森鸥外《雁》中的女主人公形象 森鴎外の『雁』の女主人公像毕业论文_日语毕业论文

森鸥外《雁》中的女主人公形象 森鴎外の『雁』の女主人公像毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

森欧外是日本近代文学的启蒙者,浪漫主义大师,是与夏目漱石齐名的大文豪。他对日本文学做出诸多杰出贡献,深受日本人民的喜爱。在早期代表作“留德三部曲”——《舞姬》、《泡沫记》、《信使》,在其创作生涯末期写下了《雁》这部长篇小说。《雁》创作于1911年9月,当时正值森欧外人生中的重要转折期。他的作品多了很多的现实主义色彩。

本文在于先行研究的基础上,试图研究雁中女主人公完整的人物形象,以及分析女主人公的心理的前后变化,试图结合当时的时代背景,加深对森欧外的文学的理解,去解读《雁》这本书所表达出的古老封建思想和新潮思想的冲突,通过描写女主人公来说明社会发展也必然带来思想的开化与进步。

关键词:《雁》 森欧外 现实主义 浪漫主义 冲突

要旨

森鴎外は日本近代文学の啓発者であれば、ロマンティックのマスタでもある。夏名漱石と並び称される大文豪である。彼は日本文学に様々な貢献したので、日本人民に愛されている。初期の代表的な作品は「留德三部曲」の《舞姬》、《泡沫记》、《信使》であり、創作の末期には《雁》という長編小説を作った。《雁》は1911年9月に書かれて、この時はちょうど森鴎外人生の転換点であった。この原因で、森鴎外の作品には現実主義的色彩が多くなった。
本文はまず先行文献に踏まえ、《雁》の女主人公全面的なキャラを探究してみたうえで、女主人公の心理的な変化も分析する。そして、この小説の創作背景を考えに入れて、森鴎外の文学作品をよく理解しようと思う。この本の表現した古くて封建的な思想と最新流行の思想の衝突を解読して、ヒロインが社会の発展も必ず思想の文化が開けることと進歩を持ってくると説明することを描写するを通じて。

目 次

はじめに ……………………………………………………………………………1

1.1 課題の動機と目的…………………………………………………………1 1.2 先行研究……………………………………………………………………2

  1. 森欧外についてと『雁』の創作背景……………………………………4
  2. 女主人公像の分析 ………………………………………………………5 3.1 女主人公像……………………………………………………… 5 3.2 外貌描写………………………………………………………… 5

3.3心理描写…………………………………………………… 5

  1. 女主人公像的原因

4.1时代背景 ……………………………………………………8

4.2お玉自身の有限性…………………………………………………9

おわりに …………………………………………………………………………10

はじめに

課題の動機と目的

日本女性の社会地位がそれぞれの時代によって変化している。たとえば、奈

良平安時代に女性の地位は少々高かったと言えるだろう。子供の養育、娘の結

婚、宗教上の地位から見てみると、その時代の女性は家事、子供の養育など家

庭の仕事以外商売にも参加し、家屋も受け継ぐ。結婚後新婚の夫婦は女の家に

住むことになっていた。神様につとめる巫女の地位が特に高い。その時代は日

本社会が母権制社会であると言えるかもしれない。しかし、時間の流れにつれ

て社会構造もかわり、女性の立場にも影響がある。鎌倉室町時代に政権が将軍

に移ってから、男性の地位が女性より高くなってきた。これから夫婦の女は男

の家に入ることになってきた。男が遠征に行くとき、女は家を守ることになっ

ていた。ということで、女性は家主になるのは戦のときだけであり、男女の地

位は顛倒される。日本女性の社会地位がだんだん下り、日本社会も父権制社会

の新しい時代に入ってきた。その時代、政財の分野は男性だけに管理された。

明治維新の後、徳川幕府を中心とする旧体制が崩壊、国家統一してから、明

治政府は富国強兵、文明開化、及び資本主義経済を発展するなどの数多く改革

を行った。それと同時に、ヨッロパの近代文化が大量に日本へ湧きこみ、新資

産階級改革派は明治政府の藩閥専制に不満があり、西洋を模倣しつつ、議会の

成立、憲法の制定、また民主改革を強く要求した。したがって、教会を中心と

する自由思想や新しい恋愛思想も発展してきた。これを背景として日本人の思

想に新しい恋愛物語を引き受ける可能性が出てきた。

一方、明治時代は新政府が成立、西欧文明を取り入れ、近代化の第一歩をあ

ゆみはじめた時代でありながら、その近代化が日本的な封建制を残したまま推

し進められた時代でもある。明治 20 年前後から、文明開化の思潮につれて、明

治フェミニズムといった気風が生じ、女性の労働者が増え、女子学校が次々と

創立されたなどした。しかし、それは一時的、表面的なものであった。「男は外、女は内」といった役割の配分は依然として昔のままであった。娘の教養にしても男の都合のよいように養育し、女子の学問など、読書などは贅沢の骨頂とされがちで、家事を通りきり回してゆく女、消極的な良妻賢母の女が上品とされ、女らしい女とされた。言い換えれば、男性は社会的に活躍し、女性は家庭に引きこもられ、相変わらず妻であり娘であった。

歴史を顧みると、大部分の時代における日本女性の地位は低い。明治維新によって、西洋文化の影響を受け、日本女性は徐々に自我目覚め、自分の権利を要求し、西洋からの男女平等運動などの試みもあったが、成功しなかった。だが、暗くて封建的な重苦しさの中で、自我への目覚めが芽生えた女性は次々と登場してきた。いかに残酷な環境にいっても、自我というものにめざめ、その現実と戦った女性は跡をたたない。彼女たちの姿から生活また自分自身への努力したいという気持ちがあきらかになってくる。様々の作品のなかに、森鴎外の『雁』の中でお玉という女性が自我に目覚め、愛へ追求しようとする試みには共感するところが多い。それで、本論文は文章中のお玉の心理、行為を描写しながら、その時の時代背景を結び付けてお玉の人物イメージを研究し、『雁』に対する見方を述べる。

先行研究

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接