论日本的便利店的过去,现在,未来 日本コンビニの過去、現在、未来毕业论文_日语毕业论文

论日本的便利店的过去,现在,未来 日本コンビニの過去、現在、未来毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

1974年日本型的7-11第一号便利店在东京江东区丰洲开店以来,经历了不到40年的时间就取得了卓越的发展。但是,现在的便利店因为少子高龄化等一系列的问题,处于低迷状态。

本论文主要探求便利店过去成功的原因,提出现状出现的问题,在探讨便利店未来的同时,归纳与总结相应的对策。我觉得不仅对于日本,特别是发展中国家具有十分重要的参考意义。其中,关于日本便利店海外市场的中国该采取怎么样的对策,我围绕中国的国情,提出了自己的意见。

关键词: 便利店 成功 问题 未来 中国市场

目   次

はじめに………………………………………………………………………1

第一章 コンビニとは

 1-1コンビニの定義………………………………………………………1

 1-2コンビニの歴史………………………………………………………2

第二章 コンビニの過去:成長奇跡

 2-1コンビニの社会要因…………………………………………………3

 2-2コンビニの内部要因…………………………………………………4

第三章 コンビニの現在:成熟期と問題期

 3-1コンビニと生活………………………………………………………6

 3-2店舗数と売上高………………………………………………………6

 3-3問題点…………………………………………………………………8

第四章 コンビニの未来:衰退期か、新成長か

 4-1国内市場への対応……………………………………………………9

 4-2海外市場への対応(中国市場を中心に)…………………………10

おわりに…………………………………………………………………………12

謝辞………………………………………………………………………………13

参考文献…………………………………………………………………………14

はじめに

 留学する前に先生の留学経験から「日本のコンビニはとても便利だ」とよく聞いたが、日本に来ると本当にそう実感した。突然に生活用品が必要な時も旅行する時もコンビニは本当に欠かせないものだと思う。コンビニエンスストアは小売業としては“遅れてやってきた”業態である。だが、追い上げるスピードは急ピッチだった。コンビニ勢力の調査結果によると、2013年1月まで、日本トップの各チェーン店総数は、セブンイレブン14,807軒、ローソン11,151軒、ファミリーマート9,182軒、ミニストップ2,154軒であった。現在、コンビニエンスストアはすでに私たちの生活の一部分になり、便利さを目指している。しかし、コンビニ業界が低迷してきたという話を聞き、遂にその成長神話にも終止符がついているのであろうか。競争激化によるコンビニ市場の飽和説、少子高齢化と消費者の低価格志向といった問題などで、コンビニ危機説が出てきたのも事実のようである。

日本のコンビニの過去と現在を研究しておくことは、つまりコンビニの成功する要因と現状を分析して、良い未来を探究することで、日本に限らず、他の国、特に発展途上国には非常に意味があると思う。中国は日本コンビニの海外市場の一つとして、進出される時に参考になれるであろうと思う。

本研究ではまず、コンビニを定義し、コンビニ誕生からの歴史を振り返ってみる。次にコンビニの発展の社会環境とコンビニ自身、この二つの立場からコンビニの成功する原因を明らかにする。そして、コンビニの現状を紹介し、問題点を提出して、新しい対策をまとめる。その中で特に中国への進出を中心として、今後の課題を検討してみようと思う。

第一章 コンビニとは?

1-1コンビニの定義

 コンビニとは、名の通り利便性を提供する店である。コンビニについて調べるにあたり、いくつかの異なる定義付けがされているので、その主なものを挙げることにする。

 経済産業省の「商業統計表業態別統計編2002年改訂」では、飲食料品を扱って、売り場面積が30平方メ-トル以上250平方メートル未満、営業時間が14時間以上のセルフサービス販売店をコンビニと定義付けている。セルフ方式とは、売り場面積の50%以上でセルフサービス方式を採っているものをいう。商業統計表の調査は5年に1回行われており、小売店すべてを対象にした調査である。

 一方、日経流通新聞が毎年実施している「コンビニエンスストア・ミニスーパー調査」では、売上構成比のうち生鮮食料品が30%未満で、営業時間が14時間以上、売り場面積が250平方メートル未満を中心とするチェーン店をコンビニと定義している。

 また、MCR(マニュファクチャラ-・コンビニエンス・リサ-チャ-)のでは、次の7項目に合致する店をコンビニを定義している。

 1売り場面積が60平方メ-トル以上230㎡未満の小売店であること。

 2酒類・菓子類を含む広義食品の店頭売りシェアが総体の50%以上であること。

 3酒類、生鮮食品、菓子、ファ-ストフ-ド、弁当類および非食品のうち、どの部門店頭売りシェアも総体の60%以下であること。

 4一日14時間以上、年間340日以上の営業であること。

 51500品目以上の商品およびサ-ビスを扱うこと。

 6独特の省力型、機能型、モ-ド型、防犯型のコンビニ店舗形態をとること。

 7チェ-ン加盟の有無、他業態との結合の有無は問わない。

1-2コンビニの歴史

世界で最初のコンビニエンスストアが生まれたのは1920年代後半のテキサス州である。1927年にサウスランド・アイスという会社は、氷を売ると同時に日用雑貨や食料品も販売し、毎日営業を始めたのはコンビニの発展のルーツだと言われている。この店の営業時間は朝7時から夜11時までになっているので、「セブンイレブン」と名づけられた。

イトーヨーカ堂の事務開発室メンバーであった鈴木敏文氏が、第一次大規模小売店舗法の打開策を講じるため流通先進国である米国の視察を行い、その中で「7-ELEVEN」と言うコンビニエンスストアの存在を知った。その後、1973年に株式会社ヨークセブンが設立され、1974年には東京都江東区に日本型セブンイレブン第1号店の豊洲店を出店した。

 セブンイレブンの開業をもって「日本のコンビニの始まり」とされるのが多いのである。この後、1975年にローソン、1976年にサンチェーン、1977年サンエブリー(現デイリーヤマザキ)が誕生した。ただ40年ぐらいの時間、コンビニ業界がめざましい発展を遂げた。

第二章 コンビニの過去:成長の奇跡

2-1コンビニの社会要因

*経済的な要因

 関東学院大学哲也・ゼミナール(2007)によると、経済的要因を下述のようにまとめる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接