東大阪市の中小企業の産業集積についての研究毕业论文_日语毕业论文

東大阪市の中小企業の産業集積についての研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本中小企业的数量占据总企业数的 99%和总从业人员数量的 70.2%,具有压倒性的分量。本论文以国内具有代表性的产业集聚地区为分析对象,时至今日, 虽然经历了日本泡沫经济的破灭和长达 10 余年的经济萧条,日本东大阪市原有的集聚优势非但没有削弱,反而以非凡的集聚完善和提升能力,赢得了充满魅力的制造业街区的美誉。本论文立足于整体的分析,东大阪市具有其独特的地理及悠久的历史优势,形成产业集聚后,凭借产业间的网络联系和不同业种之间的交流融合,以其独特的发展性人才培育模式,形成不易被模仿和取代的竞争优势。同时,本文也将探析推进一般产业集聚成长的构成要素,为我国中小企业的发展提供借鉴。

关键词:东大阪市;中小企业;产业集聚;启示

目 次

はじめに 1

  1. 本文研究目的、内容及び研究意義 3
  2. 東大阪市の特徴及び現状の分析 4
    1. 業種別事業所数 4
  3. 東大阪市における中小企業産業集積の形成 6
    1. 東大阪市の地理 6
    2. 東大阪市における産業集積の歴史 6
  4. 産業集積の役割 9
    1. 独自の企業ネットワーク 9
    2. 異業種交流グループ 9
    3. 人材育成 12
  5. 中国の中小企業への示唆 14

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 19

はじめに

日本において中小企業は全企業数の 99%、全従業員数の 70.2%を占める圧倒的な勢力となっているものの、付加価値額シェア(53.3%)や売上高シェア(47.2%) では見劣りしている。産業集積地域では、様々な業種や規模の企業が集積し、相互に競争、協調的な関係を形成する。集積の規模が量的に拡大したり、情報手段や運送手段の発達によって集積のネットワークが広域化するにしたがい、競争、協調的な関係はより広がっていく。そして、集積内では、競争、協調的な関係を通じて、個々の企業、さらに集積全体の技術レベルの向上、受注可能領域の拡大、創業、事業転換の促進を可能にする。

東大阪地域は、国内商品流通の一つの中心地であり、海外取引の窓口的な役割を担う大阪を隣接地に持ち、大阪を介して様々な経済活動を国内外から受け、供給してきた。

今まで、日本東大阪市の中小企業の産業集積に対して我が国研究者の研究は少ない、白雪洁(2006)によると、東大阪市の中小企業の集積は地理的の優勢と政府の支持に凭れてネットワークを形成し、その他、外部環境への適応(雰囲気と環境の学び、融合ルート)、独特の競争優位の創り出し(競合の圧力と動機、融合ルート)と良い環境のつくり(多元化支援体系、魅力的な資源)という三つの能力があるため、産業集積の成長の内容を論じた。刘焱(2008)は東大阪機械製造業を例として、我が国の基礎工業の集積と発展の道を分析した。東大阪市はその地理と歴史の優勢を利用し、工業化が急速に発展させ、企業組織と工業生産モデルは巨大な変化になった。企業間の専門化の分業が明確して、生産合作になって、地方の産業集積の優位を実現した。それで、中国の基礎工業には

産業集積の機能地域、健全な合作ネットワークを築き、地元商品の研究開発と組織構造を更新するという示唆があった。

1 本文研究目的、内容及び研究意義

現在の経済環境の下で厳しい状況にある企業が少なくない。新たな需要をどのように開拓、創造していくのか、展望がなかなか見えてこないという点で満足できない。

そこで、中国は改革開放政策の後、産業集積現象が見られるようになった。ところが、現在、中小企業にはいろいろな問題がある。資金が融通しにくかったり、イノベーションが難しいくなったり、組織内部の管理は効率的でないという問題点である。また、人材不足の問題も深刻である。

ところが、日本の東大阪市に目を転じてみると、東大阪市の中小企業は、これまでも産業構造の変化に対応して需要をシフトし、新たな市場を開拓し、公判で多様な需要分野を持つ産業構造を形成してきた。その独特の地理的歴史的に有利な環境を活用し、中小企業の高度な集積を可能にした。産業が集積された結果、独自の企業ネットワーク、異業種グループ間のコミュニケーションが生まれたほか、独特な人材育成もなされている。

東大阪市に見られる成功例を分析し、その原因を解明し、日中両国の発展モデルとを結びつけて比較研究し、現在中国の中小企業が抱えている問題に対して、何らかの寄与ができればと思っている。

2 東大阪市の特徴及び現状の分析

東大阪地域の産業集積は、伸線、ねじなどの地場産業または地場産業と深く関わって発展してきた業種と、戦後大きく成長した家電や金属加工機械といった業種を中心に構成されている。機械金属工業の全体的な拡大の中で、中心、零細企業は、自社の製品、生産技術を活かしながら、受注先の業種を転換または拡張することで個々の機械金属工業の縮小を克服することが可能であった。しかし、バブル崩壊後、機械金属工業の多くが縮小し、そうした対応に限界があることが明白となった。下図 1 は平成 24 年東大阪市の業種別事業所数についての経済センサス活動調査の結果である。

1 業種別事業所数

東大阪市の平成 30 年市政運営方針によると、モノづくりのまち東大阪として国内で広く知れ渡っておる。高度成長期には、交通の要衝である本市の特性を活かし、大阪機械卸業団地や大阪金物団地など、各企業団地を始めとする卸売

業が次々と立地し、従来からある伸線、金網、作業工具、鋳物などの製造業と結びつき、物流を効率化させながら発展してきた。

東大阪市が持続的な発展を遂げ、活気あふれるまちであり続けるためには、地域経済を支える重要な存立基盤である中小企業が、そのネットワークを再構築し、新たな展開に向けて活発に動き出すことが必要である。大学のまちである本市の強みを生かし、技術的蓄積や先端技術を持つ中小企業と、高度な学識や知見を持つ大学の研究者や研究施設との連携を促し、付加価値の高い製品の創出に結びつける。

3 東大阪市における中小企業産業集積の形成

東大阪市の地理

東大阪市内には、近鉄奈良線、大阪線、東大阪線(地下鉄中央線と接続)、JR 学研都市線が走る。道路網は、阪神高速東大阪線(生駒山を貫通する第二阪奈道路とリンク)や国道 308 号線、大阪枚岡奈良線が東西を、近畿自動車道、大阪中央環状線、八尾枚方線などが南北を貫く。交通の要衝としての位置づけは高く、東大阪流通センターや機械卸業団地、紙、文具流通センターなどが設けられている。1

また、鉄道網の整備については、JR おおさか東線 26 番目の鉄道駅となる「衣摺加美北駅」が 3 月 17 日に開業いたす。これにより本市南西部の交通の利便性

が高まるとともに、令和 1 年春に、新大阪までの延伸が予定されており、さらなる利便性の向上が期待されておる。

東大阪市における産業集積の歴史

東大阪の地場産業の歩みを見ていくが、旧中河内三郡に属する地方は、特に

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接