关于《伊豆的舞女》的形象研究毕业论文_日语毕业论文

关于《伊豆的舞女》的形象研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

《伊豆的舞女》的作者是诺贝尔文学奖获得者日本作家川端康成,川端康成

1899 年 6 月 14 日出生于日本大阪,幼年父母双亡,其后姐姐和祖父母又陆续病故。一生多旅行,心情苦闷忧郁,逐渐形成了感伤与孤独的性格,这种内心的痛苦与悲哀成为后来川端康成文学的阴影很深的底色,而这段经历则与其文学的独特性有着密不可分的关系。川端康成的作品大多都是描写女性的纯洁和不幸,本文以《伊豆舞女》中的舞女为研究对象,小说中的舞女清纯美丽、天真无邪,让作者感到人生的温暖,产生了无限美好的浪漫遐思并萌发出一种朦胧的恋情。与舞女的邂逅,使潜在于作者心灵深处的“孤儿根性”得以反省,“肮脏的想法”得以冲刷净化。本文主要从舞女的外貌、言语、动作等方面对舞女的形象进行研究, 从形象透析出作为女性的舞女的美,并进一步探索探索出川端康成的文学特色。

关键词:舞女;外观;言语;动作;形象

目 次

はじめに 1

  1. 踊り子の姿 1
    1. 外貌 1
    2. 言葉遣い 2
    3. 振る舞い 3
  2. 踊り子の姿に見られる踊り子の美 5
    1. 卑屈な態度 5
    2. 活発な性格 6
    3. 強さの内心 8
    4. まとめ 9

3 踊り子の姿から見た川端康成の文学特徴 11

    1. 文学特徴の定義 11
    2. 川端康成の文学特徴 11
    3. まとめ 13

おわりに 15

参考文献 16

謝 辞 17

はじめに

『伊豆の踊り子』が日本にだけでなく、中国にも有名である。『伊豆の踊り子』が最初に大正十五年(1926 年)に新感覚派文学の機関誌『文芸时代』で発表した。後にこの作品についての評論や、研究が続出している。でも国内で「伊豆の踊り子」を研究するのがすくないで、『伊豆の踊り子」についての翻訳研究が多い。また『伊豆の踊り子』は 6 回に映画として浮ぶされ、スクリーンの『伊豆の踊り子』の中の人物のイメージがもっと生々しく見える。この文章を読まれば、全文で薄い悲しい雰囲気が感じられる、そのとともに、『美』についてのことも全文に感じられる。これはちょうど川端康成の作品の魅力である。でも、なぜが川端康成はいつもこう言う創作の姿をしたか、川端康成の生活の経歴と関係があるかもしれない。深いところを見れば、川端康成の作品にも彼の感謝の意も表す、当然こう言う意も『伊豆の踊り子』に反映される。もちろん、『伊豆の踊り子』の小説に、人物のイメージが生々しく書いている。この小説に、女と男の間の感情を成功に表される、読む過程で、いつも、読者を美しい環境に帯びる。本文の目的は、『伊豆の踊り子』小説の踊り子を例として、踊り子のイメージを研究して、そしてイメージから踊り子の性格を読者に現れる。その同時に研究を通じて、小説に新しい理解の観点を帯して、川端康成の文学の特徴を発見する。

1 踊り子の姿

外貌

小説の中に、以下のように踊り子の外観が書いている。「踊り子は十四くらいに見えた、わたしには分からない古風の不思議な形に大きく髪を結っていた。それが卵形の凛凛しい顔を非常に小さく見せながらも、美しく調和していた。髪を豊かに誇張して描いた、稗史的な女の絵姿のような感じだった。」この説明によって、踊り子の純潔な姿を現せる。踊り子の服装とか、顔とか、髪形とかから見て、踊り子の年齢をよく知っている。年齢のため、少女が愛情にたいして、純潔になるのが不思議ではないである。あるいは、踊り子の外観によって、隠れる意義が現せる。一方、踊り子の伝統な美も読者に表せる。実はその描いが作者の普通な文学風を現す。小説の川端康成の多くの文学作品が、ほとんど文学活動の初期から戦前まで完成した、踊りこのような女を描いていた。その描くの細いところから見て、川端康成が女性の美を褒める同時に、日本に伝統な男として、踊り子にある軽めの気を現せる。文の中に作者が空想もを踊りこ持っている、文中に以下のようにする、「踊り子を今夜は私の部屋に止まらせる」と思っていたことがある。その描くから、作者が青春の時に若者として別の面を持っている、それはちょうど作者の誠な面である。作者の家庭によって、女がないので、踊り子ような女性に好奇心を持っている、そしてその感じが強くになっている。

