关于中日民宿的比较研究——以历史为中心毕业论文_日语毕业论文

关于中日民宿的比较研究——以历史为中心毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

体验式经济下,随着人们收入的增加和生活水平的提高,人们的旅游目的也从简单的观光旅游向体验式旅游转变。中日两国凭借优越的自然环境和独特的风俗文化,吸引着来自全世界各地的人们。

民宿凭借独特的设计、亲密的人际关系、低廉的价格,越来越多的成为旅客们的选择。目前,民宿规模不断扩大,民宿种类愈发繁多,服务水平也在不断提高。与此同时,各种问题也随之出现。例如,会给当地居民带来困扰和安全问题等。

本论文,基于中日民宿的发展历史,分析中日民宿的发展现状。通过比较中日民宿,指出民宿开发中的问题和改善措施。利用联系发展全面的观点,客观分析中日民宿的开发现状,为中日民宿的未来发展提供参考意见。

关键词:中日民宿;历史;现状;比较

目  次

はじめに 1

1 日中民宿の歴史 3

1.1 日本における民宿の歴史 3

1.2 中国における民宿の歴史 4

2 日中民宿の現状 6

2.1 日本における民宿の現状 6

2.2 中国における民宿の現状 7

3 日中における民宿の比較 8

3.1 民宿の定義について 8

3.2 日中における民宿の未来 9

おわりに 11

参考文献 12

謝  辞 14

はじめに

日本の観光産業の接客スタイルの独自性は世界でも有名である。日本の独特の風習や文化と一般的な日本の生活に親しみたい人々は普通のホテルより、民宿あるいはペンションのような体験型宿泊を選ぶ傾向にある。近年、中国の経済発展とともに、中国から来る外国人観光客も増えている。中国で、人々の消費動向の上昇のために、人々はお金より自分の気持ちを重視するようになっている。そして、体験型旅行がブームになっている。周りの自然風景を取り入れたシンプルモダン系、あるいは地域の原住民の文化を楽しむ小さな宿に旅する人が急増している。日本では、アジア地域の中でも民宿形態が発展しているので、様々なノウハウがあり、中国と日本とは一衣帯水の隣国である。地理と風習では似ているが、中国民宿の歴史は日本より短い。石井(1970)は「わが国においては、1960年以降の社会的・経済的条件の変化に伴う観光の構造的変化を背景として民宿が急激に成長し、民宿地域が形成されつつある。」と述べている。[1]陳景明(2004)の「内農村旅行について研究:急速に発展まだ深く入り込む」によると、「中国台湾では1980年代から民宿が初めに出現した。中国本土では1990年代から民宿が一般的になってきた。」と指摘している。[2]

石井(1977)によると、日本の民宿の発祥地は細野(八方)というところであり、明治維新直後、白馬連山登山の歴史に始まっている。[3]明治時代から昭和初期まで、民宿は経済的な意図がなかったと考えられている。しかし、1937年(昭和12年)に県の許可制となってからは、許可を得たものが正式に民宿の営業を開始できるようになった。[3]そして、陳可石等(2016)によると、1980年代には日本ではポスト工業時代に入り、経済の発展とともに、人々は生活の向上に加え、精神的なゆとりを求めるようになって来た。それゆえ、この時期に民宿の数が急激に増加したのであるとしている。[4]民宿経営者が農業経営から民宿経営に転化してからというもの、日本の民宿がスケールメリットになっている。近年では家族単位で経営を行うことができるため、兼業でなく旅館業が専業であっても民宿を名乗るケースが多い。従来の民宿は農家、漁業者などの自宅を改造した物が大半であったが、以前からの建物を改築しなおす際に、より大規模な旅館同様の施設に建て替えることも多い。

中国本土の民宿の出現時間は日本より遅い。王偉全.趙麗萍(2017)の「国内外民宿発展の歴史について研究」によると、「1980年代、中国の四川省成都地域、青城山地域での「農家楽」という名前の民宿が始まりである。その後、2000年頃には、中国本土の民宿は田舎から都市に広がって来たのである。現在、中国本土の民宿の発展には二つの方向性がある。一つ目は田舎のライフスタイルを追求する伝統的な民宿である。二つ目はその地域の特色と体験を追求するタイプの体験民宿である。[1]」と述べている。[5]

なお、日中民宿の定義は統一されておらず、各地の事情により異なり、簡単に定義できないのが実状である。日本では、民宿とは「民家を利用した宿泊施設」の通称として用いられてきたものであり、主に簡易宿所を指す。[1]中国では、「民宿」といえば、一般的に「民宿」、「農家楽(グリーンツーリズム)」、「家庭旅館」を含む。民宿という、その呼び方が含まれているが、意味が似ているところと、偏重するところもある。しかし、それらは経営規模が小さく、個人で運営するところが多く、宿泊者や宿主とのコミュニケーションができるという同じ特徴をもつ。

