中国高校国际化的日语跨文化交际策略—以南京林业大学主页翻译为例毕业论文_日语毕业论文

中国高校国际化的日语跨文化交际策略—以南京林业大学主页翻译为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

在当代社会,高校的网页简介已然发展成为展示学校形象的重要窗口,但其在对外宣传的过程中所起到的作用却并不尽人意,归根到底是由于在中国高校的网页简介翻译中存在着很多问题,即一些专有名词、特定文化背景的难以掌握。这些问题,为高校国际化进程造成了阻碍,更是使各国高校间形成了一道巨大的言语墙壁。因此,我们需要全面认识中国高校主页简介翻译中所暴露的问题点或难点,增强简介翻译的有效度和可接受度,用一种全新的翻译策略去面对这些困扰,不再单单只是单纯地“教科书式”翻译,而是从日本人的角度去理解及思考,从而形成有效的翻译,使得高校简介在其全球化进程中大放异彩。

本文通过比较日本高校与中国高校(以南京林业大学为例)的大学主页,全面分析了中日高校网页简介的差异及中国高校主页简介翻译(以南京林业大学为例)的问题,总结了中国高校主页日语翻译中的策略及技巧。从翻译学角度出发,以中纳言语料库及权威词典为工具,分析高校主页在跨文化交际中的一些问题及差异,探究了高校如何翻译主页才能更好实现国际化。以南京林业大学为例,分析其在高校主页简介的不足及成因,从多种角度分析了如何实现高校主页国际化从而达到真正的跨文化交流。

关键词:网页简介;言语墙壁;国际化;难点;翻译策略

目  次

1. はじめに 1

2. 先行研究 2

2.1 言語の特色 2

2.2 文化の背景 2

3. 中日大学のホームページの違い 4

3.1 言語の違い 4

3.2 文化の違い 4

4. 南京林業大学のプロフィール翻訳の詳細問題 6

4.1 国家体制において 6

4.2 計量用語 7

4.3 組織の違い 9

4.3.1 学院の組織 9

4.3.2 工作組織 11

5. 固有名詞と翻訳方法 13

6. 大学ホームページの日本語翻訳戦略 16

6.1 減訳する 16

6.2 繁雑を省略する 16

6.3 情報の補足 18

6.4 再構築 20

7. おわりに 28

参考文献 29

謝辞 31

1. はじめに

21世紀に入り、インターネットが急速に発展するにつれ、グローバル化が進んでいる、教育の分野でも同様である。留学生や外国人教師が増えるにつれて、各国の大学の間で国際化の交流が強化されています、中国の各大学の国際化策も本格的にスケジュールされている。その中で突出した一つは、各大学のウェブサイトのホームページだ。これは外国人にこの大学を知ることができる重要なルートである、歴史の背景、教育、先生の資源などを含んでいます、大学プロフィールの有効な翻訳もそのグローバル戦略の重要な一環である。したがって、どのようにしてプロフィールの受け入れを向上させるかは、深い意味と深い意味を持っている課題である。

しかし、大学のプロフィール翻訳には多くの問題がある、すなわちいくつかの固有名詞、特定の文化背景を把握しにくい。南京林業大学を例として、学校のホームページで紹介した「中国共産党の指導下」、外国人にとってはとても理解しがたい、文化交流の際に、受容量はあまり高くない。中国語の教育単位「学院」、面積単位「ムー」は、実際に日本語には対応する概念がない、そのため、漢字や発音で直訳しても、日本人にこれらの概念を理解させることはできない。似たような翻訳問題はまだ多い、これらの問題は、大学の国際化のために障害をもたらした、更に各国の大学の間に大きな言葉の壁を形成させた。したがって、私たちは翻訳の有効度と受容度を強化する必要があり、新しい翻訳戦略でこれらの悩みに直面する必要があります、ただ単に「教科書式」翻訳だけではなく、日本人の視点から理解して考えることにしています、これによって有効な翻訳を形成して、大学プロフィールはそのグローバル化の中で大きく彩られている。

