟光人性上の叛逆と皈依を詳しく述べる。環境、人々、叛逆与皈依的契机の三つの側面から、叛逆と皈依の理由を考える。

終わりに. 歴史的背景に,人々は自分自身の叛逆与皈依を選ぶことができる。

キーワード:『敦煌 』 井上靖 叛逆 選択 皈依

目次

はじめに……………………………………………………………5

井上靖の歴史小説について………………………………………5

井上靖の創作履歴……………………………………………6

『敦煌』の創作………………………………………………7

『敦煌』のあらすじ…………………………………………8

主人公の叛逆与皈依………………………………………………9

趙行徳の叛逆と皈依…………………………………………9

朱王礼の叛逆と皈依…………………………………………10

尉迟光の叛逆と皈依…………………………………………11

叛逆与皈依への探求………………………………………………12

  趙行徳叛逆と皈依の原因……………………………………13

  朱王礼叛逆と皈依の原因……………………………………14

  尉迟光叛逆と皈依の原因……………………………………16

終わりに……………………………………………………………17

参考文献……………………………………………………………18

はじめに

1.きっかけと問題意識

私は中国の仏教文化に興趣がある。そして、敦煌について、多くの文献を読んだ。ある日、学校の図書館に井上靖の『敦煌』を見かけた。日本人も敦煌を研究するか、とても意外と思った。外国人の目に敦煌はどんなものだ。そこて、この小説を読み始めた。

『敦煌』の中の主人公は三つの違った文化的環境を生活していく。私は彼らの思想の変化を考察しようと思う。

2.先行研究

①国内

 井上靖『敦煌』について国内の研究は多い。主に歴史を中心に研究する[1]。人物の性格の変化を研究するものもある。“『敦煌』の全文は独特な孤独な雰囲気に満ち溢れている。例えば赵行德,朱王礼,尉迟光,彼らの言行から彼らの内心の孤独さを感じることができる”[2]

②日本

日本の先行研究が多いはずだが、なかなか手に入れる方法がない。だが井上靖の『敦煌沙漠の大画廊』 (日本放送出版協会 )と井上靖の『遙か西域へそそぐ情熱』が見つかっただけだ。

今までの研究者なりの考え方によって『敦煌』のある方面について論じられたのだ。それで、本論は全面的に井上靖のを『敦煌』を考察し、把握しようと思うし、できるだけ自分なりの『敦煌』についての分析と認識を出そうと思う。

3.研究の方法

研究の方法は小説を読んで、テクスト自身から出発し、問題点と視角を探し、そして、今までの研究資料を利用して、研究成果を勉強しながら、自分の独特な見方を立てたいと思う。

一 井上靖の歴史小説について

1井上靖の創作履歴

小説は現代を舞台とするもの(『猟銃』、『闘牛』、『氷壁』他)、自伝的色彩の強いもの(後述。『あすなろ物語』、『しろばんば』他)に加え、歴史に取材したものに大別される。歴史小説は、日本で特に戦国時代(『風林火山』、『真田軍記』、『淀どの日記』他)、中国ではとりわけ西域を題材にした(『敦煌』、『楼蘭』、『天平の甍』他)ものを多く描いた。巧みな構成と詩情豊かな作風は今日でも広く愛され、映画・ドラマ・舞台化の動きも絶えない。

歴史作品を中心に各国語に翻訳され、日本ペンクラブ会長時代にはしばしばノーベル文学賞の候補とされた。読売新聞は2012年3月にノーベル委員会のペール・ベストベリー委員長に取材し、「井上靖が、非常に真剣に討論されていた」といったコメントを得たことを報じた。

『しろばんば』、『夏草冬涛』、『北の海』は、井上靖自身がモデルの主人公・伊上洪作の、幼少から青年になるまでの自伝的な作品である。『しろばんば』は静岡県伊豆湯ヶ島(現伊豆市湯ヶ島)で過ごした幼少時代の、『夏草冬涛』は旧制沼津中学校の生徒だった頃の、『北の海』は沼津中学卒業後の沼津での浪人生活の1年近くの日々を描いたもので、その日常、あるいは旧制第四高等学校の練習に誘われ、寝技主体の柔道、いわゆる高専柔道に明け暮れる洪作が生き生きと描かれている。井上靖の周囲に実在した人物がモデルとして多く登場し、特に『しろばんば』中に登場する、曽祖父の妾で洪作とは血の繋がらない「おぬいばあさん」(実在の名は「おかの」)との生活は、井上靖の人格形成を語る上で欠かせないものである。

その他、老いの境地に入った実母・八重について書いた靖晩年の短編三部作として『花の下』、『月光』、『雪の面』がある。

2.敦煌について

2.1敦煌的创作

井上靖は子供時代から西域に対して興味があるし、敦煌に対してとてもあこがれる。日本の文化は中国の文化と深い血縁関係を持っている。1名の日本の文学者にして、いったん歴史を接触したら、自然に中国の伝統の文化の中で肉親捜しに行って溯ることを要する。おびただしい中国の史料の中で、“敦煌”はきっと最もよく響いて最も人目を引く語句の中の一つである。

今世紀初期から蔵経洞を発見した後に、大量に貴重な文化財は世界各地へ散逸して、敦煌の文化はそれから世に名を知られる。井上靖は50年代から、全力で着いてシルクロードと敦煌の歴史を背景の文学の作品の中でにすることを投じて、大量に関係する敦煌の文化、経済、地理(学)、歴史の資料を参照して、また何度か京都に行って、直接敦煌に専門家の藤枝のまぶしい教授を学んで教えてもらって、暴発して病みつきになって一気に《敦煌》といくつかの反映の中国西部の歴史小説を書き出す。

2.2あらすじ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接