《哥儿》中文译本的比较与研究——以林少华译本和陈德文译本为例毕业论文_日语毕业论文

《哥儿》中文译本的比较与研究——以林少华译本和陈德文译本为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

哥儿作为夏目漱石早期代表作之一,不仅是在日本,在中国也被广泛阅读, 因此该作的中文翻译版本众多且风格各异。

本文通过引用哥儿中的人物描写句、动作描写句、比喻句跟词汇,来比较、评析与探讨林少华译本和陈德文译本的异同及它们特有的翻译风格。通过比较与评析,发现了两个译本的独特之处。林少华译本运用了较多的四字词语,读起来使人感到更加干脆利落,但由过于注重个人风格所以某些部分稍微偏离原文。陈德文译本出现早于林少华译本,趣味性并不强,个人风格有点欠缺,但对比林少华译本更忠实于原作。两个译本都有自己特有的特征,向我们传达了哥儿这部作品最深层次的感情。

关键词:哥儿;译本对比;词汇;描写句;比喻句

目 次

はじめに 1

  1. 夏目漱石と『坊ちゃん』についての紹介 3

    1. 夏目漱石と『坊ちゃん』 3
    2. 林少華と陳徳文の『哥儿』 4
  2. 文の比較と検討 6

    1. 人物描写文 6
    2. 動作描写文 12
    3. 比喩文 16
  3. 語彙の比較と検討 17

    1. 「なもし」 17
    2. 「妙に(な)」 19

おわりに 21

参考文献 22

謝辞 24

はじめに

夏目漱石(ながつめそうせき、1867minus;1916)、本名夏目金之助、ペンネームは夏目漱石である。日本近代作家で、日本の近代文学史でも地位が高い、「国民大作家」と呼ばれ、代表作は『吾輩は猫である』、『坊っちゃん』、『草の枕』、

『門』、『心』などがある。『坊っちゃん』は、夏目漱石の中編小説で、この小説が書いたのは初めて社会に出る無謀な坊っちゃんが江戸を離れ、四国地方の中学校の数学教師になった一年間に起こったストーリーである。作者はユーモアの言葉と誇張した描写手法を通じて日本の明治の腐敗と暗い教育を批判した。

国内外で『坊ちゃん』の訳文の対比する研究はたくさんあり、主に語彙、センテンス、修辞方法及び翻訳技巧などの 4 つの方面から研究し、また、翻訳方法、翻訳風格、翻訳角度及び違う訳本の対比などの方面を研究し、豊かな研究成果を得った。趙志清の『《哥儿》两个中文译本的比较和评析――以刘振瀛译本和林少华译本为例』は 林少華の訳本と刘振瀛の訳本を比較すると、二つの訳本は選ぶ言葉、センテンスや修辞手法などの面で大きな違いことが発見し、二つの訳本の格調とスタイルで、二つの訳本の異同を述べた。黄鶯の『从词汇翻译看译者的再创造性——以《哥儿》三译本为例』は、文学翻訳の芸術性と再創造性を述べただけでなく、『坊っちゃん』の 3 つの訳本の語彙の翻訳を研究することにより、違う訳者は翻訳の人物の呼称、擬声語、文化の符号などの代表的な言葉を選で、訳本の差異を述べた。李倩の『从《哥儿》的中文译本看风格翻译的对策』は、中国、西洋、日本の翻訳スタイルの理論により、文学ジャンルがどんなものかをめぐり、陳徳文、林少華や劉振瀛の『坊ちゃん』の訳本を比較し、翻訳に対する対策を論議した。海外は『坊っちゃん』の訳本について

の対比の研究が相対的に少しても、長井香奈子さんの『英訳本 BOTCHAN の考察―

「なもし」の対訳 Like について』は、日本語の文脈と英語の文脈との意味、表現の価値、表現の効果などについて、より詳細に研究された。

違う訳本の対比研究を通じて、翻訳理論、翻訳スタイルや翻訳の角度から訳者の翻訳の方法について、且つ翻訳のスタイルや方法から体現する問題や役割を研究した。また翻訳する時、翻訳の要領を注意するだけでなく、翻訳の方法や理論を絶えずに勉強するべきである。しかし、これらの研究では、人物描写文についての研究はない。

