关于中日亲族称谓的异同毕业论文_日语毕业论文

关于中日亲族称谓的异同毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

亲属称谓的研究历来受到中日两国学者们的重视。无论是语言结构上还是文化差异上,与我们有很大程度上的不同。这些都是值得我们去探讨的问题。随着中日频繁交流的现在,这一方面的问题也越来越受到关注了。本文以形态上及文化差异这两方面为切入点,拟通过设定标准来选定研究范围,以此来探讨中日亲族称谓的异同。

本文基于陈露、王文静、刘柏林等人的先行研究,先从语言结构上进行比较, 依次按照直系亲属称谓的异同、兄弟姐妹及其配偶子女的称谓异同及父母的兄弟姐妹及其配偶子女的称谓异同这几个角度来进行语言结构上的不同。

其次是从文化差异的角度来分析异同分别从上下等级观念、内外意识以及对于家的定义导致的文化差异在此基础上分析文化差异导致的结构,并分为几个类别一一探讨。

因此笔者认为在中日异文化交流中,可以减少亲族称谓引起的文化冲突。

关键词:亲族;异同;文化差异;称谓

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2

    1. 呼称に関する先行研究 2
    2. 文化的ズレに関する先行研究 3
  2. 概念規定および題材の収集方法 4

    1. 概念規定 4
    2. 題材の収集方法 5
  3. 言語構造ズレ 7

    1. 直系親族を表す親族呼称 7
    2. 兄弟姉妹とその配偶者子孫の呼称 8
    3. 両親の兄弟姉妹とその配偶者子孫の呼称 10
  4. 文化的ズレ 13

    1. 「目上」と「目下」の意識 13
    2. 「内」と「外」の意識 14
    3. 「家」の定義 15

おわりに 错误!未定义书签。

注 釈 18

参考文献 19

謝 辞 21

はじめに

日本語と中国語とかなり間違うな点はたくさんあるので、今回は「日中親族呼称の異同について」のテーマで研究している。日本語は父親、母親、子供という中心としての「核家族」を作ている。それ以上は目上と目下の観念で親族名称である。中国語では親族の関係はそんな簡単のではない、一般的は「父系」と「母系」その二つの種類でその根で多くの支えて大家族を繋がっている。その別称は「宗亲」と「外亲」と呼ばれる。ですから中国語のほうは「祖父母、おじおば、いとこ」について、親族全員それぞれ違う対象としてはっきり区別される。しかし日本語はそうではない、「イトコ」は,男性も女性もこういう呼ばれる。一体男性なのか,女性なのか一体お姉さんなのか妹なのかどちがとよく考えている。また「祖父母、おじおば」もそれも具体的で男系の方か女系の方か日本語の中に明確な区別いないである。それも「おばあさん」と呼ぶ時、聞いただけでは区別できない日本語は父系と母系の意識はないで、はっきり分かるのはあの時の会話とその相手と考えただけで考える。それは私たちにとってはかなり難しいことである。

そのため、本稿ではこのぐらいの点の理論を検討して、呼称から文化的ズレまで分かりやすい方法で説明することを目指す。

  1. 先行研究

日中親族呼称の異同についての先行研究は少ない。あるのは理論とその間す る研究である。本文では呼称と相手の立場からその両面を研究することである。

呼称に関する先行研究

王文静(2012)では、時代の移すについて、中日両国は今「核家族」「小家族」のような家族名称も変化が生じると思う。その中心として伊藤加奈子

(2017)は日中両方で比較する時といった中国語においては言葉の表現がもっと有効に活用されている。熊娟(2007)についての研究には中日親族名称システムの比較ということ言った。一般的に直系親族の名称、兄弟姉妹とその配偶者子孫の名称、両親の兄弟姉妹とその配偶者 子孫の名称、祖父母の兄弟姉妹とその配偶者 子孫の名称、配偶者とその血族の名称この五つの点で詳しくで説明している。見ている通り日中親族呼称はかなり違うなところは多い。中国語は「ウチ」と「ソト」は「父方 同姓」と「母方 異姓」となり、血統あるいは姓の異同が境界線になっている。その詳しい程度は李晋荃(1997)と邱建钰

(2007)と言った、马莹(2003)はその以上人称の違ってまたほかの方式で話し出している。程放明(2001)もそう言って日本語はこのほうはそんな意識しない。両方でもいい。王文静(2012)も「中国語の親族名称において、二次的語の比率が多い。「母」「妈」「父」「夫」などの語根造語力が強くて、常に他の言語単位と一緒に使われる。「堂」「外」「表」「内」によって、表現する系統が異なっている。中国の親族呼称は常に「排行」を使って長幼の秩を守る。」こういった。日本語にとって中国語の方法はかなり難しいである。陈佩秋(2002) は日本留学生は最初中国にくる時親族呼称はよく覚えていなかった、とてもにくい。そして使い方が違う時他人に悪い印象になっている、よく悩んでいる。確かに中国語のシステムは複雑である。そしてとても重要である。盧万才

(2009)は、正しい親族呼称はとても重要である、その上に会社とかいろんなな場合にも使っている。

文化的ズレに関する先行研究

日本人の人間関係は「ウチ」と「ソト」にしており、その以上で「目上」「目下」の意識はよく見られる。陳露(2001)では、日本における両者はむしろもうできるようである。中国では劉柏林(2001)では、中国は特有の宗族・家族制度の長い歴史がある。その中で血縁・親族関係と序列を重視することも分かっている,その「目上」「目下」の関係を細かに反映する呼称語が非常に発達し,重んじられてきた。とても複雑だとも見られるがしかし時代の変化に伴って言葉の使い方も変わってゆくもある。ハルナザロフ・マムルジョン(2017) もそう言う。.王文静(2012)では、中国に比べると、日本の「家」制度にとって、血縁関係を重視しない、集団意識が強い。その「家」制度祁春花(2013) も言う。その観念はとても深い。そしてその以上また「ヨコ」と「タテ」の観念も持っている。そして藤井洋子(2011)と方经民(2001)では、その意識さらに一人称詞、二人称詞とその立場を注意されている。日本語と中国語は文化的ではかなり違う点が多いので逢萌佳(2010)もそういう。留学生にとって中国語の親族呼称学ぶことは難しい。それも文化的な原因である。

概念規定および題材の収集方法

2.1 概念規定

      1. 概念の定義

親族呼称は私たちにとって欠かせない存在で、日常茶飯見たいで大切な言葉 である。時代の発展に伴って人类の繁殖は多くの変化になっておる。そしてそ の親族呼称は人類の社会的属性や人間関係の価値観を反映し、その社会の文化, 政治的背景,伝統,習慣と密接な関わりを持っている。とても複雑な問題であ る。それ一体何のことは正直正しい答えはいない。しかし、その親族呼称は我々 にとって大切な重宝である。この観念はずっと我々の心の中に根を付いている。日常のコミュニケーション活動においては、 面談にしろ 、電話にしろ、書簡にしろ、人を呼称することは欠かせない。その呼称には人類の文明となう違う ところもある、その上、日中両国の文化の違いので、親族関係の表現には対応 語を考えることができるものもあるし、できないものもある。

      1. 親族呼称の特徴

日本語の親族呼称がある形態である。

1

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接