论日本动漫文化战后的发展(日本のアニメ文化の戦後の発展について)毕业论文_日语毕业论文

论日本动漫文化战后的发展(日本のアニメ文化の戦後の発展について)毕业论文

2021-04-02更新

 

内容提要

首先笔者通过查找资料,确定了日本动漫文化的发展历史及特征,虽然各大报刊对于日本动漫文化的发展历史及特征的报道不尽相同,但可以明确的是,日本动漫文化发展的影响和意义都是比较固定的。本文相继阐述了动漫文化发展的六个阶段,中日动漫文化发展的现状及日本动漫文化发展对中国动漫文化发展的影响和启示。

更具体地说,通过研究和分析后,找出在日本的动画和漫画的产业发展的成功和当前状态的原因。此外,分析目前中国的动漫和漫画产业的发展现状,然后,通过比较中国动漫产业与日本动漫产业的区别,总结经验。同时,为了改善中国的动漫产业发展缺乏的现状,提出更加有效的措施。找适合自己走的路,做中国特色的动画和漫画产业。

关键词:日本动漫文化 中国动漫文化 发展时期 区别 现状 影响 启示

 

要 旨

筆者は資料を調べて、日本のアニメ文化の発展の歴史と特徴を確定した。それぞれの新聞や雑誌には日本のアニメ文化の発展の歴史と特徴の区別が少々載っているが、ただ確定できるのは、日本のアニメ文化の発展の影響と意義は比較的固定されている。日本のアニメ文化が発展する歴史の6段階、戦後から今まで日本アニメ文化の発展状況は中国のアニメ・漫画の産業に大きな影響を与えたのである。

具体的には、まず、アニメ・漫画の産業に関する理論を分析し、そして日本のアニメ・漫画の産業の発展の現況および成功した原因について研究・分析する。さらに、中国のアニメ・漫画の産業の発展の現況を分析し、それから、中国アニメ・漫画の産業と日本のアニメ・漫画の産業の違いを比較して、よく発展している経験を求める。そして、中国アニメ産業の発展の不足を改善し、効果的な対策を提出する。自分に适した道を歩いて、中国の特色あるアニメ・漫画の産業を行う。

キーワード:日本のアニメ文化 中国のアニメ文化 発展の時期 違い 現状 影響 啓発

目次

はじめに 6

第一章 日本のアニメの起源について 7

1.1日本のアニメの発展の歴史 7

1.2日本アニメ文化の特徴 9

1.2.1日本アニメ文化の開放性 10

1.2.2日本アニメ文化の教育性 10

1.2.3日本アニメ文化の普通性 10

第二章 中日のアニメとその発展の現状 12

2.1 日本アニメの発展の現状 12

2.2 日本のアニメの流行の原因 12

2.3中国のアニメの発展の過程 13

2.4中国のアニメ遅れの根本的な原因 13

2.4.1アニメ文化の発展方向の欠如 14

2.4.2アニメビジネス化の模倣転位 14

2.4.3アニメ製作手段の遅れ 14

第三章 中国のアニメの開発に日本のアニメからの啓蒙 16

4.1お宅精神を発揮し、人材構成を改善 16

4.2市場経済の作用を発揮 16

4.3人材構造を改善し、産業協和体系を立てる 17

4.4知的財産権を尊重し、相乗効果を発揮 17

4.5産業協力体制の確立と最新の科学技術成果の導入をアニメに用いれ、文化産業の価値を高める 17

終わりに 19

参考文献 20

謝辞 21

はじめに

本論の目標

とりあえず、本論文は以下の三つの方面に分かれる:日本のアニメの起源について、戦後から今まで日本アニメ文化の発展状況と中国のアニメ・漫画の産業に与えた啓発である。具体的には、まず、アニメ・漫画の産業に関する理論を分析し、そして日本のアニメ・漫画の産業の発展の現況および成功した原因について研究・分析する。さらに、中国のアニメ・漫画の産業の発展の現況を分析し、それから、中国アニメ・漫画の産業と日本のアニメ・漫画の産業の違いを比較して、よく発展している経験を求める。そして、中国アニメ産業の発展の不足を改善し、効果的な対策を提出する。自分に适した道を歩いて、中国の特色のアニメ・漫画の産業を行う。

本論の構成

まず第一章では、日本のアニメの起源について。

次に第二章では、中日のアニメとその発展の現状。

最後に、中国のアニメの開発に日本のアニメからの啓蒙

第一章 日本のアニメの起源について

1.1日本のアニメの発展の歴史

日本は世界第一のアニメ・漫画の强国である。そのアニメの発展のモデルは鲜明な民族の特徴がある。日本のアニメの発展の过程は大きく分けて、4段階に分け、1917 ~ 1945——萌芽期、1946 ~ 1973——探索1974 ~ 1989——成熟期、1990今——细部期である。

 

①戦前の草の根の期間 (1917-1947年)

戦前の草の根の期間は日本のアニメが1917年から、1945年に日本の敗戦までである。この期間の初期段階は、主に世界的に有名なテーマは横行軍国主義のために日本では、後者のようにアニメーションのテーマは広報から分離され、日本軍国主義のルートを誇る。このような1942年の”魔法の海”のようなものとする。しかし、それはまた、戦いを、芸術と技術は、今日最も日本のアニメ技術の誇りに思った進歩の爆発作成した。

