日本大正时期男性同性恋受到歧视的原因分析—以《孤岛之鬼》为例—毕业论文_日语毕业论文

日本大正时期男性同性恋受到歧视的原因分析—以《孤岛之鬼》为例—毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本从过去开始就有“男色”这一概念,明治维新时期,这一概念也随之变化,在大正时期等同于“性变态”。大正时期的一些文学作品也添了这一现象。江户川乱步的小说《孤岛之鬼》就是其中一例。本论文以相关先行研究为基础,通过《孤岛之鬼》来分析大正时期男同性恋现象。

首先,介绍日本从古至今关于同性恋的一些概念,特别是大正时期社会对于男同性恋的认知;在明确《孤岛之鬼》的时代背景后分析小说,借此再一次思考“性变态”与“性爱规范”是否存在不合理之处;最后简述同性恋在日本的生存状况,希望可以借此得到对现在同性恋平权活动的提示与启发。希望可以通过本论文加深对日本社会认识,面向今后的学习。

关键词:江户川乱步;《孤岛之鬼》;男同性恋;性爱规范

目  次

はじめに 1

1 小説の時代背景における日本の同性愛 2

1.1 大正期までの同性愛 2

1.2 大正期の同性愛 4

2 『孤島の鬼』と男性同性愛 5

2.1 『孤島の鬼』のあらすじ 5

2.2 当時の社会状況に影響された小説における同性愛の分析 5

2.3 「変態性欲」についての作者の中の葛藤 12

3 同性愛者の生活実態 14

3.1 大正期における同性愛者の生活実態 14

3.2 現在日本における同性愛者の生活実態 14

おわりに 17

参考文献 18

謝  辞 20

はじめに

日本では、昔から「男色」という概念がある。しかし、明治時代以降、西洋の精神医学や性科学が導入されることによって、日本で性欲学がひろがるようになった。「同性愛」の概念が過去の「男色」の概念を取り代わった。古川誠(2001:13)は明治以降の同性愛の歴史を「男色」「鶏姦」「変態性欲」という三つのコードの展開として読み解いた。大正期から、男性同性愛者は異常な人種、そして変態性欲とみなされていた。

同性愛者は変態性欲であるという思想を元に、創作した小説もある。江戸川乱歩の小説『孤島の鬼』は一つの例である。『孤島の鬼』では、作家の江戸川乱歩は主人公の初恋と彼の素人探偵の友人の変死事件から、主人公と彼に愛情を抱いている同性愛友人の不思議な遭遇を書いている。その小説の中で、「性愛規範」ということを強調し、同性愛者が異様な人種、異端として描かれ、ホモフォビアやホモセクシュアルな欲望が二重化されている。小説の最後は「大団円」を書いているが、主人公は異性愛者自身なので、ある程度「異種」の特徴を残されている。江戸川乱歩はホモフォビアとホモセクシュアルを分けようとする目的は達成できてないと思う。それに関して、黒岩祐市(2008b:2)によると「物語の後半で、男性同性愛者は「えたいを知れぬケダモノ」と異端視され、性愛規範の確立を強引に試みられる。しかしながら、そうしたプロセスによって、テクストではかえって規範の暴力性や虚構性が暴露され、さらに、ホモエロティシズムの残滓を通じ、性愛規範の不可能性までも示唆されることになる」と指摘している。

本論文では、江戸川乱歩の小説『孤島の鬼』を分析し、テキストにおける作家の中で矛盾していることを探察し、過去の文学小説の中で同性愛者の判断が正しいかどうかをもう一度考えてみた。そして、性愛規範を問い直し、世の中の同性愛に対する誤解を解消したい。

1 小説の時代背景における日本の同性愛

1.1 大正期までの同性愛

周知のように、どの時代でも、どの地域にも、多かれ少なかれ同性間の情愛が存在するのである[1]

昔の日本にも「男色」という概念がある。井原西鶴(1955:316)は「色」を二つに分けて、「色道二つに寝ても覚めても夢介と替名呼ばれて……」とあり、この「色道二つ」は「女色」と「男色」を意味する。「「男色」という言葉が輸入される前には、男性同士間の美少年の愛を意味していた」と井田は述べている。

「男色」は「同性愛」とは完全に等しくないのである。

平安時代、寺僧と稚児との男色関係があったのである。その時期の「男道」は、仏教も精神的な深さにおいて清純な動機が持つ条理であり、単なる「性」のみではなく、人間に対する神聖な思索の方へと導く教えだと考えられる[2]。中古時代から中世時代にかけて、寺における「稚児」という「男道」は、僧侶間から貴族階級においても伝わり、公卿間の「男色」に転換しつつあった。「男色」の「神聖感」や「伝道」の意味がだんだん薄くなる、社交的な側面を持つという社会的の機能へと転換しつつある。「男色」は政治関係に繋がれ、一種の出世の手段になる。

室町時代から戦国時代にかけて、もともと個人的目的が強い「自分の立身出世」という社会的な効能は、だんだん「集団強化」という「政治手段」に変わる。侍の世界に男色が流行した。年長者を念者、年少者を若衆と呼び習わすこの武士同士の男色関係は、強い精神的なつながりを極度に重視するものである。

江戸時代後半になされたいくつかの政治的な改革の中で、「男色」が衰退し、江戸末期にはほとんど消えてしまった。

明治維新という日本社会全体の再編成で、性的領域に旧来の日本の性の慣習を否定するとともに、法律による介入もあった。そのため、『鶏姦罪』という法律を制定していた。しかし、鶏姦罪の成立を支える社会的・文化的の基礎が脆かった。そして明治15年に施行された旧刑法で、鶏姦罪は廃止された。なぜなら、旧刑法は政府のお雇いフランス人でアルボアソナードの指導のもとに作られていたからである。当時のフランスは同性愛犯罪化と指定しなかった数少ない国の一つだったのである。つまり、旧刑法の同性愛者に対する考えはフランス的な法思想の産物であったのだ。

そして、19世紀から20世紀にかけての世紀転換の間、男色関係を基づいて、数多くの不良学生集団が出現した。世間はこうした学生の美少年騒動については「鶏姦」という言葉を使用した。新聞や雑誌において、鶏姦という言葉を使って、美少年騒動に対して批判した。この度、鶏姦という言葉が再び犯罪というイメージが繋がれていた。古川誠(2001:87)によれば、「すなわち、鶏姦という言葉に含まれる嘗ての犯罪というそのイメージが男色を批判するにあって役に立ったのである」と述べている。

また、明治後期から大正期にかけて、世間は女学生の同性愛に注目した。明治後期に女学校が増加し、女学生の人数も増加した。彼女たちは、女学校で良妻賢母教育を受けて、肉体的な処女性と精神的な処女性を要求された。しかし、1911年(明治44年)新潟県の親不知の海岸で女学校の卒業生同士による心中事件が起こった。その心中事件をきっかけに、女学校において同性愛がたくさん存在するという事実が明らかになった。

「万が一女学生同士の関係が単なる友情ではなく恋愛関係となり、男性を拒否するに至れば、それは良妻賢母教育を根本から否定することにつながりかねないのである」[3]という問題に対して、教育関係者や学者・医者達によって、女性同士の「正しい」友情と「間違った」恋愛の区別の方法が語られるようになったのである。

しかし、この同性愛という言葉は、性欲や交接といった身体的・本能的なニュアンスが強い。そのため、肉体的な交渉を伴わない女学生の恋愛関係にふさわしくない。このような「同性愛」の概念は「男色」や「鶏姦」といった先行概念とは根本的に異なった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接