2. 先行研究

2.1言語の特色

翻訳大学の概要については、その言語の特徴に注意しなければならない。

王静(2012)は、言葉について、文字、語彙、文法、文体などにも独自の特徴があると指摘している。

宮偉(2016)は、日訳する際に特に「葉徒が似ているが、実は味が違う」という漢日の間の「同形異義語の存在」に注意すべきだと指摘する。

楊紅霞(2014)は、言語の特色の違いが主に以下の点に表れていると指摘している:

①文字の規格形式が異なる

②語順の違い

③語境の違い

④語感の違い

2.2文化の背景

文化背景の翻訳は大きな難点だ。

王静(2012)は文化について、日本人には「彼の文化を考える」、「和をもって貴い」文化がある、翻訳大学のホームページにも、言葉の表現にも表れているはずだ。

宮偉(2016)は言語が文化の積載体であり、文化の一つの外在的表現であると指摘する。言葉に反映されるのは一つの民族、一つの国の考え方、文化の伝統と民族感情。各民族の国の言語や文化はその特殊性を避けられない。日本語訳は明らかに英語を完全に扱うことができない、共通の法則を参考にすると同時に、日本語と日本文化の特殊性を考慮しなければならない。

楊紅霞(2014)は、言語の背後にある社会、文化と異同を深く理解し、もっと有効で、日本の文化を客観的に認識し、日本の文化を吸収する、中国と日本との友好交流を促進するためにも、中国の大学プロフィールに対応する日本語の翻訳を加えて、一定の理論を提供することもできる。

李丹(2015)は、文化とは、知識、信仰、風俗、芸術、法律、道徳が他の社会で学んだ習慣や能力を含む複雑な体である。民族、風土人情の違いと観念の多元化によって文化の表現形態はそれぞれ異なっている、言葉の表現や伝える内容が多角化に向かっているのが、文化の違いの源である。李丹はまた、翻訳の過程で言語の背後にある文化情報を再現することは不可欠だと提案した。それでは翻訳の実践の中で、作者の思想を本当に把握したいならば、翻訳者は必ず言葉、文化の違いを直視しなければならない、言語の背後にある文化の違いを掘り起こして、中日両国の言語文化の違いを分析する、有効な翻訳方法を見つけることが重要だ。

3.中日大学のホームページの違い

中日大学のホームページ中の学校概要は言語と文化においてで大きな違いがあるため、これらの違いを十分に認識することが大学プロフィールの日訳に重要な意味を持っている。

3.1言語の違い

学校概要は非文学的な情報のテキストだが、中国の伝統的な考え方や文法の影響を受けて、ホームページの中国語のプロフィールの中でも、文才を追求することを重視している。この主な体現はテキストの多くは形容詞を使って、4字の単語、多く排比、誇張、繰り返しなどの修辞の手法を使って、あるいはそれを誇張してあるいは語気を強めるあるいは強調する作用を強調します。これは中国語の交際の中で一般的に定着しているが、情報伝達の有効性から見れば、この言語はあまり実用的な情報はない。

例えば“学校牢固树立创新、协调、绿色、开放、共享的新发展理念、落实立德树人根本任务、积极探索为经济建设和社会发展服务的有效途径、努力把学校建设成为以林科为特色、以资源、生态和环境类学科为优势、理、工、农、文、管、经、哲、法、艺等多学科协调发展、具有一定国际影响的高水平特色大学、逐步实现建设世界一流大学的远景发展目标。”(南京林業大学のウェブサイト)。これに対して、日本の大学のホームページでは、学校のプロフィールの文字はほとんど客観的である。また、中日学校の概要は、文章の構造にも大きな違いがある。中国の大学のホームページの中の学校の紹介は「大盛合せ式」の長編テキストで、大見出しだけで、ほとんどの紙幅が長い。これによって、日本の大学のホームページは大部分が次級の小見出しとダイナミックリンクを通じて、全体の章の内容を区分して各階層の子文字になる。例えば 「総長室から」、「大学概要」、「東京大学の歴史」、「規則・コンプライアンス」など、それぞれの子文字は紙幅が短くて、言葉は簡潔である比較的に、日本式のプロフィールのスタイルは、情報化の時代の要求に合っていて、読者の短い時間で自分の必要な情報を見つけることができる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接