近十年来日语外来语类型分析毕业论文_日语毕业论文

近十年来日语外来语类型分析毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

本文主要以近十年来日本出现的外来语作为研究的对象,对这些外来语出现的原因进行分析和研究,并参照一定的标准对其进行分类,在每个标准下都会列举相应的例子,并对它们出现的原因进行解释和说明。外来语超过一定的量,正在对日语本身带来了威胁和社会的危机感。新的外来语持续增加,也形成了语言交流的障碍。所以本论文旨在通过对近十年来日本出现的外来语进行研究来加深日语学习者对外来语的了解,以便为广大的日语学习和研究者带来更多便利,方便其更好地使用外来语,从而提高对日语的掌握能力。

日本是一个善于吸收与借鉴外来文化的国家。从古至今,在宗教、文字、国家制度、社会文化等各个方面都有像国外学习与借鉴的部分。外来语在整个文字发展过程中对日语及日本文化产生了深远的影响,对于外来语的利弊大家各执一词。由于外来语在日语中的比例不断增加,所以全面而深入地研究外来语对于我们学好日语,进行中日跨国交流有很大的帮助。外来语不仅是一种语言现象,也可以视作一种社会和文化现象,因此对近十年来外来语进行分析对外语教学研究、翻译和实际应用都具有积极地指导意义。

关键词:外来语;种类:;影响

目  次

目  次 1

1.外来語の現状 3

2.外来語の分析 5

2.1経済方面 5

2.2日常生活方面 6

2.3ほかの面 9

3. 影響 12

3.1 積極的影響 12

3.2消極的影響 15

おわりに 18

参考文献 20

謝  辞 21

はじめに

統計によると、日本語の外来語の語源は26もある。その中に、中国語は 40% を占め、英語は 45% を占め、ほかの言語はわずか 15% を占めている。日本語の外来語は様々な分野に効いている。国立マンダリン協会によると、1966年の日本の新聞に外来語の使用の割合は12%に達して、1979年の生活言語にこの割合は10.1%になって、特に過去10年間で、外来語フィーバーと呼ばれることができる。外来語は現代日本語語彙の 10% までになる。 さらに高い領域もある。ファッションの分野では 97%、ダイエットは 84%、美容 は86%、スポーツ は76%、レジデンスは 67%、エンジニアリング は40%、生物 は30%、オペレーティングは 45%、化学 は39%、哲学 は23%、政治 は11%、ステレオ は74%、薬は 17%という現状である。 日本の生活は徐々にヨーロッパ化になるとともに、外来語が多くの分野で広く使われている。

1.外来語の現状

日本国マンダリン研究所は1960年代から、外来語を構成する日本語、中国語、外来語、混合言語の割合について90種類以上の雑誌を調査して、次の統計情報を得た:

日本語36.7%、中国語47.5%、外来語9.8%、混合言語6.0%。

日本国マンダリン研究所は前世紀の70と80年代に、もう一年に発行した「朝日新聞」、「デイリーニューズ」、「読売紙」を調査対象として、日本語の構成における日本語、中国語、外来語、混合言語の割合を改めて検討した。 新たに取得した統計は次のとおり:

日本語38.8%、中国語44.3%、外来語12%、混合言語4.8%。

はじめのグループの調査データと比べると、外来語の利用度が増えている。

今日、日本語を学ぶ日本の国民と国々の生徒たちは、外来語の急増と使用頻度の増加が地味地味に感じるだけでなく、外来語のユビキタス感も経験している。しかし、今では日本語の外来語の割合はいったいどいうことか、最新の研究データを使って回答する。2002年12月10日公開の「読売新聞」の第13版の外来語の数は合計695件であるが、一番多いとは言えない。

外来語のユニークな書き方は、漢字仮名と比べると違和感があるが、新聞や雑誌の記事に、かえって目立ってるテキストの風景線になる。 日本は外来語を収録する専門な辞書を発行するだけでなく、伝統的な辞書にも外来語が増えている。 例えば、日本集英社出版した「日本語外国語辞書」の中に合計38500例を収集している。 その中に、一般的に使用される外来語は34000例である、名前、場所の名前は2000例以上、省略語は2500例と合計する。 現在の状況と外来語の使用程度によると、数年もいらず日本語の外来語の割合は50%に達することができる。

でも日本の国民は外来語についてかなりぶつぶつしている。 日本文化省が2010年に実施した「ミカンに関するアンケート調査」では41.8%の人が「特定の新しい言葉の意味を理解していなかった」と訴え、39. 1% の人が「いくつかの外来語の意味を理解していない」と言った。

2.外来語の分析

2.1経済方面

ここでは普通なことばを取り上げることにする。1979 年のころのものであるから現在と多少相違があるかもしれない。このにマルクス主義に関する用語が少しまじっているかもしれない。しかし、20 世紀の歴史を表すものとしてあえて除外しなかった。全体としてはやはり英語に関するものが圧倒的に多い。

明治時代には、流行している外来語はエコノミー、エコノミカル、エコノミックスなのである、すべて英語である。大正時代には、インフレーション、などウクラードなどの経済制度か経済政策に関する流行外来語である。20現代では専門的な経済用語がマスコミュニケーションなどの流行外来語になっている。例えば、すクラッブアンドビルド、プライスリーターなどである。

プライマリーバランス

日本人が公共サービス(医療、教育、福祉サービスなど)を受けるには、国や地方自治体からの支援、つまり歳出が必要である。公共サービスに必要な資金源、つまり歳入は国民からの税金によるものである。両者の平衡がとれているのが健全なプライマリーバランスであることは言うまでもない。

ベンチャービジネス

日本経済の活性化にはベンチャービジネスの発展が必要であるという考えから、国や地方自治体は、起業しやすい環境を整備することや起業後の支援体制を充実されることに力を入れている。ベンチャービジネスは、ベンチャー企業とも、略してVBとも言われる。「リスクのある分野で創業する事業」という意味で、創造力・開発力をもとに、新製品・新技術や新しい業態などの新方式を実施するために創設される中小企業である。中には大学の研究成果を活かす「大学発ベンチャー」もある。まだ若い企業が主であるが、大企業が手がけていない新しい事業や独創的は技術開発に取り組み、急成長を遂げている。

2.2日常生活方面

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接