从日剧看日本学校的施暴现象(ドラマによる日本の学校のいじめ現象についての分析)毕业论文_日语毕业论文

从日剧看日本学校的施暴现象(ドラマによる日本の学校のいじめ現象についての分析)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在日本,校园施暴是日本社会长年背负的烦恼。那么日本学校的施暴现象产生的原因是什么,以及如何对日本校园施暴现象提供解决缓和的对策,并为我国的青少年教育所借鉴,本文将对此进行探讨。

本文主要从日本学校的施暴现象,原因以及对策这三方面进行分析。在现象方面,本文首先从施暴的基本认识,日剧中的校园施暴现象,以及真实案例来进行分析。接下来有关施暴现象的原因,从学生的自身问题,日本的家庭特征,以及日本的学校和社会这四个方面进行探讨。最后,尝试提出施暴问题的解决对策,围绕这一点,本文主要针对如何预防施暴的发生,学校的解决方案,以及校园施暴相对应的组织管理进行了探讨。有关组织的管理,主要从家庭教育和如何应对严重的施暴现象这两个角度进行了分析。

通过以上的分析可以发现,日本的家庭,学校和社会都存在着各种缺陷并且相互关联,从不同的方面影响着青少年。它也是日剧,动漫,手机等文化背景相互渗透结合的结果。

中国作为日本一衣带水的邻国,同样面临着日本校园施暴的相似问题。可以通过学习日本的优秀经验,来寻求中国校园施暴问题的解决方案。

关键词:校园施暴 日剧 文化背景 组织管理             要旨

日本で学校のいじめというと長年日本社会を悩ませているのである。どうして日本では学校のいじめが発生したのか、拙論はこれについて分析し、日本で学校のいじめの解決緩和に手がかりを提供し、またわが国の青少年の教育になるだろう。

 本文は主に日本で学校のいじめの現状、原因及びその対策という三つの方面から分析してみる。現状においては、まず学校のいじめの基本認識やドラマの中での学校のいじめ、及び真実ないじめ事件などの方面から分析し、次はいじめ現象の原因に関して、生徒の自身問題、日本の家庭の特徴及び日本の学校と社会の原因の四つの角度から検討し、最後に、いじめ問題の対策を分析する。本文は主にいじめの未然防止のために、学校における取り組み、及びいじめ問題への組織対応管理を検討する。組織対応管理においては、主に家庭教育と深刻ないじめへの対応という二つの角度から分析する。

 以上の分析によって、日本の家庭、学校及び社会にはいろいろな欠陥があり、それにお互いに関連し、各方面から青少年を影響していることがわかった。また、ドラマ、アニメ、携帯電話などによって代表される文化の相互に浸透の結果でもある。

中国は日本の「一衣帯水」の隣国として、日本の学校のいじめの問題と似ている面がある。日本のいい経験を学んで、中国の学校のいじめの問題に有効な解決法を求められると思う。

キーワード:学校のいじめ ドラマ 文化の背景 組織の管理

目 次

はじめに 1

第一章 日本の学校のいじめ現象 1

1.1いじめ問題について 1

1.1.1いじめとは 1

1.1.2教育文化背景におけるいじめ 2

1.2ドラマの中の学校のいじめ 2

1.3学校にいじめ事件の導入 3

第二章 いじめ現象の原因 3

2.1生徒自身の問題 3

2.2日本の家庭の問題 4

2.3日本の学校と社会の問題 4

第三章 いじめ問題の対策について 5

3.1いじめの未然防止のために 5

3.2学校における取り組み 6

3.3いじめ問題への組織対応管理 6

3.3.1家庭教育に対する支援 6

3.3.2深刻ないじめへの対応 7

おわりに 12

参考文献 13

はじめに

日本のさまざまなドラマの中で学校のいじめ現象が多く見られる。このいじめ現象についてのドラマは日本現在の教育問題を暗示するのである。確かに、日本の学校では、近年以来いじめの問題がますます目立っている。学校のいじめとは、学校の中で行われる暴力行為のことである。学校のいじめには、学校における生徒間のいじめ事件や、学校内の器物破損、その他の問題も含まれる。

学校のいじめ事件が増えていることは世人の注意をひきつけた。いじめを頻繁に発生したのは学生の成長に悪影響をあたえる。 ある社会現象を反映されるドラマは、例えば「人間資格」や「告白」など、日本の学校いじめの原因を典型的にまとめられた。勿論これは生徒だけの問題ではなく、教育制度と学校の自身の原因があるとともに、家庭教育がいじめ問題にかかわる重要な原因になる。さらに、生徒の周りの劣悪な環境が青少年に対する悪い影響がある。こう見てくると、日本の学校いじめ問題における原因が大体生徒自身の問題、家庭、学校と社会その四つの方面をまとめられる。また、ドラマ、携帯電話などの影響もあると思う。上述の原因以外に他の原因があるかどうか、なぜこれらの原因があるのか、これらの原因が生徒に対して、どのような影響になったか、拙論は上述の研究の上でこれらの問題につれていっそう分析したい。

第一章 日本の学校のいじめ現象

1.1いじめ問題について

どのような社会であっても、いじめは絶対に許されない。いじめは子どもの成長にとって必要な場合もあるという考えは認められない。また、いじめをはやし立てたり、傍観したりする行為もいじめる行為と同様に許されない。
1.1.1いじめとは

いじめとは、学校の中で行われる暴力行為のことである。学校のいじめには、学校における生徒間のいじめ事件や、学校内の器物破損、その他の問題も含まれる。いじめは重大な人権侵害であるとともに、暴力をふるう、金品を盗む、金品をたかる、誹謗中傷などは犯罪行為であるということである。いじめは人間として絶対に許されなく、いじめられている生徒を必ず守り通すと思う。

いじめにおけるドラマやいじめ事件などによると、いじめは、単にいじめを受けている生徒といじめている生徒との関係だけでとらえることはできない。いじめは「四層構造」になると思われる。被害者、加害者、観衆と傍観者から構成される。周りで囃し立てる生徒は観衆、見て見ぬふりをする生徒は傍観者である。観衆や傍観者の立場にいる生徒も、結果としていじめを助長していることになる。また、いじめられている生徒といじめている生徒との関係は、立場が逆転する場合もある。傍観者が仲裁となれるような指導を行うことが大切である。

いじめの様態も様々ある。悪口や脅し文句、いやなことを言われるし、仲間はずれ、集団による無視をされるし、ぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりするし、金品をたかられたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたり、パソコンや携帯電話などで、誹謗中傷や嫌なことをされる。その他もある。

1.1.2教育文化の背景

日本社会の中で、教育は1つの重要な課題で2種類のタイプがある。一番は公立学校に入って義務教育を受け、次は私立学校に入って義務教育を受けての標準的な私立学校に入る。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接