本文は、これらの成果をもとに、対照の研究方法を借りて研究することを通じて、『坊っちゃん』の二つの訳本(林少華の訳本と陳徳文の訳本)の語彙やセンテンスを対照し、さらに『坊っちゃん』の人物の描写文、動作、言葉や比喩文を分析研究し、林訳と陳訳の翻訳スタイルの違いところを把握する。『坊ちゃん』の表現する思想や感情をいっそう深く理解し、翻訳活動をもっと順調に進行することができること、更に中国で日本文学作品の伝播を促進することにより、中日両国の文化交流を促進することを望む。『坊っちゃん』に表現された社会背景や感情をいっそう深く勉強して研究することを通じて、翻訳活動をもっと順調に進行することを启発する。

夏目漱石と『坊ちゃん』についての紹介

夏目漱石と『坊ちゃん』

夏目漱石は日本の近代作家であり、日本の近代文学史に大きな地位を有し、

「国民の大作家」と呼ばれている。彼は西洋の文化も造詣が高いため、英文学者であり、また俳句、漢詩文や書道に詳しい。夏目漱石の初期の作品は言葉が鋭く、論理的な視点から社会上の悪現像に疑問と批評を提起し、後期の作品は人心に対する描写に転じ、現代人の心の中の不安や悩みを発掘することに焦点を当てた。夏目漱石の作品を見ると、夏目漱石の創作の傾向は現実主義に偏っており、社会の現実に関心を持ち続け、その社会に対する責任感と謹厳な人生態度を表す。当時の日本では、自然主義が全盛の時代を迎えていたため、夏目漱石の現実主義の作品は、当時の日本社会の本質にも触れ、その社会の丑悪や利己主義を批判した。

『坊っちゃん』は夏目漱石の初期の代表作の一つで、夏目漱石が 1985 年に松山中学に赴任した経験をもとに描いた作品である。無謀で率直な坊ちゃんが社会に出てから周囲の人との衝突を描いている。物理学校を卒業し、無謀な坊ちゃんが江戸を離れ、四国地方のある中学校で数学教師をした。その一年間、校長、教頭、同僚に排斥され、大人しい一人の先生がのけ者にされることを目の当たりにした坊ちゃんは、最后に若い教師の一人と一緒に卑しい人たちを懲らしめた後、江戸に戻った。作者はユーモアな言葉、一人称の視点及び他の人物との会話を用いて、坊ちゃんの正直さ、情厚く、豪快で無謀な性格を描くことに成功し、生き生きとした坊ちゃんのイメージを形作ることに成功した。

夏目漱石が『坊っちゃん』を創作する時は明治維新の時期にあって、しかし

日本の明治維新の変革は、王政複古の形式をして行うので、封建の性質を持っているので、新しく成立した明治政府、実際には独断主義の天皇制政府である。

『坊っちゃん』は巧みに教育制度の中の封建に矛先を向ける。

林少華と陳徳文の『哥儿』

林少華、有名な翻訳家、西安電子科技大学の教授で、今は中国海洋大学日本語科の教授である。村上春樹の「ノルウェイの森」を翻訳することで読者に知られた。その後、32 巻の村上春樹の文集や夏目漱石、芥川龍之介、川端康成、井上靖、東山魁夷などの有名な作家の作品を翻訳した。林少華は美しく優雅な文字と日本文学の雰囲気をすばらしく把握することにより、読者から高く評価され、同時に多くの新聞社に招待され、コラムを書いている。また、国内でも著名なコラムニストでもある。『坊っちゃん』は四字語や古代の言葉を多用し、最も短い文字で原文の意味を表現し、比較的に簡潔である。しかし、个人の風格を示すために原文の意味と風格から離れている。

陳徳文は、1965 年に北京大学東語系日本語文学科を卒業した。今は愛知文教大学の教授で、大学院国際文化学科日中文化文学専攻の博士課程教官である。同時に名古屋学院大学、岐阜東海女子大学の客員教授を兼任している。たくさんの日本文学名作を翻訳して出版した。夏目漱石、島崎藤村、川端康成、井上靖、三島由紀夫や宮本輝などの 10 人余りの小説を翻訳し、また、松尾芭蕉、幸田露伴、徳冨、島崎藤村、永井荷風、谷崎潤一郎や東山魁夷のエッセイ集と数百人の日本作家の散編の作品を翻訳した。個人学術著作の『日本现代文学史』や『岛崎藤村研究』や『野间宏研究』出版し、エッセイ集の『私は桜の国にいる』、『花吹雪』、『桜雪月』などを刊行した。陳徳文の翻訳した『坊っちゃ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接