浅析东野圭吾作品中的女性形象——以《白夜行》和《幻夜》为例毕业论文_日语毕业论文

浅析东野圭吾作品中的女性形象——以《白夜行》和《幻夜》为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

东野圭吾早前凭借清新流畅的风格成为一名热门校园推理作家,并以缜密的剧情布局荣获写实本格派美誉。后期东野圭吾挣脱传统推理写作方法的束缚,深入多个领域,使作品同时具有文学性,思想性和娱乐性,带给读者新鲜感。

本篇论文以东野圭吾的代表作《白夜行》和《幻夜》中的女性主人公为中心,从女主人公的生平经历及社会事件的推动为依据分析女主人公的形象特征和心理,通过对两部作品中的极为相似的女主人公进行对比分析解读,总结出东野的女性的认知观。

本篇论文第一章分析的《白夜行》中的女性主人公唐泽雪穗,以四个不同的阶段来阐述她的成长经历和犯罪动机。第二章分析的《幻夜》中的女主人公新海美冬,通过三个阶段进行论述,着重于她的犯罪过程并由此构成论文的主体。接着将两者进行对比,凭借三个不同方面的论述从而凸显二者本质的不同。最后对之前所述的两个人物形象进行总体概括。东野圭吾塑造这两个看似相同实则本质不同的恶女形象,其意图不单单想要披露社会中的黑暗现象,更希望以此分析出影响人性的主要因素,从而引起读者对人性探索的兴趣。

关键词:东野圭吾;女性形象;罪源;人性

目 次

はじめに 1

  1. 『白夜行』における唐沢雪穂 3
    1. 暗い子供時代 4
    2. 失った信仰 5
    3. 膨らんだ欲望 6
    4. 切れない絆 7
  2. 『幻夜』における新海美冬 8
    1. 残酷な人 9
    2. 独立な女性 10
    3. 完璧な犯罪者 10
  3. 二人の比較 12
    1. 二人の生まれた背景 12
    2. 二人の犯罪動機 13
    3. 二人の愛情観 13

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

日本で有名な推理小説家として、東野圭吾は今、東アジアで「東野圭吾風」という旋風を巻き起こしている。東野は「新会社派」と「新本格派」を吸収して、「写実本格派」を創始した。小説の主題は主に社会や家庭や個人を含め、芸術手法も革新して、更に反探偵小説の特徴を持っている。読者に対して死を恐れている人に同情心を与える。東野は「理性」を棚に上げず、しかも一方的に「理性」を呼びすぎると、その社会で生きる人に不安と苦しみを引き起こす。死亡の影に覆われる「規範的な会社」の中で、筆者は人間が追求すべき新しい世界を書き始めた。親族が犯罪者ならば必ずその家族にも影響が及ぶ。こういう社会問題は家族を大きく傷付ける。犯罪者及びその家族の差別待遇は社会安定や家庭の幸せに不利なだけではなく、その家族の成員の心にも想像できない傷を付けるのである。東野圭吾は不公平な社会差別を鋭く感じ、自分の作品野中で真実の「痛み」で悪習を訴え、現代日本の社会問題を厳しく批判した。

東野圭吾が自らの作品で描いた人物像は女性が非常に多い。東野は伝統推理小説の中で女性に対するネガティブな描写を受け継き、話題性のある女性二人を描き出した。それは『白夜行』における唐沢雪穂と『幻夜』における新海美冬である。彼女たちは天使のような美しい容貌を持ち、スレンダーな体つき、さらに誰にもまさる知恵をもっているが、心が汚れている女性である。読者は思わず二人が同じ女性であると考え、多分東野圭吾が異なった社会を背景にして同じ人物を写したのは社会の悪習と人間性の複雑を掲示するためだと広く信じられている。二人がよく似ていると言われるが、筆者は繰り替えし読んだ後、二人が基本的に違うと考えた。悪いことをやりつくした女性だが、『白夜行』における唐沢雪穂は「絶望な念層、悲しい気持ちを望む」見えない未来の

