浅谈大学校园暴力反映的心理素质问题--以18-22岁中日在校大学生为对象毕业论文_日语毕业论文

浅谈大学校园暴力反映的心理素质问题–以18-22岁中日在校大学生为对象毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

众所周知,在情报化迅猛发展的现代,大学校园暴力事件渐渐地走入了人们的视野。此类事件也越发的引起社会的关注。本论文主要研究中国与日本的大学校园暴力问题。以 18-22 岁的大学生为对象,在先行研究的基础上,针对两方的心理问题和其原因,通过问卷调查进行比较研究。

大学校园暴力事件的危害,在中国和日本都为人所关注,大学校园暴力事件逐渐成为了众多暴力问题的一部分。校园暴力问题向来被各个国家重视,但视野一般多集中于中小学生,对于大学生的校园暴力问题很难深入调查了解,本研究则将着重以 18-22 岁的中日在校大学生为研究对象,分析大学校园暴力反映出的心理素质问题,从中日大学生对于校园暴力的看法中来更加深层次的了解中日大学生的心理素质情况。希望通过对于中日大学生心理素质问题的对比研究分析, 找出中日大学校园暴力反映出的心理问题的异同点和隐藏其中的中日双方社会文化的差异,最终尝试针对以上问题提出一些建议。

关键词:校园暴力;18-22 岁;大学生;心理素质;异同点

目 次

はじめに 1

  1. 中日学校におけるいじめ問題に関する先行研究 2
    1. 中日の大学生におけるいじめとは 2
    2. 中日の大学いじめ問題の現状について 2
    3. 中日の大学いじめ問題の種類について 3
  2. 中日の大学におけるいじめ問題についての調査 4
    1. 調査方法について 4
    2. 日本における心理的な原因の調査 4
    3. 中国における心理的な原因の調査 7
  3. 中日におけるいじめ問題の特徴 10
    1. 共通点について 10
    2. 相違点について 11
  4. いじめ問題に対する助言 15
    1. 学生自身からの助言 15
    2. 社会面からの助言 15
    3. 中国側の助言のまとめ 17

終わりに 20

参考文献 22

謝 辞 23

备注:调查问卷 24

はじめに

近年、インターネットが急速に発展されているため、新しい情報をすぐに知ることができる。その中で、学校のいじめ問題に関するニュースがたくさんある。しかし、一般的に、その中心は学生であり、大人としての大学生に関するいじめ問題はあまり注目されていない。実は、大学生といじめ問題に大きな繋がりがある。

大学のいじめ問題といえば、まず、頭に浮かぶのは日本のいじめ問題が引き起こした事件である。日本では、大学のいじめ問題はマスメディアで報道されるだけでなく、映画やドラマなどでもよくいじめ問題を1つの題材として多く使われている。また、日本の政府や社会団体が毎年この大学いじめ問題に関する調査を行い、集まったデータが公的なところ(例えば、ウェブサイトや新聞など)で発表されている。最近のインターネット報道から見れば、中国の大学のいじめ状況も日に深刻になってきているため、社会全体の注目を集めるようになった。中日両国は同じアジアであり、また文化を分かちあった国同士であるが、大学のいじめ問題に対する原因と対策において異なる点がある。この研究では、中国と日本の 18-22 歳の大学生を研究対象として、大学生の心理を理解するために、大学のいじめ問題に見られる心理的な問題を分析し、中国と日本の大学生のいじめ問題に関する理解を研究する。本論文で中日の大学のいじめ問題の心理的な原因と対策の比較研究を通じて、そこに隠された中日の社会文化の差異を分析し、また、この問題に対して、中国が改良すべき点を研究したいと思う。

1 中日学校におけるいじめ問題に関する先行研究

中日の大学生におけるいじめとは

学校におけるいじめの概念として、日本の文部科学省は明確な定義を設けて いる。日本の文部科学省によると、「いじめ」とは、「当該生徒が、一定の人間 関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛 を感じているもの。」とされている。ところが、中国の場合では、日本のよう な公的に認められ、発表されている概念がなかったが、いじめの概念に関する ものが幾つかある。例えば、姚建龍(2010)1は「いじめは、小中学校、及び幼 稚園で起き、生徒、教師あるいは外の人が故意に教師あるいは生徒の人身を攻 撃し、また、学校と教師あるいは生徒の所有物を侵し、学校の秩序を乱す行為 である。」と述べている。ほかの中国の論文や著作品でも、大体姚建龍と同じ 意味の概念を示しているものの、大学におけるいじめの概念が比較的に少ない。

中日の大学いじめ問題の現状について

これまで、大学のいじめ問題に対し、中日には様々な研究がある。特に大学のいじめ問題の現状においては、中日双方とも主にこの問題に関する数年来の現状データでまとめてある。文部科学省(2008)2と清水和彦(2006)3は、別々に小学校と中学校それに高校のいじめ事件のデータをチャートで発表してい る。2006 年、日本では国・公・私立の小・中・高等学校における暴力行為発生件数は 4 万件となっている。大学におけるいじめの件数は1万件となっている。

また、いじめの件数は 12 万 5 千件となっている。一方、中国では、大体、中

1 姚建龙.《校园暴力控制研究》[M],复旦大学出版社,2011.

2 文部科学省.『データからみる日本の教育』[M],国立印刷局,2008.

3 清水和彦.『最新教育データブック』[M],時事通信出版局,2006.

国青少年研究センターの調査結果と参考文献をもとに一部のデータを参考に できるが、中国では全国的な調査はあまりなかったため、これまで調べられたのは、安徽省や広東省など約 10 省ぐらいのデータである。劉天娥・龔倫軍(2009)

4は合同で発表した論文の中で全国約10 省の5864 人の小中学校の学生にアンケートを行い、いじめに遭う頻度の結果が明らかになった。

中日の大学いじめ問題の種類について

いじめの種類の分類法は、中日両国でそれぞれ異なる。文部科学省(2009)

5は日本の大学におけるいじめの種類は、「肉体的苦痛を与えるもの」と「精神

的苦痛を与えるもの」を二つに分けている。中国では、印海翔(2011)6は、学校いじめの種類を六つに分類し、それぞれ名前を付けたーセックスに関するいじめ、言語に関するいじめ、肢体に関するいじめ、関係に関するいじめ、反撃に関するいじめとネットワークに関するいじめ。張国平(2011)7の論文によると、印海翔の結論に基づいて、その六つのいじめの手段をより詳しく説明していることが分かる。これに対し、呉桂翎・辛濤(2009)8はいじめを主に対象と手段の二つに分けられると論じている。

4 刘天娥,龚伦军.当前校园欺凌行为的特征、成因与对策[J],山东省青年管理干部学院学报,2009(04):

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接