1 日中民宿の歴史

1.1 日本における民宿の歴史

日本における民宿の発祥地は細野(現八方)で、白馬連山登山の歴史に始まると思われる。明治政府は明治維新直後より、日本近代化を推進するために、等高線の入った日本全土の地図を作ることに取りかかった。そして、1893年(明治26年)白馬岳の一等三角点が選点され、細野から案内人が雇われた。その時、等高線の作成者が山頂小屋へ向かう途中、悪天候により登山を断念した際、地元の住民は山小屋から「登山者を泊めてやって欲しい」と連絡を受け、泊めることになった事が民宿の始りである。その後、地質学者や植物学者や有名人が次々と訪れた。そして、白馬岳は広く紹介され全国に知られるようになり、登山者が増えた。登山道が整備されると登山者はさらに増加して、細野の案内者は需要が次第にガイドにも出るようになった。細野における民宿の発生は自然的なものであり、商業目的のものではなかった。

1907年(明治40年)ころ、細野の有志と白馬岳登山の開拓者であり白馬の観光開発の基礎を築いた松沢貞逸氏が、白馬岳山頂直下にあった測量班の残した石積みの小屋に手に加えて山小屋をオープンした。さらには、1913年(大正2年)にはじめて白馬山麓でスキーがされるようになった。昭和に入ると山小屋や登山道が急速に発達し、1930年(昭和5年)に国鉄大系線が神城、1932年(昭和7年)には信濃森上まで開通すると登山者はさらに急増し、空前のブームとなった。

白馬に来る登山者は白馬に着くと麓の旅館に泊まるか、ガイドをしてくる案内人の家に泊まった。案内人は白馬岳周辺を知り尽くしていたので、多くの登山者が細野に泊まり山を目指した。そして1937年(昭和12年)に、細野の山案内人をしていた家16戸が警察から許可を受けて民宿として営業を始めたのが日本民宿の発祥となったと思われる。

日本経済の発展とともに、人々の生活が豊かになり、スキー、登山、温泉などのレジャー活動が人気になった。大量のリゾート地が現れ始め、観光地周辺の住民が自宅を改造して旅行者にレンタルするようになった。昭文社が1997年4月出版した「全国民宿」では、1970年ぐらいに日本における民宿は2万軒以上に達したと記した。1980年代、日本は後期工業化時代に入った。物質の要求に基本的に満足するようになり、日本人は「心の豊か」を追い求めた。そして、グリーンツーリズムブームが巻き起こった。そして各地に次々とグリーンツーリズムが出現して行った。都市と農村との交流を強めるために、1992年日本農林水産省は「都市と農村の共生・対流を総合的に推進する」と提起した。そして、「JA」(日本農業協同組合)を設立し、民宿の発展のために協力した。今日、日本における民宿の法制度は基本的に完備され、旅行業法における「民泊サービス」があり、各地では民間の民宿組織もある。

1.2 中国における民宿の歴史

中国台湾では、1980年代阿里山、渓頭、懇丁などの区域の開発と伴に、多くの観光客が訪れるようになった。そのために、一時は地元のホテルが供給不足となった。すると、地元民が自分の空き部屋を利用して、観光客を接待することになった事が民宿の始まりである。1989年、台湾の「山胞行政局」(今の行政院原住民族コミュニティー)は山人の生活を改善するために、山地の特有のツアーリソースを利用して、住民たちに民宿を開設すること促した。この時期、中国台湾では、サービス業で働いている人の人口は50%を超え、農業で働いている人の人口は10%を下まわり、農業が危機に瀕した。農業発展のボトルネックを押し破るために、台湾地域は1990年にはじめて、「リゾート農業を発展させる」と「一つ村一つリゾート農業園」という政策を推し進めた。[3]民宿が新しい産業形式として、急速に普及していった。しかし、はじめて民宿経営水準は、管理制度に欠け、消費者の権益は保護されなかった。民宿のサービス品質を守るために、2001年に台湾地域正式的に「民宿管理方法」を提出した。民宿の建設規模、申し込み条件、管理監督及び経営者などに対して、法律を設け、民宿は次第に正規化、産業化していった。近年以来、民宿ブームにより、台湾民宿は精緻化されブランド化されていった。2007年までに登録された合法的な民宿は合計1939軒、ゲストルームとの合計が7751軒であった。2015年には、台湾地域合法的な民宿は合計5454軒、ゲストルームは合計22000軒となった。しかし、数量の爆発的な増加に反して、民宿は様々な問題も生まれてきた。[4]

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接