从樱花看日本人的审美意识(桜から見る日本人の美意識)毕业论文_日语毕业论文

从樱花看日本人的审美意识(桜から見る日本人の美意識)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

樱花自古以来就被看作为日本的国花。每当春天到来的时候,由南至北,日本各处的樱花竞相开放,整个国家都沉浸在花之盛宴的喜悦里。除了给人在忙碌的生活中带来视觉和心灵的享受外,日本人更加欣赏的是,樱花身上散发出来的独特美。

一朵樱花盛开的时候,虽然小而不起眼,但是当更多的樱花聚集在一起的时候,便形成了一股强大的气势、壮大的风景。这和日本人的团结精神是非常相像的。樱花的花期很短,在短暂的花期后,毫无留恋地静静地凋零,这也是日本武士所崇尚的最高境界。在生命“动态”里包含着“安静”的美,“刚”的性格里也隐藏着“柔”的一面。“动中有静,刚中有柔”这可以说是樱花独特的美,也可以说是日本人独特视角的审美观。

关键字:日本 樱花 动中有静 刚中有柔 审美观

要旨

桜は古くから日本の国花として認められている。春が来るたびに、南から北にかけて、日本各地の桜は争って咲いている。全国は花の盛んな宴会という喜びにひたれている。人々の忙しい生活にもとらす視覚とこころの楽しみを除き、日本人がもっと鑑賞するのは、さくらから発散する独特な美である。

一つの桜が咲くとき、小さくて、人の注意を引かなくても、多くの桜が集まると、強大な勢いと壮大な眺めになる。これは日本人の集団意識に似ている。桜の開花時期はすごく短い。しばしの花期の中で、未練なくて、静かに落ちるのは日本武士が尊重する最高の境界である。生命の「動く」状態で「安静」な美が含まれて、「剛」という性格の中で「柔」の面も隠している。「動中の静、剛中の柔」、これは桜の独特な美といえて、日本人のユニークな視角での美的意識ともいえる。

キーワード:日本 桜 動中の静 剛中の柔 美的意識

目  次

摘要 I

要旨 II

はじめに 1

第一章 国花である桜についての情報と美的意識の形成原因 1

第一節 桜に関する情報と好まれる原因 1

一、 桜に関する情報 1

二、 桜が日本人に好まれる原因 2

第二節 日本人の独特な美的意識が形成した原因 2

第二章 桜の色と花から日本人の美的意識 3

第一節 桜の色と日本人の美的意識 3

一、桜の色 3

二、「桜色」と日本人ユニークな美的意識 3

  第二節 桜から見る日本人の美意識 3

第三章 「動」と「静」と日本人の美的意識 3

第一節 茶の湯の「静」と桜の「静」 3

第二節 日本人の速い生活リズムと桜の「動」 4

一、 速い生活リズムの下の日本人の休憩時間の変化 4

二、 速いリズムが睡眠時間への影響 4

三、 速いリズムがもたらす問題 5

第三節 桜の「動」と「静」から見る日本人のユニークな美的意識 5

第四章 桜の「剛」と「柔」から見る日本人の美的意識 6

第一節 桜の「剛」と武士道精神の「剛」 6

一、 武士道精神 6

二、 桜の「剛」と武士道精神 6

第二節 桜の「柔」と日本女性 7

一、 「柔」と日本女性 7

二、 桜の「柔」と日本女性 7

第三節 桜の「剛」と「柔」から見る日本人の美的意識 7

終わりに 8

参考文献 9

はじめに

研究のきっかけと目標

日本人にとって桜は特別な花であり、「動」と「静」と「剛」と「柔」を象徴する花でもある。時代の社会、経済、政治の変化に従って桜に託されている思いも違ってくる。桜の特性から、日本人の民族性が見える。桜の開花は「動」と「静」に対する日本人の美的意識であり、それが代々伝わり、定着してきたからこそ、桜を心から愛し、桜を国花とみなすようになった。桜の「剛」と「柔」は現実の中で武士道精神の「剛」を、日本女性の「柔」を表現する。これらに注目し、日本人の思惟方式、生活習慣及び日本の文化を深く理解したいと思う。

研究の内容

 今、日本では「花」と言えば、説明を加えないなら、必ず桜のことを指す。しかし、昔からはそうではない。古くはよく「梅」のことを指すのである。歴史の発展と共に、だんだん桜に移した。日本人は桜の木の下で、花を観賞したり、お酒を飲んだり、歌を歌ったりすることは人生一つの最大の娯楽と思っている。

一つの桜は含蓄で、多くの桜が集まると、壮大な眺めになる。これは日本人の集団意識に相当に似てる。そして、開花時期の短さとか、落ちる際の壮烈とか、桜が他の花と違って、特別なところは全部あらわし出している。

桜自身から、日本人は自分たちに似ている「動中の静、剛中の柔」という桜の特徴を見出す。それと同時に、日本人の独特な美的意識をあらわしている。

 国花である桜についての情報と美的意識の形成原因

みんながご存知のように、さくらは日本の国花である。日本人にとって、「花」ときたら、まず頭に浮かぶ映像は桜の様子である。それとともに、こころのなかで、一年一度の花見の楽しさも感じているように、待ちきれなくて別人に紹介する。さくらの咲き始める時は一般四月である。普通は日本の入学と入社の時期である。日本人の目の中で、桜も希望と明るい未来を象徴する。

 桜に関する情報と好まれる原因

桜に関する情報

1)桜の外見

 桜の木の皮が暗いグレーで、葉が楕円の形をしている。葉の先か尾がとがっている。桜の花には重なる白い、ピンクあるいはローズレッドの花弁がある。現在多く見られるのは美しい園芸種である。 

(2)民間伝統的な活動——花見

 毎年の四月から、日本は桜の開花時期を迎えてくる。この開花時期の特殊さにより、春の信使と言うことができる。人々に深い印象に残すのは、開花時期の短さである。つぼみから全部散るまではただ二週間に過ぎない。ところが、生命全部の過程はこの短い時間で完成した。人生に似ているような感じがよく生じる。

 民間伝統的な活動としてよく言われるが、ほんとうに庶民のなかに広まっていたのは江戸時代の後である。この習慣が形成する前に、最も有名のは豊臣秀吉が行う「醍醐の花見」であった。この点からみると、花見の歴史はとても古い。

 一般的な日本民衆の中での花見は、みんな集まったり、ビールを飲んで、カラオケで歌を歌ったり、詩を作ったりしている。疲れたとき、頭を上げて、桜の花の香りに浸れて、気分をよくする。普通は忙しい仕事で、散歩ぐらいもできない日本人にとって、家族と一緒に桜公園へ行って、盛んに咲く花を楽しむことは人生の一つの幸福といえるだろう。

 また、「観桜会」というのは、花見のほかの形式である。これは社会の上層にある著名人と皇室などの正式の活動である。

桜が日本人に好まれる原因

 桜の木が全部咲いているとき、ピンクの花びらとか、白いはなびらとか、いろいろな花が集まって、遠くから見ると、これらの木は雪に覆われているようである。前に述べたこともある。桜はつぼむから散るまで、だた二週間足りない。しかし、短くても、生命の過程を経験し、最後完成される。これは人間の短い生命の時間にすごく似ている。日本人はそうと考えた。

 そして、時になると、一斉に開き、一斉落ちる。なにも残さない。このきっぱりした性格は日本人に似ている 。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接