日本伝統文化産物のゆるキャラの経済効果について——熊本県と愛媛県を例に毕业论文_日语毕业论文

日本伝統文化産物のゆるキャラの経済効果について——熊本県と愛媛県を例に毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在日本,47个都道府县几乎都有自己拟人化的吉祥物,吉祥物通过它们的名字、外表、性格和故事性可以生动地诠释地方的形象与传统文化特色,它们不仅承担着形象宣传的作用,走红之后随之而来的经济效应也相当可观。

本文通过对日本吉祥物的调查研究,分析日本吉祥物对日本当地经济带来的发展。并通过熊本県、爱媛県的具体案例,分析了这二个地方传统文化吉祥物对两个地区带来的经济效益。本文主要由三个部分组成。第一部分调查并陈述了日本传统文化吉祥物的发展历史及发展现状。第二部分通过对熊本县、爱媛县两个地区的具体案例,从它们地区传统文化吉祥物对当地经济发展的效果进行考察。第三部分通过分析传统文化吉祥物在日本受欢迎的原因、在传统文化吉祥物对日本的影响这两方面分析日本传统文化吉祥物对我们的启示。通过本文研究,可以明确传统文化吉祥物是日本经济发展的新要素,中国可以参考这种模式发展本国吉祥物。

  

关键词:吉祥物;传统文化;经济效益

  

はじめに…………………………………………………..2

1日本伝統文化ゆるキャラについて………………………………4

 1.1伝統文化ゆるキャラの発展………………………………..4

 1.2伝統文化ゆるキャラの特徴………………………………..5

2 伝統文化ゆるキャラが経済発展への影響………………………..6

 2.1熊本県のゆるキャラ……………………………………..6

 2.2愛媛県のゆるキャラ……………………………………..7

3 伝統文化ゆるキャラの経済収益からの示唆……………………..10

 3.1伝統文化ゆるキャラが人気な原因………………………….10

 3.2伝統文化ゆるキャラが中国への示唆………………………..12

おわりに………………………………………………….13

参考文献 ………………………………………………..14

はじめに

本論文は具体的なゆるキャラを例にして伝統文化ゆるキャラが日本経済への影響を考察したものである。現在、日本各地で開催される様々なイベントには着ぐるみの姿で、様々な売店にはグッズとして、日常の様々な場面にゆるキャラが見られるようになった。テレビ、インターネットなどのマス・メディアでも常に話題になっているので、本論文はゆるキャラの経済効果を明らかにする意義があった。そして、2010年から日本では「ゆるキャラグランプリ」が恒例行事となり、その中で「くまモン」、「ふなっしー」、「ぐんまちゃん」などを含む人気なゆるキャラがある。本文はゆるキャラグランプリ2011年と2012年の1位を選んで分析してみた。

 先行研究について、日本ゆるキャラに関する先行研究が多い。鄧敏敏と耿聞は『ゆるキャラアイデアマーケティングの旅行目的地』では地域活性化とは、地域が衰えた経済力や人々の意欲を向上させたり、人口を維持したり増やしたりするために行う諸活動のことだと述べた。実は、地域活性化は、世界中どこの国でも重視されている問題である。そのうち、ゆるキャラも一つの方法として活かされている。青木貞茂は『キャラクター・パワー ゆるキャラから国家ブランディングまで』の中で、企業の広告から地方自治体のパブリック・リレーションズにいたるまで、日本では当たり前のようにキャラクターが駆り出されると述べた。おもに世界的に見ても特異な日本のキャラクター文化は、いかに発展してきたのか、キャラクターにはどんなパワーがあるのかなどの問題をめぐって考察した。井手口彰典は『萌える地域振興の行方』の中で、萌えの持つ集客力や話題性を応用し成果を上げようとする地域振興策を紹介し、二つの萌える対象の成立プロセスを「メディア主導型」と「地域主導型」を分け、個別に検討した。

 上記の先行研究から見れば、ゆるキャラによる地域活性化の分析もあるが、具体的例から詳しく説明しているものはまだ少ない。「くまモン」は日本で大ヒットのゆるキャラとして、多くの人が分析をしている。私はくまモンの分析を参考にし、文化面だけではなく、経済面も含め、当地キャラクターくを詳しく分析してみる。この論文を通して、ゆるキャラによる日本の地域活性化を研究し、中国の地域活性化に役立てたいと考えている。

1 日本伝統文化ゆるキャラについて

1.1 伝統文化ゆるキャラの発展

 ゆるキャラとは、「ゆるいマスコットキャラクター」の略語で、おもにイベント、各種キャンペーン、地域おこし、名産品の紹介などのような地域全般の情報パブリック・リレーションズ、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどで使用されるマスコットキャラクターである。狭義では、対象が国や地方公共団体、その他の公共機関等のマスコットキャラクターで着ぐるみ化されているものに限られるが、広義では大企業のプロモーションキャラクター等も含まれる[1]

 その発展歴史について、前世紀80年代に地方博覧会で出された縁起物はいまのゆるキャラの原形だと思われるが、2000年に「第15回国民文化祭広島2000」で縁起物が出された後、漫画家の三浦純ははじめて「ゆるキャラ」という概念を出し、『スーパー趣味』雑誌で「地方ゆるキャラの民俗」というコラムを連載し始めた。2002年に後楽園遊園地で「第一回みうらじゅんのゆるキャラショー」が開催された。2004年にみうらじゅん「ゆるキャラ大図鑑」という書籍を発売した。それは2003から2004年まで週刊SPAに連載した記事に基づいて、全国の伝統文化ゆるキャラ100体を紹介したものであるとともに、日本初の伝統文化ゆるキャラに関する書籍である。2006年に「ゆるキャラ日本一決定戦」というTVチャンピオンを放送した。それは日本初の伝統文化ゆるキャラに関するテレビ番組である。2008年まで、ゆるキャラは日本新語トップ60に入った。2010年より日本一の「ゆるキャラ」を決定する「ゆるキャラグランプリ」が恒例行事となった。2013年1月に100ヶ所の伝統文化ゆるキャラが一緒に5分以上を踊って世界ギネス記録を打ち破って「世界最大型ゆるキャラのダンス」を獲得した上、11月に全日本の376ヶ所の伝統文化ゆるキャラが一緒に集まって「最多ゆるキャラの集中」でギネス記録の世界記録を獲得した。2013年12月まで、「地方ゆるキャラ」は2013年の十大流行語になり、受賞者は熊本県の「くまモン」である。

1.2 ゆるキャラの特徴

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接