言葉遣い

小説の中に、いろいろな踊り子たちについての言葉を描く。言葉から作者が伊豆に旅行する目的とか、動機とかを現せる。例えば、言葉が以下のようにする。

「いい人だと、踊りが言って、私の心にぽたりと清々しく落ちかかった。いい人かと思った。そうだ、いい人だと自分に答えた。平俗な意味での、いい人と言う言葉が、私には明かりであった。いい人だと踊りこの言われた満足と、いい人と言った踊り子に対する好意とで、涙を流したのである。今から思えば夢のようである。幼いことである。」作者が踊りこから「いい人だと」という言葉を聞こえば、なんでも暖かい気をする。踊り子の純潔な形象を作者に表せる、そのときから、作者が心を浄化される、そのとともに、ちょっと喜びと感動を感じる。そのとともに、作者の孤児根性を読者に表せる。また、その言葉から伊豆に旅する目的がちょっとも知っている。

「冬でも?踊り子はやはり連れの女を見て笑った。「冬でも泳げるんですか。」と、私はもう一度言うと、踊り子は赤くなって、非常にまじめな顔をしながら軽くうなずいた。」一部では、少女を描いたとはじらい気持ちを照れた。その時に踊子のそばで 24 歳の兄栄吉だけいるが、他の男性がない。だから、踊り子が男はあまり接っしないので、恥じらうのだからとか、「私」を注意にするのを恥じらうのが、知らない。旅芸人生活があちこちにして、依存する人もない、苦労もを経験するのが常人よりはるかに多い、それでも、踊子がいまだにこの素朴を残っている。漂泊の芸人の生活経験が踊子がかえってない全然踊子を損傷しない。この生活経験のため、踊り子が単純な、素朴な心を留保した。彼女は、

一般の女の子にあの未世の性的魅力をはなかった、そのとともに、純潔な女性を読者に表せる。

振る舞い

「私が振り返って話しかけると、驚いたようにほほえみながら立ち止まって返事をする。踊り子が話しかけた時に、追いつかせるつまりで待っていると、彼女はやはり足を止めてしまって、私が歩き出すまで歩かない。」この部分が、踊り子の振る舞いが彼女の清純を投げうようになると述べる。その時に、作者の心が踊り子に浄化される、また作者の魂が踊りこに引かける。

そのほか、踊り子の清純を表せる同時に、生存のためにちょっと狡猾な表現もある。踊り子が作者の裸を見ると、すぐ顔が赤くになる、そして心からドキドキしている、でも同じの時期に、作者から一定の距離を置きながら、それはちょうど礼を作者にあらわせる。その表現が、踊り子が社会で地位が高くないであれば、基準的な礼も正しいするのが、社会のル一ルを守っていて、作者に尊敬される。それも踊り子の誠な面目である。

また、彼女の兄嫁の資質を表せる。あるいは、踊り子が世話すきな一面があり、女らしいやさしさも持っている。以下のようにする。「踊り子が自分の足のほこりを払おうとしたが、ふと私の足もとにしがんで袴の裾を払ってくれた。私が急に身を引いたものだから、踊り子はこつんと膝を落とした。かがんだまま私の身の回りをはたいて回ってから、掲げていた裾をおろして、大きい息をして立っている私に、お掛けなさいましと言った。」この部分は、踊り子が作者に母性を表せる、全部の動作が世話好きにすることを表せる、日本の伝統的な女の性格をきれいになれる、やわらしい表現とか、暖かい表現とか、全部母親

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接