②戦後の時代を探検する (1945-1974年)
探検戦後期――1947年から日本の敗戦までである。日本の敗戦後、一部の人々が戦争の教訓を示すと、反戦をテーマにアニメーションで始まった。今まで、この遠大なテーマは、非常に人気がある。また、一部の人は別のアニメーションのテーマを試した。したがって、主題、すべて非常に低レベルの科目に大きな意義があるこの期間中のアニメである。 “サンプリンスアドベンチャー”は成功例であり、1968は、高レベルのアニメーションの基礎となった。もちろん、障害がある。1970年に”無敵鉄キングコング”が典型的な不良漫画、日本のアニメの悪い影響をもたらすだけでなく、暴力と貧困のプロットは、同様である。

③テーマ決定期 (1974-1982年)
テーマ決定期(第一次アニメ風潮の爆発)――1974年に「宇宙戦艦ヤマト」の上演から、1982年までである。この期間の日本のアニメーション業界は探査期を通して、アニメと漫画の分野を決定した。漫画は我々の検討範囲外だから、評価しない。「宇宙戦艦ヤマト」は日本アニメ史上最初のスーパードラマであり、松本零士がスクリプトとキャラクター(Character Design)を担当した。当アニメはTVに放送された後、「松本零士旋風」を引き起こした。その後「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」、「ヤマトよ永遠に」、「宇宙戦艦ヤマト 完結編」など3つの映画版が上映され、10年間の長い寿命を持った。宇宙戦艦シリーズの後、松本零士はまた「銀河鉄道999」、「1000年女王」など人気作品を持つ。松本零士の次、富野由悠季の原作小説で改編された「機動戦士ガンダム」は1979年に放送された。ストーリーの構造が複雑かつ厳格であるため、日本のアニメファンで高い人気を得た。後、このアニメの映画版3作もよい成績を出した。しかし、その後、アニメ風潮は徐々に冷め、アニメ業界は間欠期に入った。

④絵画技法の突破期 (1982-1987年)
絵画技法の突破期(第二次アニメ風潮の爆発)――1982年に「超時空要塞マクロス」(MACROSS)の上演から1987年までである。この期間では、人々は視覚的な楽しさを追求するため、絵画技法について革新が求められていた。この時期の突破では、「超時空要塞マクロス」の革新的な視点と素早い動く効果で、作り出したよりよい動的な感覚;「風の谷のナウシカ」と「天空の城ラピュタ」の細心の注意を払った現実的な背景;「機動戦士Ζガンダム」と「機動戦士ガンダムΖΖ」の反射明暗法を強調することなどである。これらはすべて以後のアニメに大きな貢献をあたえた。テーマが既に確定され、また絵画技法の向上によって、良い作品は多く現れた。例えば1982年から1984年までの「超時空要塞マクロス」、1984年の「風の谷のナウシカ」、1985、1986年の「機動戦士Ζガンダム」及び「機動戦士ガンダムΖΖ」、1986年の「天空の城ラピュタ」と「アーリアン」などである。日本のアニメはこの時期の終わりに発展したとき(1987年)、ストーリー、内容、絵画技法の全ては非常に高い水準を達成した。よって、アニメは成熟期に入った。

⑤ルートの分化期 (1987年-90年代)

ルートの分化期(成熟期)――1987年から90年代の頭までである。アニメは成熟期に入り、幾つかの良い作品が出た。例えば「きまぐれオレンジ☆ロード」、映画「機動戦士ガンダム -逆襲のシャア-」、「王立宇宙軍~オネアミスの翼~」、また日本テレビ上初めての高校生を主要対象とする劇場アニメシリーズ「めぞん一刻」などである。その中で、「めぞん一刻」は1988年日本アニメ優秀作品ランキング第2位を獲得した(同年ランキング第1位は「聖闘士星矢」である)。また、「天空戦記シュラト」、「機動警察パトレイバー」など良い作品もある。(「天空戦記シュラト」は1989年日本アニメ優秀作品ランキング第1位を獲得した。)日本アニメはここまで発展してきて、一部の人々は「若年観客を無視して、4~5年が経った」と考えて、「年齢ルートを考えるべきだ」という意見を出した。そして、1987年後半から、テレビ上の高年齢層アニメは徐々に減少され、アニメ映画に移転した。従って、現在の良いテレビアニメ作品は少なく、映画版ではほぼ全部素晴らしい作品である現状に繋がった。

⑥スタイルの革新期(1993年-至今)
スタイルの革新期――1993年から現在までである。絵画技法、製作方法、アイデア設計の各分野で成熟した日本アニメは、スタイルの革新を追求し始め、従来のモデルを突破しようとしている。完璧なスキルや時空を超えたアイデアで、観客に新しい感覚のインパクトをもたらした。映画「攻殻機動隊」(Ghost In The Shell)は、従来のアニメの明るく、気楽なスタイルを完全に捨て、鬱陶しく、重苦しく、冷酷で、運命に対する戸惑いを表した。ハイテク社会に住む人類は不安な将来を取り払えない躊躇と孤独を呼応する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接