分析中日两国女性家庭观的差异(中日両国女性の家庭観の異同についての分析)毕业论文_日语毕业论文

分析中日两国女性家庭观的差异(中日両国女性の家庭観の異同についての分析)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

 作为日语专业的学生,关于中日女性家庭观的差异点都有些基本的了解。虽然知道关于一些,比如日本的女性在家中的地位较低,日本有明显的家长制度,中国女性地位逐渐提高之类的事。但是,不能只了解表面,其中还可以进行深刻的了解。

 以中日女性为话题研究的人应该比较多,在我们的日常生活中中国女性也是最常接触的,但是对于日本女性还是不怎么了解,这对大家来说基本上就是全新的知识吧,主要通过中日的家庭观念,女性地位,生活习惯开始分析,之后再引申到婚姻状况,社会因素等,达到对她们的深刻了解为目的的。

关键词:中日 女性 异同

目次

はじめに…………………………………………………………………………1

1-1 本研究の目的………………………………………………………………1

1-2 本研究の方法………………………………………………………………1

第一章 家庭で中日の女性の地位………………………………………………1

2-1 家庭になける………………………………………………………………1

2-2 女について…………………………………………………………………2

2-3 中国と日本の女性の地位…………………………………………………3

  1.  家庭観の相違……………………………………………………………3

3-1 家庭観………………………………………………………………………3

3-2 中日結婚適齢期の女性の意識……………………………………………4

3-3 中日女性の結婚に関する調査……………………………………………4

  1.  多国籍の婚姻…………………………………………………………5

4-1 中国と日本の文化の違い…………………………………………………6

4-2 中国の女性の日本になける家庭生活……………………………………6

4-3 育児の相違…………………………………………………………………7

第四章 中日女性結婚観のなりゆき……………………………………………7

5-1 中日両国の離婚率…………………………………………………………7

5-2 中日の女性は離婚の見方…………………………………………………8

5-3 社会の発展…………………………………………………………………9

おわりに…………………………………………………………………………10

はじめに

1-1 本研究の目的:
私たちは日本語を専門として、中日両国における女性の基本的な家庭観の相違点に関することを勉強した。日本は女性の地位が家の中に低いで、明らかな家長制度があっている。そして、中国の女性の地位はだんだん向上しているなどのことを知っているが、どうして日本の女性の地位は低いか。また、どうして中国の女性の地位は向上しているか。
私たちは中国の離婚率が高くなってきたのことを誰でも知っているはずである、しかし、日本の離婚率はずっと低いだ。それはそれぞれの家庭観の相違と関係があるのだろうか。そして、女性の観念の影響が大きいと思う。その原因は、知っている人は少ないようではないかと考える。本研究を通じて、私たちに中日の女性の家庭観の相違を更に了解して、その中の原因もわかって、日本の文化に対して更に深く理解 したいと思う。

1-2 本研究の方法:

私は林惠が書いた『見失う東京』を読んで、中国の女性が日本の家庭で生活のことはすこしわかった。中日の女性の家庭観の相違をもっと研究していきたいと思う。そして、インタネットや、学校の図書館や、書籍や、雑誌などで関系资料を探してみたい。中日の家庭観の相違と女性の地位の相違と中日伝統文化の相違から取り组んでいきたいと思う。それから、これを伏線にして収集した例文を分析しながら、自分の言葉で論述してみる。最後、考えを整理して論文の大要を構想してまとめる。

第一章 家庭になける

2-1 家庭について

 家庭は人間社会の基本的な細胞だけでなく、個人の精神的な生活の頼りでもある。これは結婚と血縁と養子関係による社会組織の基本単位である。

*中国の家庭観の背景:中国の家庭はそのメンバーの尊卑関係、依存関係、家法倫綱などを重視する。古代の三綱は:君は臣の綱、父は子の綱、夫は妻の綱ということである。それに、古人は陰陽の意味と天意を添付してその尊卑関係をさらに詳しく述べている。この格付けは純粋な人倫関係の道徳規範である。中国の家庭の構造は父と子の関係を主として、「代々血統を継ぐ」と「受け継ぐ人がいなければいけない」のために、姓と家係図を特別に重視しているのである。

*日本の家庭観の背景:日本と中国はともにアジアの東に位置する。何千年の間、両国は文化交流を通じて、たくさんの類似点がある。日本では、家族制度は家父長制、長子相続制とシミュレートされた血縁制を基礎として、どこにでも「男権」を体現している。日本の伝統的な考え方で、家業が守られる必要がある。しかし、必ずしも血縁関係がなくて、家の名義の下に、保護する能力を持つ人でもいい。中国は、これと違い、血縁関係に対してとても重視しているようである。

2-2 女について

 アメリカの一人のカメラマンが顕微鏡で女性の膣内を写真に撮ったのを見て、それは美しい海底の世界である。サンゴの上に繊細で柔らかい海藻はゆっくりと漂っている、おびただしい数の「オタマジャクシ」は我先にと必死に泳いでいき、それらの目標はすべて人間の生命細胞を含む「星」である。この放射状の光に囲まれた眩しい星は、まるで「高嶺の花」の姫様みたいのである。「オタマジャクシ」の頭部に光をかすかな輝かしていて、これは人間の雄性の精華である。その時、彼らは「命の核心」を困難に動かして、偉大な使命を行っている——これは「命を作る」のである。

 この絵は命になる最も原始的な瞬間を描いた。だから、「命を作る」という遺伝子工学は女性が永遠に待つこと、男性が勇敢に突進することに分かれてるのであろう。

 

2-3 中国と日本の女性の地位

*中国の女性:何千年の間、封建制度では中国の女性は長い間付属の地位に置かれていた。独立人格や独立意識などが喪失して、政治経済の地位も卑しかった。中国の伝統的な社会で、男女の関係はアンバランスであった。しかし、建国して以来、中国の女性の地位はめざましく向上している。家庭では、昔からの「親の命令、仲人の言」から「愛情至上、婚姻自由」に変わって、「男は仕事、女は家事」の現象も普遍的になっている。

*日本の女性:明治時代以前、日本の歴史の上で、女性天皇は政権を得たことがある。しかし、中国の封建思想が日本に伝わるのに伴い、男尊女卑の思想が根強くなった。男性は上で、女性は付属の地位になってしまった。それで、夫は家事をやらず、全身的に事業と仕事に集中することができた。日本の女性のおかげで、戦後日本の経済のテークオフの列車をやっと駆動された。男性を主にとして日本のスタッフは「勤勉、剛毅」という名前は、世界にでも知られているのである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接