中でずっと待って、「一緒に光で散歩したい」簡単だが贅沢な希望を持っている。雪穂の人生経験から社会問題が人の善に残酷を潰すのははっきりわかる。ただし『幻夜』における新海美冬の身分は初めから霧に隠されて、誰も知らない。その霧に陥る人にとって死亡は唯一の結末である。

本論は『白夜行』と『幻夜』における女主人公を具体的に分析して、二人が本質的に違うところを論じる。二人が人間としての心の暗く、邪悪な面から現代の社会問題を模索し、女性の権力及び社会位置に対する欲望や人間性の暗い部分を示す。

1 『白夜行』における唐沢雪穂

1 『白夜行』における唐沢雪穂

『白夜行』と言うのは、簡単に言えば、明るい夜に歩くである。白夜を簡単 に説明すれば一般的に夕暮が長く続き、明け方がもう早く始まった状況である。東野圭吾は男女主人公が暗闇で歩いて、相互に頼って、薄い、暖かい光を取っ て生存を維持するしかない状態を『白夜』と言う言葉で暗に示している。『白 夜行』の中で起こった社会事件から見ると、この物語は 1973 年から 1992

までの 20 年ぐらいのストーリであると推測される。この時期に日本は経済高度発展期から石油危機を経験、バブル経済の台頭、発展から崩壊へと進む。コ ンピュータ業界の発展によって所有権問題を起こした。この上り調子の社会で、迷った人は多くの社会問題と相遇する。社会の底で苦しく生活する人と醜い性 を取引きする人とは鮮やかなコントラストを形成している。十歳にもならない 少年少女はこの醜い社会でお互いに依存しつつ、犯罪の道を進む。雪穂は女性 として優しく、明るく、可愛しく、美しい。つまり人を惑わせるタイプである。彼女の鋭い頭とあくどういな気持ちは美しい顔の下に巧みに隠されている。初 めから光の中で生きていく資格を失い、進む方向もない雪穂が過去を踏まえ、ますます強い太陽に近づくのは彼女にとって唯一のできることである。短い

20 年間で雪穂はどのように弱い女の子から憧れられる女性に変わるのか。小説の中で雪穂の顔はこう描かれる:「十センチほどの隙間の向こうに、目

の大きな少女の顔があった。陶器のように肌理の細かい、白い頬をしていた。」

1 そこから雪穂は子供ながら綺麗であると分かる。もちろん東野は第三者の視点から――雪穂と生母の下宿する住宅管理人田川敏夫が言った「大きくてどこ か高級な猫を連想させる目が印象的である。小学校の高学年のようだ。」2 その時二ヶ月の家賃が滞納している状況に、元々は怒る大家田川は雪穂と面するとき、艶やかな顔で小学生の身分を忘れ、一瞬に思わずドキドキする。田川を引き付けるのは子供の天真爛漫さではない、大人の女性として特有の気質であ

  1. 东野圭吾. 白夜行[M]集英社文库 2004,38
  2. 东野圭吾. 白夜行[M]集英社文库 2004,77

1.1 暗い子供時代

る。簡単に想像できることは、彼女はこの気質と美貌を十分に利用して、強く生きることである。もちろん知恵や謀略や我慢するなどのことも大事ではある。以下は雪穂のイメージについて具体的に述べる。

暗い子供時代

十歳にもならない時、父を失った小雪穂は実母と一緒に暮らす。母性愛に保護されて健康に成長するはずであったが、売春のツールとして生活費を稼がされる。このような境遇に陥ったまだ幼い雪穂の世界観は変わった。お金がなければ身を売り、侮辱を受けなければならない。この社会で立つために、雪穂は自分の前に立ちはだかる人に同じ犯罪方法を使う。小説の終わりに雪穂と二番目の夫の娘、美佳との会話から彼女の幼い記憶の苦しみが深く感じられる。雪穂は「今の美佳さんよりも、もっと若い頃よ。まだ本当に子供。でも子供だからと言って。悪魔に襲われないとはかぎらないのよね。しかも悪魔は一匹じゃなかった」3 と言う。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接