分析日本教育中的“张”与“驰”(日本の“詰め込み教育”と“ゆとり教育”)毕业论文_日语毕业论文

分析日本教育中的“张”与“驰”(日本の“詰め込み教育”と“ゆとり教育”)毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

近几年,教育问题成为了日本一大社会问题。为了培育人才,日本曾经实施注重知识灌输的填鸭式教育方法。填鸭式教育随着日本社会的发展,渐渐变得不再符合日本国情,最终导致了校园暴力,校园虐待,逃课,差生掉队等问题。这不仅仅是学校教育的问题,在普遍发生之后变成了大的社会问题。随着问题的发生,日本开始讲填鸭式教育转化为素质教育。可是,最近,素质教育也受到了来自社会各界的批判。大家普遍认为,素质教育导致了学生的学力低下。因此,填鸭式教育的呼声又渐渐高起来。填鸭式教育和素质教育,究竟哪一项更符合日本的现状。本文将通过填鸭式教育和素质教育的对比,分别列出两方的优缺点,然后对日本的社会现状进行分析,判断出哪一方更有优势。

关键词:填鸭式教育、素质教育、优点、缺点

目   次

はじめに………………………………………………………………………………1

1.1研究の意義…………………………………………………………………… 1

1.2本論の研究方法と目的…………………………………………………………1

第一章 詰め込み教育………………………………………………………………1

2.1詰め込み教育の定義……………………………………………………………1

2.2詰め込み教育の背景……………………………………………………………2

2.3詰め込み教育のメリット………………………………………………………3

2.4詰め込み教育のデメリット……………………………………………………4

第二章 ゆとり教育…………………………………………………………………5

3.1ゆとり教育の定義………………………………………………………………5

3.2ゆとり教育の背景………………………………………………………………6

3.3ゆとり教育のメリット…………………………………………………………7

3.4詰め込み教育のデメリット……………………………………………………8

  1. 詰め込み教育とゆとり教育の比較……………………………………10

おわりに……………………………………………………………………………10

謝辞…………………………………………………………………………………12

参考文献……………………………………………………………………………13

はじめに

1.1研究の意義

「人は教育によって人間になる」と言う言葉を聞いたことがあるか。なぜ教育が欠けてはならないのかという問題について、イマヌエル・カントはこう述べた。人間らしく生きるために教育が必要だと言う意味である。したがって、人間にとって教育は欠かせないものだと思われる。

教育問題が近年、日本社会で大きな問題になっている。教育は個人の成長に大きな影響を与えると同時に、社会の文化や経済、政治などにも大きな影響を与える。教育の方法によっては、個人にさらには社会にもその教育に相応する影響を与えるようになる。したがって、教育の方法は極めて重要だと言える。

1.2本論の研究方法と目的

人材を育成するために、日本における教育はもともと知識を偏重する詰め込み教育であったが、結果として、校内暴力、いじめ、登校拒否、落ちこぼれなどの問題が発生した。学校レベルの問題ではなく、社会問題となった。様々な問題が発生するに従って日本はゆとり教育の見直しを始めたのである。しかし、最近、ゆとり教育も批判されることが多くなっている。ゆとり教育は学生の学力低下を引き起こすと言われている。詰め込み教育とゆとり教育と、どちらが日本の現状にもっとふさわしいものであろうか。

本稿では、筆者が詰め込み教育とゆとり教育を比べ、それぞれの優劣を付けたい。そして、日本の社会現状を分析し、一番ふさわしいものを見つけてみたい。

第一章 詰め込み教育

2.1詰め込み教育の定義

ウィキペディアでは、詰め込み教育を、機械暗記による知識量の増大に比重を置く、あるいは知識の増大を目指す教育方法とされるが、多量の勉強による基礎学力の早期習得を目指す教育や、短期間にできるだけ多くの事柄の学習を目指す教育のことを指す場合もある(後者の場合、知識の増大に比重を置いたり、目標とするとは限らない)と説明している。

「三省堂 大辞林」では、詰め込み教育を学習者の興味や理解能力を無視し、知識の機械的な記憶に重点の置かれる教育だと定義している。

もっと簡単に言うと、知識をひたすら頭の中に詰め込む事に力点を置いた教育と言える。

2.2詰め込み教育の背景

どこの国においても、教育政策は大体学生の人数と社会的需要量によって決まっているであろう。

日本の教育政策の大部分は学生の人数急増急減対策でもあった。第二次世界大戦後の1947~49年、日本は出生率が急に高まった時期であった。表1は、1947年から1949年までの出生数と人口増加率(人口1000対)を示している。この頃は第一次ベビーブームと言われている。

表1(1947年から1949年までの出生数と人口増加率(人口1000対))

出生数

人口増加率(人口1000対)

1947年

2,678,792

1948年

2,681,624

1949年

2,696,638

21.4%

(戦後昭和史)

1948年度に中等教育では戦前の3種類の学校(中学校、高等女学校、実業学校)のかわりに、新しく高校が誕生した。高校を卒業した者は全て大学入学試験を受ける資格を有することになった。この結果、高校入学希望者と大学入学希望者が急増した。

1947~49年の間に生まれた子供は同じ時期に一緒に大量に入学した。彼らが大量に入学した結果、学生の人数が急増になった。図1は高校、大学進学率の推移を示している。図1に示すように、1960年代には、高校入学試験と大学入学試験の競争が凄く激しくなった。

図1

それに、1950年代半ばには、日本経済は急速に復興していた。当時の高度経済成長下において高い教育水準を背景に均質かつ従順で質の高い労働力を育成する必要があった。戦後教育は、「科学技術の発展についていける人材を養成すべきだ」という声から、学習内容増強に邁進してきた。少なくとも1970年代まで日本では詰め込み教育がずっと実施されていて、その実際的な社会的効果も明らかであった。

2.3詰め込み教育のメリット

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接