「断り」言語行為の中日対照(拒绝言语行为的中日对比)毕业论文_日语毕业论文

「断り」言語行為の中日対照(拒绝言语行为的中日对比)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

近年来,学术界在拒绝言语行为方面已经从语用论,对比研究等视角进行了研究。大部分运用了问卷调查的方式,本文选取了更为自然的电视剧剧本为语料对拒绝表现进行研究。力求发现中国人和日本人在委托他人的场合中,面对不同对象拒绝言语行为的使用倾向。

  1. ,参照Beele(1990) 的意思公式分类,将拒绝言语行为分为“直接拒绝表现”和“间接拒绝表现”。然后进一步将“间接拒绝表现”分为理由说明,抱歉,关系维持,共感,代替方案,条件等。第二章是分析结果的考察,把分析数据从意思公式的“出现顺序”、“使用频率”和阐述的方式进行分析。第三章探讨了中日拒绝表达异同的原因。总体来看,拒绝言语行为中他人的立场,相互的地位差有很大的影响。采用对方更容易接受的方式进行谈话。

关键词:言语行为 意思公式 使用频率 出现顺序 中日对比

要 旨

 近年、日本語の「断り」言語行為について、語用論、対照研究などの視点から研究が行われたが、主にDCTなどの方法を採用した。本稿はより自然な会話を反映できるテレビドラマの脚本を分析資料とした。依頼の場面に対する、相手によって、「断り」言語行為における使用傾向を見つけるように、分析を行った。

 第一章では、「直接な断り」と「間接な断り」の分類に基づき、「間接な断り」をさらに「弁明」「お詫び」「関係維持」「共感」「代案」「条件」などを再分類した。第二章は調査結果の考査である。意味公式の出現順序、使用頻度と「弁明」の方略から、データを分析した。第三章は「断り」言語行為における中日の言語行為の異同の要因を検討した。全体的に見ると、「断り」における発話において、他人の立場、互いの地位を十分に分析し、相手のために考慮した後に相手の最も受け入れやすい方式をして話し合う。

 キーワード: 言語行為 意味公式 使用頻度 出現順序 中日対照

            

目 次

はじめに ……………………………………………………………………………1

  1. 断り言語行為…………………………………………1 
  2.  定義 ……………………………………………………………2
  3.  分類 ……………………………………………………………3 
  4. 断り言語行為の中日対照……………………………………………………4
  5. 依頼に対する「断り」言語行為の意味公式の出現順序 …………5
  6. 依頼に対する「断り」言語行為の意味公式の使用頻度…8
  7. 依頼に対する「断り」言語行為の「弁明」の方略9
  8. 「断り」言語行為に隠される文化意義 …………………………………10

おわりに ……………………………………………………………………………11

謝辞……………………………………………………………………………12

参考文献 ……………………………………………………………………………13

1.0はじめに

日常生活において、誰にも「依頼」「勧誘」「誘い」などの行動をよく行う。文化的、社会的背景の原因で、われわれ外国人学習者の「断り」言語行為は誤用して母語話者への違和感を与えやすいことになる。日本語科の学生として、中日の「断り」言語行為の特徴を明らかにする必要があるだろう。

1.1断り言語行為に関する先行研究 1990年代にはいってから、日本語教育や社会言語学の分野で言語行動に関する研究が多い。その中には、断り言語行為については多くの視点から観察されている。大別として、三つの種類に分けられている。一つは日本語学習者の立場から日本語のみに注目し、日本人の断りの特徴を分析するものである。二つは日本語学習者と母語話者の発話行為うを比べることにより、誤解がどこで起こりやすいかを明らかにする中間言語語用論の研究である。三つは両言語の対照から日本人と外国人の断り言語行為の相違点を分析するものである。本稿は関わりの先行研究について、簡単に振り返ってきたい。

 森山(1990)は、日本人男女大学生へのアンケート調査の結果をもとに、日本人の断り言語行為を方略という観点から分析した。予備調査ではっきり「やりたくない(あるいはいやだと)」という「嫌型」、「都合がつかない」という「嘘型」、「考えておく」といってその場をごまかす「延期型」、笑ってごまかす「ごまかし型」という四つの方略を設定している。目黒(1994)は断りの方略についてさらに検討し、依頼に対する断り方略に「謙遜型」を加えた。つまり、「弁明」の意味内容を方略型化し、「率直型」、「曖昧型」、「嘘型」、「延期型」、「回避型」の五つに分類している。本稿はその分類に基づき異なる場合における断り方略の使用傾向を明らかにしたい。

 任(2003)では、ロールプレイの調査方法で、「食事の勧誘」「翻訳の依頼」「英会話カセットテープ購入の勧誘」という三つの場面を設定し、「ウチ・ソト・ヨソ」と言う観念を導入して、日本語と韓国語における断り行為の開始がどのような初出あいづちマーカーによって標示されるかをあいづち的な発話を中心議論し、日本人と韓国人の「ウチ・ソト・ヨソ」の意識が断り行為にどう影響しているかが明らかに観察した。日本語と韓国語のいずてにおいても、断り発話に入る前にあいづちマーカーを発せられる傾向がある。そてに、日本語は「ウチ・ソト・ヨソ」[1]のカテゴリーに敏感であると述べた。

1.2先行研究の問題点

 近年、日本語の「断り」言語行為についての研究は盛んになったと言える。その中でロールプレイや「談話完成テスト」[2]の方法で、一つ場面を設定して、同じ場面において違う文化背景である日本人と中国人の断り言語行為の対照研究が多い。ところが、これらが自然会話とは言えないと思う。そして、中国語の「断り表現」に関する体系的な研究が少ない。また、対照研究は日英、中英のものに集中し、日中のものはなさそうである。日中両国語における「断り」言語行為の相違点においては、文化の要因によるところが大きいはずであるが、一体どのような文化的な要因が存在しているのか、ということは問題点であろう。

1.3研究目的

 総体にいえば、断り言語行為における研究は異文化コミニケーションの視点から、違う文化的背景である日本語学習者と日本語母語話者は同じ場面において断りの相違点を比較しながら分析する対照研究が多い。本稿は先行研究の問題点を検討しつつ、本稿の研究目的をここで箇条書きにまとめてみる。

 (1)日本語と中国語に注目し、ドラマから抽出した断り場面を分析用例にする。意味公式の出現順序と使用頻度から用例を分析する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接