日本語の曖昧表現の分析-「ようだ」#12539;「らしい」を例に(以“ようだ”“らしい”为例分析日语的暧昧表达)毕业论文_日语毕业论文

日本語の曖昧表現の分析-「ようだ」#12539;「らしい」を例に(以“ようだ”“らしい”为例分析日语的暧昧表达)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日语暧昧表达的分析以“ようだ”、“らしい”助动词为例,通过语义来理解“ようだ”和“らしい”的使用方法,从而分析“ようだ”和“らしい”的使用场合,在暧昧表达中揭示日本人的性格特征。

大多数日语学习者都知道日语中有很多暧昧表达方式。但是,“ようだ”和“らしい”在语义上有着怎样的区别,与其他同样意义的暧昧表达有怎样的异同?本研究试通过对“ようだ”和“らしい”的意义讨论,揭示隐藏在语言表象下的日本人的性格特质,从而帮助日语学习。

关键词:暧昧 ようだ らしい 性格

目 次

1.0はじめに…………………………………………………………………1

  1. 1研究の意義………………………………………………………………1
  2. 2本論の研究方法と手順…………………………………………………1

2.0本研究のに関連する先行研究…………………………………………1

3.0言語学における「曖昧表現」……………………………………………3

3.1「曖昧表現」の定義………………………………………………………3

3.2「曖昧表現」の分類………………………………………………………4

4.0「曖昧表現」としての「ようだ」と「らしい」………………………5

4.1「ようだ」と「らしい」の意味…………………………………………5

4.2「ようだ」と「らしい」の用法…………… 5

4.3「ようだ」と「らしい」の区別………………………………………6

5.0「曖昧表現」の文化的背景…………………………………………8

6.0おわり……………………………………………………………………15

謝辞……………………………………………………………………………17

 参考文献………………………………………………………………………18

1.0はじめに

1.1研究の意義

日本語の「曖昧表現」の分析は助動詞「ようだ」と「らしい」を例にする。「ようだ」、「らしい」の意味論を明らかにしたものの、「ようだ」と「らしい」の使用する場合を分析すべきであろう。また、日本語の「曖昧表現」を分析してみることにより、日本人の性格特徴を掲示することを目的とする。

日本語の学習者は日本語の「曖昧表現」を誰でも知っているはずである。しかし、「ようだ」、「らしい」と同じ意味の表現形式や「ようだ」、「らしい」などの助動詞を使う場合は知っている人は少ないようではないかと考える。本研究を通じて助動詞である「ようだ」と「らしい」の意味論を明らかにして、日本人の性格特徴を掲示することに一助になるだろうと思う。

1.2研究の方法と手順

まず「ようだ」、「らしい」の意味論を明らかにする。それから、「ようだ」、「らしい」と同じ意味の表現形式を収集する同時に、「ようだ」、「らしい」を使う場合を分析する。最後、確実のデータに基づいて日本語の「曖昧表現」の特質を掲示してみる。

2.0本研究に関連する先行研究

言葉はコミュニケーションの重要な手段の一つとして、日本語の中に、「曖昧表現」は重要な位置と役割をもっている。日本語における「曖昧表現」についての研究は多くみられる。

曾张渝(2009)は「曖昧表現」は言語現象として、各言語に存在しているとし、対話の中で双方が不快感を引き起こすような言葉をさけるために、間接的な表現によって、思想を表現したり、情報を伝達し合うとしている。かたい言語を平らげにさせて、コミュニケーションには大切な役割を果たしている。

王诗丽(2006)は語用論をもとに、「曖昧表現」を分析し、その「曖昧表現」は世界各民族言語の中における重要的な言語現象の一つであると述べている。「曖昧表現」の内容は非常に豊富であり、日本人の言語表現やコンミュニケーションをスムーズにさせるになくてはならないものとして重要視されている。

李宁宁(2002)語用論と社会言語学の立場から、日本語の「曖昧表現」の分析を通して、日本人の「和」意識はどのように言葉に融入していたのか、探求してみた。国内外での「曖昧表現」と日本人の「和」文化をそれぞれに展開した。本書は語用論と社会言語学の理論を踏まえて、「曖昧表現」から日本人の「和」意識を研究してみた。

王琳(2006)は語用論の視点から、日本語の「曖昧表現」と日本文化、日本人の心理の関係を探求した。まず、言語と文化の定義を論じ、それから、言語と文化の関係を釈明した。言語と文化は不可分の関係にあるとしている。実例を通して、「曖昧表現」の定義に対する認識について詳しく解説した。日本語の「曖昧表現」を五つに分類した上に、「曖昧表現」の社会文化機能を述べている。言語は常に変化される記号システムであり、言語変化を引き起こす要因と認められる。日本語の「曖昧表現」の文化的特徴というと、日本人のコミュニケーションの特徴を表す表現に「以心伝心」や「曖昧」また「曖昧表現」といったものがある。

韦红雁(2008)は助動詞である「らしい」は「動詞、形容詞、助動詞終止形+らしい」、「形容動詞布詞幹、名詞+らしい」という二つの形式で客観存在の推断と推量を働いている。具体的に、確かな事実に基づいて主観的な想像がないことである。「らしい」はいつも言葉の前に置かれて、「…によると」「…によれば」「…の語では」などで情報の来源を説明する。一方、助動詞「ようだ」は「動詞、形容詞、形容動詞の連体形+ようだ」「名詞+ようだ」の形式とされている。「推量」と「婉曲」の意義にすぎず、推量で判断なことを示す。視覚、聴覚、味覚と自分の主観の意見によると、ものごとを推量する、その上、「ようだ」は直接の判断を避けて、曖昧と礼儀の言葉になる。

[1]

3.0言語学における「曖昧表現」

3.1「曖昧表現」の定義

 「曖昧表現」は辞書により、遠回して穏やかにいう表現である。しかし、言語学者の研究成果として、その定義は次のように、

 物事を間接的に表現する言い方。日本語では昔から敬語的表現の手段として多く用居られてきた。これは、敬意を表すべきその物、あるいはその動作、状態を直接的表現することを憚ったことによると思われる。勧誘、依頼表現になると、直接的命令形を使った言い方を除いては、ほとんどの者が元々婉曲な言い方だていると言ってよい。

 

日本人は言語表現において、古くから相手に間接的、曖昧的な述べ方は直接的なのより柔らかく、丁寧な印象を与えるという意識がある。心理上で、直接的な表現方式を使うのをあまり好まないという傾向が出てくる。言葉の末尾に余情を残し、まだ終わらないような感じをさせるには、また話し手(書き手)が聞き手(読み手)に対する配慮により、時にはセンテンスの終わりに「けれども」、「が」などのような助詞をつけ加えることによって、緩和の語気、抑揚をつけて表現する目的が達成できると思っている。

要するに、「曖昧表現」は直接的な表現を避け、相手の不快感を引き起こすような言葉を使わないで、含蓄的な表現による言い方である。現在の時代には「曖昧表現」はとても重要な責任を担うようになる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接