从日语的省略表达分析日本人在语言交流中的第六感(省略表現から日本人の勘を分析する)毕业论文_日语毕业论文

从日语的省略表达分析日本人在语言交流中的第六感(省略表現から日本人の勘を分析する)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

众所周知,日语对场景和上下文的依存度较高,省略已作为常见的现象被人们普遍接受”日本古典语法家松尾拾治郎也把省略现象多看作是日语的三大特色之一”

本文围绕现代日语中广泛存在的省略现象,在总结前人研究成果的基础上,从省略现象分析、省略产生的文化背景两方面入手,对现代日语中的省略现象进行了较为系统、深入的研究。

  关键词:省略;省略现象;文化背景

                要 旨

 周知のように、日本語は場面や文脈に依存することが多く、省略は来たりの現象としてよく見受けられる。また、古典文法学者、松尾捨治郎は省略の多いことを日本語の三大特徴の一つとした。

本論文では、日本語の中で、広く存在している省略現象を取り囲んで、先人のこれまでの研究の結果に基づいて、省略現象の分析と文化背景の二つの側面から、現代日本語の省略現象について系統的な研究をしている。

 キーワード:省略、省略現象、文化背景

目 録

中文摘要………………………………………………………………………………………Ⅰ

要旨………………………………………………………………………………………………Ⅱ

初めに………………………………………………………………………………………1

第一章 先行研究と本文立場………………………………………………………………2

1.1 先行研究………………………………………………………………………………2

1.2 本文の立場……………………………………………………………………………3

1.3 本文の論述範囲の略図……………………………………………………………………3

第二章 日本語省略現象を分析する……………………………………………………4

2.1 主語省略形式…………………………………………………………………………4

2.2中心部分の省略………………………………………………………………………7

2.3助動詞「だ」……………………………………………………………………………12

第三章:省略現象から日本の文化を見る………………………………………………14

3.1以心伝心…………………………………………………………………………………14

3.2美学観念…………………………………………………………………………………14

3.3言わぬが花………………………………………………………………………………15

終わり…………………………………………………………………………………………17

参考文献…………………………………………………………………………………………18

謝辞………………………………………………………………………………………………19

初めに:

省略は各種の言語に普通的にある言語現象である。しかし、日本語においては省略現象は極めて多い。省略は日本語の三つの特徴の一つとされている。

本稿では、まず先行研究を紹介した。

 第二章は省略現象を分類した。その際、伝統的な、省略される文の成分による、三つの方面を別々説明した。日本語における文法研究は主に各品詞の使い方に関するものだから、本章では主として品詞の種類によって日本語の省略表現を支持する言語的構造を考察した。

第三章では主に日本語の省略表現が多用される原因を考察した。日本語自身における言語の一般的な特徴と日本語の内部の省略を支持する独特な言語構造を検討した一方、日本人の伝統の言語心理とその文化的な原因についても考察した。

第一章: 

1.1先行研究

日本語の文法についての革新的文献となった。 「The Structure of the Japanese Language」 は久野の代表的な研究書である。同書で久野は、それまでの日本語文法が見過ごしたか説明できなかった現象に取り組み、日本語をその習得に至るまでに把握すべきもっとも重要な性質のいくつかを分析した。その一つにSOV型の語順がある。また、久野は変形文法の考え方を用いて、通常の文法規則が適用できない例を挙げ、伝統文法では伝えられなかった日本語文法の側面を明らかにした。このような意味で、革新的な「非文法的文の文法」を提示したのが同書といえる。

 金田一氏の『日本人の言語表現』は、よくある、日本語の性質に関するちょっと気の利いた程度の評論とは一線を画すものである。古事記・万葉から近代以降の文学作品に至るまでの豊富な実例に基づいて、日本人特有の言語表現の方法を順序よく説明している。 全体を貫くものは、実例に語らせ、筆者は極力黙るという態度です。という態度である。「実例としてこういうものがある、これらから帰納すればこういうことが導き出せる」というきわめて学者的な文章の運びである。当該の本では、「ホテルのボーイ」の個所に至るまでに、山ほどの実例によって「以心伝心」を貴ぶ日本人の言語表現が明らかにされている。

 林静の「从文化的视点看日语中的省略表达」という文章は文化の視点から見た省略表現を説明したものである。つまり、五つの点から分析してみた。

1 「和の精神」から見た省略表現

2 「美意識」から見た省略表現

3 「タテの文化」から見た省略表現

4 「甘えの文化」から見た省略表現

5 「恥の文化」から見た省略表現

などということである。

日本の学者は省略現象について研究した歴史は、それが20世紀初から数十年もの間であった。今頃になって、省略現象の説明がより深くなっている。しかし、省略現象の本質とは何か、完全な研究がまだ不足しているようである。

1.2本文の立場

 本文は現代日本語の口語を研究対象として、省略現象、コンテクスト、心理の要因と文化背景を分析する。

1.3本文の論述範囲の略図

第二章:日本語省略現象を分析する

2.1主語省略形式:

 主語とは、文の成分のひとつ。文の中で、それがかかっていく述語によって述べられる事柄の主体となる部分である。主語は動作や状態の主体として、文を構成する際の不可欠な要素である。しかしながら、日本語にも、中国語にも主語がなかったり、省略が現われたりすることがよく見られる。特に、英語、中国語と比べると、日本語のほうが主語の省略表現がさらに多いという評価もある。

主語の省略現象は、日本語にしても、中国語にしてもその数が多く、両言語共有の

特徴だと言える。この形式はほかの語種にはあまり見えない。しかし、日本語の中では主語省略は一番多い省略形式である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接