从《维庸之妻》与《樱桃》中看太宰治的自我毁灭意识和自杀倾向毕业论文_日语毕业论文

从《维庸之妻》与《樱桃》中看太宰治的自我毁灭意识和自杀倾向毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

太宰治是日本“无赖派”代表作家之一。在太宰治十多年的创作生涯中,留下了许多耐人寻味的作品。特别在战后,太宰治进入创作黄金期。以他为代表的无赖派作家敏锐地把握住日本战后民众颓废迷惘的心态,太宰治的作品赢得了读者广泛的共鸣。其作品具有反抗权威的意识,对生活采取自嘲和自虐的态度,具有颓废倾向。这也与其生平经历息息相关,其一生可谓是跌宕起伏,充满波折, 曾五次自杀,故其自杀与心理状态在学界也一直存在争论。

因此,我希望以此论文为契机,在先行研究的基础上,从太宰治的自杀经历及其原因入手,通过对其作品《维庸之妻》与《樱桃》的解析,来考察研究太宰治的自我毁灭意识及自杀倾向。

本论主要包括lt;太宰治的自杀gt;、lt;太宰治作品中的自画像gt;、lt;维庸之妻gt;、lt; 樱桃gt;四个部分。一边回顾其一生中五次自杀的经历,一边试图分析在其作品(以

《维庸之妻》与《樱桃》为中心)中太宰治所投射的心理状态。首先,通过回忆太宰治的自杀经历,试图分析出其自身原因及外界环境如何对其精神状态造成的影响。其次,通过分析太宰治在其作品中的自画像,探究太宰治将自身经历,精神世界,心理变化等融入自己的作品中,从而展现出的他的懦弱与恐惧,强烈的自我毁灭意识与自杀倾向。最后,结合具体剖析太宰治的作品《维庸之妻》与《樱桃》中丈夫的形象,来解读太宰治所寄托的自我毁灭与自杀意识。

关键词:太宰治;自我毁灭;自杀倾向;《维庸之妻》;《樱桃》

目 次

はじめに 2

  1. 太宰治の自殺 4
    1. 自殺の経歴 4
    2. 背景と原因 5
  2. 太宰治の作品における自己像 8
  3. 『ヴィヨンの妻』 11
    1. 『ヴィヨンの妻』における夫 11
    2. 『ヴィヨンの妻』に見る太宰治の自己破滅意識と自殺傾向 12
  4. 『桜桃』 14
    1. 『桜桃』における夫 14
    2. 『桜桃』に見る太宰治の自己破滅意識と自殺傾向 15

おわりに 17

参考文献 18

谢 辞 19

はじめに

太宰治は戦後無頼派文学の代表作家で、数々の優秀な小説を生み出し、多くの小説が「私小説」の自己告白の形で現れた。太宰治は成人した後、ずっと風流と放蕩な生活をしていた。彼は性格が偏屈で、精神的に憂鬱で、一生に 5 回も自殺しようとした。そのため、彼は常に自分自身の経験、精神世界、心理的変化など自分の作品に溶け込んでいて、側面は彼の弱さと恐怖を表現し、強烈な自己破滅意識と自殺傾向を示していた。『ヴィヨンの妻』と『桜桃』は、第二次世界大戦の終結後の作品であり、これも彼が作った黄金時代であり、この時期の作品は明らかな退廃的な風格を持っていて、権威に反抗する意識を持っていて、生活に自嘲と自虐的な態度をとる。この後、太宰治が自殺を選んで自分の命を終えたのは、「無頼派」理論の実践に違いない。本稿では、『ヴィヨンの妻』と『桜桃』の解析によって、その筆下の美しい文字を解読し、太宰治の自己破滅意識と自殺傾向を分析しようとしている。

中国学者の孫維才1は、太宰治はブルジョア階級の進歩作家だと思っていた。享楽主義の社会は追求しているが、実現しがたい。自殺は彼が嫌い、また行かなければならない道であった。太宰治の死は、彼の自己否定と生存の弱気性のブルジョアワールド観が招いたからだ。死の使徒だから、死という使命を果たさなければならない。

