现代日语叠词的基本分类毕业论文_日语毕业论文

现代日语叠词的基本分类毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

在现代日语中,叠型词的数量很多,但是,国内外对于日语叠型词的研究却少之又少。我们在日语学习中对于叠型词的理解大多只停留在单纯地、机械地记忆,并没有深究其内在的构成和含义。不仅如此,在遇到许多相似的叠形词时, 我们往往会混淆不清。因此,本文对现代日语中的叠型词的构成进行了分析并且根据词性的特点做了大致的分类,以帮助日语学习者更好地学习、理解日语的叠型词的内涵,体味日语叠型词所蕴含的独特韵味,感受日语的暧昧。

本文想参考先行研究,以《新明解日汉词典》为蓝本,列举词典中的例句, 来提出自己的观点。

首先,对叠形词的结构进行说明,然后通过构成的语基的不同,对于由名词构成,由动词词干构成等等的叠形词进行分析,进而对叠形词进行分类。其次对各个类型再逐一探讨。最后通过例句在语境中研究叠形词在语言环境中的意义和作用。

关键词:叠型词;词素;分类;语言价值

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
    1. 研究の方法 2
  2. 構成の詞素別に畳語を分類する 4
    1. 名詞を重ねた畳語 4
    2. 代詞を重ねた畳語 4
    3. 数詞、量詞を重ねた畳語 5
    4. 動詞を重ねた畳語 6
    5. 接続語、接頭語を重ねた畳語 6
    6. 形容詞、形容動詞を重ねた畳語 7
    7. 副詞、感嘆詞を重ねた畳語 8
    8. 助詞、助動詞を重ねた畳語 9
    9. 擬声語、擬態語 9
  3. 畳語の語用価値 12
    1. 音律感を増加する 12
    2. 複数、程度を表す 12
    3. 動作の反復、継続や同時に行うことを表す 14
    4. 語気を強める 14
    5. 表現の巧みを充実する 15
    6. 作者の心理感情の色彩を強化する 15

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

畳語とは文字通り「畳ことば」であり、ことばをたたむ。すなわち、同じ語·同じ要素が返される語である。例えば、「家家、人々、子供子供、見る見る、おどおど、時々、かさかさ」など。日本語の畳語は辞書に載っているものだけでも、500語を超える。

畳語は常に豊かな意味を表すことができ、ほかの言葉表現に取って代わらない特別な役割を果たす。イキイキとした言葉として、使用が便利だし、事物や行為の特徴を描きやすく、豊かな感情色彩を表すことができる。その独特な構成は、言語の音律感を増加させ、感染力に富んでいる。だから、畳語の研究は文法や語彙の研究の中でとても需要だと思っている。畳語は日本語の語彙の一つのタイプとして、数量も形式も豊かで、頻繁に使れている。日本語における畳語は社会生活のほとんどの方面での描写や説明などに欠かせないことはだといえる。そして、畳語によって、日本人の感覚、考え方を正確に伝えることもできるし、ニュアンスも表現できる。

本論文は、畳語の構成及び分類を分析しながら、その語用価値についての研究を行うつもりである。語用価値について、主に音律感の増加、数量、程度の表し、感情色彩の強めという方面から探索しよう。

1 先行研究

『新明解国語辞典』(2010)の中で夥しい畳語があって、およそ 600 ぐらいが収録されている。『新明解国語辞典』(2010)によれば、畳語の説明ははつぎのようになされる。「畳語は同じ単語、語根を重ねた複合語。」動作の反復継続などのを表すして、副詞的に用いられることが多い。

研究の方法

本論文の研究方法は先行研究や文献を参考として、『新明解国語辞典』を底本にして、日本語の畳語を詞素別に分類し、それぞれの詞素畳語における、典型的な畳語を取り上げて検討し特徴を明らかにして、ある特定環境の言葉や文章にある畳語の意味と作用を研究する。

元明松1の『日语叠词的构词特点及其作用』(2007)によると、畳語構成の言葉や語幹、形態素の分類、畳語は名詞で構成する畳語、数詞助数詞で構成する畳語、代名詞で構成する畳語、動詞で構成する畳語、形容詞、形容動詞で構成する畳語、接続詞で構成する畳語、副詞、感嘆詞で構成する畳語、助詞、助動詞で構成する畳語、仮名、漢字、形態素で構成する畳語の類別九つがある。また、畳語は言葉には物事の複数、すべて、数の多さ、動作の繰り返し、漸進、同時に進行、語気の強め及び心から生き生きとしたイメージを表現している働きを果たすことと述べている。

薛桂譚2は『对日语叠型词型形容词构成特点的分析』(2015)に次のように書いている。一般的に、形容詞の詞幹で構成している畳語型形容詞は程度を強化

1 元明松 张红 《日语叠词的构词特点及其作用》 大连民族学院 大连民族学院学报 2007 年第 6 期

2 薛桂谭 《对日语叠型词型形容词构成特点的分析》 中国传媒大学南广学院 开封教育学院学报 2015 年第

35 卷第 6 期

することを表す。例えば、「騒々(そうぞう)しい」は「騒(さんわ)がしい」より騒ぎ程度がもっと強い。しかし、一部の名詞で構成している畳語型形容詞は意味がともともと大きく変える。例えば、「甲斐甲斐(かいがい)」という言葉が「機敏である、素早い、勤勉である、積極的」などの意味があって、名詞の「甲斐(かい)」の意味は「価値、メリット」などがある。両者に大きな違いがあっている。

田村泰男3の文章には、現代日本語の畳語の構成と意味について考察を進めた。

「これらの語は、いずれも話者の情意を表しており、重複前と比べると意味的分化が見られる。」と述べている。「畳語形容詞は、形容詞語幹の重複形や名詞をの重複形に接辞「しい」をつけたものが多く、動詞語幹を重ねたものは少ない。」と指摘されている。

    1. 研究の目的

畳語は特徴がはっきりしていて、無視できない言語現象とする。日本語における畳語を研究して、日本文化への理解にも、中日両国の文化交流にも役立つと思っている。畳語は日本語に存在する需要な言語現象の一つなので、日本語の畳語を正確に把握し、使うのに有利だし、日本語教育にも役立てると考えられる。このことを念頭において、本稿では、現代日本語における「畳語」と言ったものを研究しよう。

3 田村泰男 『現代日本語の複合形容詞・派生形容詞・畳語形容詞について』

  1. 構成の詞素別に畳語を分類する

名詞を重ねた畳語

名詞を重ねると、名詞の特性を保つことが多い。例えば、「人々、山々、月々」など。いくつかの名詞を重ねた後に副詞に変える。例えば、「年々、時々、先々」など。要するに、名詞で構成する畳語は時間や場合に集まることが多い。また、名詞の語性も、副詞の語性も持っている名詞で構成されている畳語もある。例えば、「色々、丸々、数々」など。名詞を重複して語性を変えない畳語が物事の複数を表すことが多いが、語性を変える畳語がたいてい意味も変える。また、名詞を重ねる畳語も頻度を表す。例えば、「時々、常々、日々、しばしば」など。名詞を重ねたもの「刺々しい」などがある。

例:

「人」と「人々」

…に人々の目を向けさせる。

[複数]

田中という人。

「色」と「色々」

色の白い人。

[名詞]

世間は色々だ。

[形容動詞]

「時」と「時々」

私の若い時はよく歩いたもんだ。

みなさんも時々町の古書店をのって

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接