宫泽贤治《猫的事务所》的汉译对比研究——以田建国、黄叶娟、彭懿周龙梅三种汉译本为例毕业论文_日语毕业论文

宫泽贤治《猫的事务所》的汉译对比研究——以田建国、黄叶娟、彭懿周龙梅三种汉译本为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

翻译作为双语交际的媒介,是实现不同语言之间信息交流不可或缺的桥梁。宫泽贤治长于童话创作,被誉为一位“孤高而浪漫的儿童文学巨匠”,在日本文学史上具有崇高的文学地位。他的作品单纯而又复杂,由于译者的不同,作品带给读者的感受也大相径庭。本文通过研究宫泽贤治童话题材作品《猫的事务所》,在这里以中国彭懿周龙梅译本、黄叶娟译本、田建国译本三种译本为例,以信、达、雅翻译基准为指导,通过具体例子的比较分析,总结三种译本的异同和各自特点,并试着分析译者不同的翻译策略。希望日后对想要了解宫泽贤治以及欣赏其童话作品译文的人士有所助益。

本文通过研究宫泽贤治的童话作品《猫的事务所》,首先选定要研究的范围,在这里以中国彭懿周龙梅译本、黄叶娟译本、田建国译本三种译本为例,分别从名词、动词、形容词、形容动词、拟声拟态词翻译等几个方面来进行汉译对比研究,通过具体例子的比较分析,在一定程度上探究对于宫泽贤治童话文的翻译方法,并指出在翻译其童话作品时需要注意的地方。

关键词:宫泽贤治;童话;猫的事务所;汉译;词汇;对比

目 次

はじめに 1

先行研究 2

  1. 宮沢賢治『猫の事務所』について 5

    1. 宮沢賢治の紹介 5
    2. 宮沢賢治の童話創作 5
    3. 『猫の事務所』の紹介 6
  2. 『猫の事務所』に関する三つの訳本の紹介 8

    1. 彭懿周龍梅訳本の紹介 8
    2. 黄葉娟訳本の紹介 8
    3. 田建国訳本の紹介 8
  3. 宮沢賢治『猫の事務所』の訳本異同点を比較的に研究すること 9

    1. 名詞から見る異同点の分析 9
    2. 動詞から見る異同点の分析 12
    3. 形容詞から見る異同点の分析 16
    4. 形容動詞から見る異同点の分析 18
    5. 擬声語、擬態語から見る異同点の分析 20

おわりに 24

参考文献 25

謝 辞 26

はじめに

はじめに

宮沢賢治は童話作家として日本において非常に有名である。彼はいつも人生のささやかなことを上手にとらえて描写や風刺をする。彼の生涯にたくさんの美しくて、魅力のある童話を作り出した。

宮沢賢治の文学作品は、神、人、鬼、植物、動物を自然に溶け込ませ、更に濃厚な宗教哲学、仏家思想、及び声文字、鮮やかな笔法で作った。日本人の心の中に、宮沢文学にとって代わってはならない地位を持っている。宮沢賢治はさまざまな世間の姿を見せ、人々の前に現れた。しかし、彼が残した最大の遺産は、清新で素朴で、いくら読んでも飽きない童話だ。そして、童話は分かりやすく、内容が生き生きとしていて、翻訳されやすい。中国では、宮沢賢治の童話作品『猫の事務所』についての多くの訳本があり、本文は主に中国の三種類の訳本、彭懿周龍梅訳本、黄葉娟訳本、田建国訳本を考証して、原文との対照を主要手段にそれぞれ、名詞、動詞、形容詞、形容動詞、擬声擬態語などいくつかの面から対比研究を比較分析し、三つの訳本の相違点とそれぞれの特徴を総括する。それに、童話作品を翻訳する際に気をつけなければならない点を指摘して説明する。

先行研究

宮沢賢治『猫の事務所』について

国内部分:

中国の学者王静は宮沢賢治の『猫の事務所』に描かれた童話を探り、かま猫がいじめられた原因を深く研究した。文章で事務所の解散は、この作品を研究する中心的な問題だった。かま猫がいじめられた原因を解読し、最後に獅子が事務所を解散することを考えさせられる。

しかし、宮沢賢治の童話作品『猫の事務所』の翻訳方法を漢訳対比で検討した文章はまだないので、子どもの絵本の翻訳問題についての研究結果を次のように整理した。

中国の学者朱亜輝は、現在で中国の児童絵本翻訳モデルは、主に商業翻訳モデルを採用していると表示した。翻訳者は多いが、レベルがまちまちで、協力型翻訳が芽生え始めた。児童絵本の翻訳戦略に関するシステム研究はまだ展开されていないが、ケースごとに一般的な翻訳を基本とする。輸入・翻訳した児童向けの絵本が市場を獲得したが、翻訳の質はやや低かったものである。そのため、翻訳者は児童の成長に役立つ素材を選ぶべきである。出版社は絵本の品質と経済効果との関係をバランスし、児童絵本の繁栄と発展を促していくべきである。

中国の学者である張一穎は、外国の児童絵本翻訳が出版する本土化戦略研究で、外国の児童絵本出版は本土化戦略を強調する必要があると指摘した。「児童のため」の出版のガイドを強調し、本土化と体系的な出版の理念を形成し、多元化と自主性が共存する出版構造を構築してこそ、外国児童絵本の翻訳の出版レベルは全面的に向上することができる。

中国の学者劉悦はまた、「現在、中国の児童絵本の翻訳研究はまだ初期段階にあり、児童文学の翻訳が成人文学の翻訳よりはるかに難しくて、児童絵本の翻訳作業が児童文学の創作に溶け込み、児童向けの言語を採用すべきだ」と付け加えた。

中国の学者唐明利は翻訳目的論の視点から児童絵本の漢訳研究の結果を表明した。翻訳は一つの交流任務であることが、この任務は簡単ではない。机能主義の翻訳目的論は児童絵本の翻訳のために強力な理論の指導を提供する。翻訳者は翻訳の過程では、子供の基本的な言葉、思考の発展レベルを考慮し、わかりやすい言葉を使って、畳音語、擬声語を増やすことを求めている。それらの言葉の使用は、原文の長い文や引用を活用し、比喩や擬人などの修辞手法を用いて、絵本のおもしろさや可読性を高める。

海外部分:

日本人学者米地文夫は主に猫の事務所でいじめられてリアルな政治世界、民俗世界と宮沢賢治の内面世界を深く分析し、宮沢賢治が童話を作った背景と目的を研究した。作品の長所と短所についての例示と簡単な分析から、研究の参考価値を提供してくれた。日本の学者遠藤祐も宮沢賢治の架空の童話文学作品を深く分析し、自分の思考と観点 を表した。文章全体の着眼点は、文末が「ぼくは半分獅子に同感です。」と表現したことにある。そして、当時賢治がこの童話を作った現世の背景を結びつけて、私たちはもっ

と多くのことを考えさせられた。そこから多くの「教訓」を引き出し、仲間からの威圧、上司からの不条理、自分からの弱さなどは、時代の共感を呼ぶことができる。

海外で宮沢賢治の『猫の事務所』の研究に関する文献が非常に少ないが、総合整理の国内と海外の研究は、宮沢賢治の作品の漢訳対比研究に対して一つの新しい挑戦と試みだ。本稿は中国の三種類の訳本の翻訳方法と翻訳策略を分析し、賢治文学に興味を持っている人々に一部参考と指導を提供することができると思う。

中国の訳本について

『猫の事務所』についての中国における翻訳現状:

彭懿周龍梅訳本

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接