学者の焦欣波2もこのような観点を提出した,彼は自分の作品で自分の主張を実践した。したがって、太宰治は自分と彼の小説の自殺者にはその意味が含まれている。彼らは虚構と恐怖の中で生活を拒否する。彼らは、絶望的な世界に最後の助けを求める。彼らの自殺と精神危機は、最後の個人的な反抗を表す。しかし、太宰治の自殺などは、生への渇望として、太宰治が作品の中で真善美な生活を求めていると考え、幸せな生活への期待を伝えているという学者もいる。それによって、彼は死を消極的に求めるのではなく、新しい命を手にしたい。

1 孙维才.自我否定与生存的软弱性——评析太宰治[J].锦州师院学报(哲学社会科学版).1986(10):122

2 焦欣波.太宰治战后小说的自杀意识[J].海南大学学报(人文社会版).2008.06:314

日本の学者の平野謙3は、私小説が「破滅型」と「調和型」に分かれていて、私小説が心境小説であると考えていた。人を「生活の不安と生存の危機」から救うのが私小説の特徴だと考えていた。「生存の危機」を表すのは破滅型; 逆に「生存の危機と破滅」を克服し、自己を調和する目標とするのが調和型。多くの日本の私小説は後のタイプに属している。しかし、この 2 つのタイプに属していないこともあって、ただ自分の私生活を書いている。太宰治の生活経歴や文章のスタイルは、非常に典型的な「破滅型」である。自分の外在的な生活と内面の精神を文章に注ぎ込むと、悲劇意識と死のストーリーが表れている。

3 平野謙.芸術と実生活[M].未来社.1971:177

1 太宰治の自殺

自殺の経歴

太宰治は、日本無頼派の大師であり、日本では川端康成、三島由紀夫と並んで戦後文学の頂点となった。しかし、彼は人に興味を持っているのは彼の作品だけではなく、短い生涯の中で 5 回の自殺の経験もある。

初めての自殺は、太宰治が 20 歳の時であった。当時、芥川龍之介は太宰治が非常に愛して崇拝していた作家で、芥川龍之介が自殺したというニュースが伝わった時、精神指導者の死に対して、太宰治は痛手を受け、芥川龍之介と同じ方式で、自分の命を終えることにした。残念なことに、太宰治が飲み込んだ睡眠薬の量が足りず、芥川に追随できなかった。それで、人の世で苦難を浴び続けるしかない。しかし、この未遂の自殺は、その後、彼の命の中で永遠に死の気持ちを刻んだ。

第 2 回自殺は二十二歳の時であった。彼は、大学時代に左翼運動に身を投じることで徹底的に学業をおろそかにしていたが、生活の不調の下に世を厭う気持ちが生まれ、再び自殺した。太宰治は、恋をしていた 19 歳の喫茶店の女性と一緒に海辺に行って、自殺するつもりであった。二人で睡眠薬を飲んだが、太宰治は病院に運ばれて救治を受けて生きていたが、彼女は死んでしまった。太宰治は自殺に失敗し、その上「教唆自殺罪」で起訴された。しかし、最後に彼も本当に自殺したいと証明したが、死んではいなかった。そこで、法律の追及を受けなかった。しかし、彼女の死は太宰治の負罪感を強め、終身に忘れられない罪悪意識になってしまった。その罪悪意識は、その後の時間の中で、自殺しようとしているという考えを奮い立たせていた。

第 3 回自殺は二十六歳の時であった。当時、太宰治は文壇で有名であったが、

三度も彼が求めた芥川賞に落選した。最後の 1 回、彼の態度が大きな変化を起こして、委員会に嘆願したが、それでも彼はまだ落選した。その後、新聞社に応募して断られ、また病気のために鎮痛薬を食べたが、毒に染まってしまった。そのため多くの借金があった。すると、絶望していた彼は、山の上に走って自殺をしようとしたが、ひもが切れたために、また自殺に失敗した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接