日本剑戟电影的嬗变及衰落毕业论文_日语毕业论文

日本剑戟电影的嬗变及衰落毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

电影这一艺术形式以影像呈现,更为直观,地域差异也更明显。每个国家地区的电影都有自己的特色,甚或发展出独特的电影类型。日本电影就发展出了自己的一个类型,剑戟电影。剑戟电影中的主角和故事各色各样,相同之处是以冷兵器为主展开的打斗场面占大篇幅或对情节发展起决定性作用,这也是它和武士电影及黑帮任侠电影的不同。

剑戟电影是日本电影最早发展出的类型。从电影传入日本至战前,剑戟电影基本成熟,由主要取材于讲坛本,表现忠诚的作品向原创剧本,由明星主导的作品发展。受社会影响,也有表现反抗精神和社会主义的作品。这个时期,剑戟电影基本成熟。战时和美军占领时期,娱乐向古装剧被禁止,能上映的作品都是严肃的古装戏,省略不提。五十年代到八十年代是剑戟电影高峰期,形象和打斗场面得到极大的发展,表现传统思想的作品反而不受欢迎。九十年代之后,作品极少, 多为翻拍,几乎没有杰作。剑戟电影的衰落也由此可见。

关键词:日本电影;剑戟电影;类型电影

はじめに 1

  1. 戦前剣戟映画の初期形成と発展 3
    1. 剣戟映画は日本映画の一つ 3
    2. 剣戟映画は時代劇の一つ 4
    3. 初期の剣戟映画 5
  2. 50~80 年代の剣戟ブーム(上) 6
    1. 黒澤明の剣戟映画 6
    2. 小林正樹の剣戟映画 8
    3. 座頭市シリーズ 9

3 50~80 年代の剣戟ブーム(下) 10

    1. ヤクザ映画と剣戟映画 10
    2. 子連れ狼シリーズ 10
    3. 修羅雪姫 11
  1. 90 年代以降の剣戟映画 13
    1. 御法度 13
    2. 山田洋次の時代劇三部作 13
    3. リメイク 14
    4. 剣戟映画の衰え 15

おわりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

はじめに

映画というものは映像で表現され、さらに直観的な芸術形式であるから、地域差も明らかに見える。各国・各地の映画は皆自分自身の特色が持ち、そのうえで、独特なジャンルに発展する可能性がある。例えば、中国の武侠映画がその中の一つ映画ジャンルで、豊富な武侠文化を加え、時代と地域によって人々の姿を表す。剣戟映画や西部劇等他のジャンルから模倣することも、低迷期もあるが、ずっと新な可能性を追求し、発展も止めない、創作や鑑賞における数多くの深い研究を行っている。一方、本文が論じる日本の剣戟映画は中国の武侠映画より、あまり重視されていない。

日本の剣戟映画とは、冷兵器を中心に据えた映画のジャンルである。またチャンバラ1映画とも呼ばれる。人物や物語はとわない、殺陣こそがそのジャンルの共通点である。それも剣戟映画とサムライ映画並びにヤクザ映画最大の相違点である。直接に視覚に刺激する殺陣が剣戟映画の娯楽性を決める。数も範囲も夥しい観衆は大衆を代表することもできる。剣戟映画はある時期の価値観を伝える。例えば、武士道を謳歌し、サムライの物語を借りて現実を批判し、武士道精神を反省する。人物、テーマ、セット及び兵器の形から伝わられる映画関係者の思想は時期並びに社会環境によって異なる。このジャンルから観衆の好みの変化が知られる、武士道精神が衰えた過程も見られる。

しかし、剣戟映画は移り変わりにおける研究が少ない、サムライ映画あるいは暴力映画と間違えされたことがあり、文化視角における研究の乏しさも言うまでもない。

中国では、サムライ映画あるいは暴力映画を中心に展開された研究は少ないではない。剣戟映画と前述の二つのジャンは重なってる部分は確実にあるが、完全に同じジャンルとは見なさない。例えば、高明が書いた『日本サムライ映画研究』は座頭市をサムライと間違えた。だが、サムライから侠客に転換する

1 刀で斬り合う音

のは剣戟映画では避けられないポイントである。また、サムライ映画における研究の重点は常に武士道精神に集中させ、武士道に完全に関係ない一部の剣戟映画がおそろかにされた。その部分は側面から武士道精神の衰えが反映される。一方、範囲が広い暴力映画はどの国でもあり、映画の本質あるいは独特な美学が分析される時、剣戟映画もこのジャンルに含まれている。だが、的確さも全面性も欠けている。他に、ある監督あるいはある作品における研究は多いが、剣戟映画そのジャンルにおける研究はあまりない。

外国では、一つ種類は映画史の一部として分散している剣戟映画研究である。例えば、四方田犬彦あるいは岩崎昶が書いた日本映画史の書籍が薄い、字数に限られ、内容は簡単すぎる。佐藤忠男の日本映画史は字数も多い、内容も豊富が、主観的な評論も多い。もう一つの種類は中国の数多く研究と同じ、ある映画を中心にされ、単一の作品の含みと時代性を述べ、あるいはある監督の作品を対象としてその監督の創作論あるいは美学を述べる。

一方、いくつかの剣戟作品から武士道精神を述べる研究もあるが、剣戟映画というジャンルから見れば、系統性も全面性も欠けている。

本文は戦前、50-80 年代の剣戟映画ブーム前期、後期と 90 年代以降の四つの部分に分け、時間に従い、人物やテーマ等における剣戟映画の移り変わる過程を述べる。この四つの時期にはそれぞれ特徴があり、武士道精神の衰えも体現される。最後の第四部分にこのジャンル自身の衰えを述べ、四つの部分を纏め、剣戟映画が衰える原因と必然性を論じる。

1 戦前剣戟映画の初期形成と発展

戦争や時間のせいで、この時期に制作した映画が後世に残った数量はすくない。第一部分は後文と異なり、重要な作品を具体的に分析ではない、次第にジャンルに形成した剣戟映画を日本映画と時代劇の一つとして、大体の発展趨向並びに草創期の特徴を論じる。

剣戟映画は日本映画の一つ

十九世紀末欧米に誕生した映画は「1896 年に日本に伝来した」2。この時期の映画はまた活動写真と呼ばれる。先進的な芸術と認められることがない、初期観客は主に子供と労働者たちだという現象は欧米と同じである。舞台劇の伸展と考えられるが、伝統演劇者たちに新奇な娯楽と蔑まれる。

1898 年、日本人が自分の映画を撮り始めたが、最初の本格的な劇映画『本能

寺合戦』は 1908 年に公開された。最初の職業的映画監督牧野省三が出現した。

『本能寺合戦』も最初の時代劇映画並びに剣戟映画である。

1912 年、日本初の本格的な映画会社「日本活動冩眞株式會社」が創立されたが、映画は時代劇も現代劇もまた舞台劇の手法を踏襲し、自分が空間上まだ独特な芸術形式として成熟していなかった。外国映画と大正デモクラシーの影響で、1918 年に起きた日本映画の近代化運動「純映画劇運動」が映画は演劇の模倣であってはならない、女優を起用、弁士を字幕に変えると主張した。関東大震災が発生した 1923 年に終わったが、主張したものが大体実現し、映画を確かに影響力がある新しいメディアとして認められた。

震災後、プロレタリア芸術運動が起こった。経済恐慌や社会文化状況を反映される傾向映画が出現した。多数は現代劇であるが、検閲をよけるための時代劇も少なくではない。しかし、検閲が更に厳しくなった。また、短い時間を経

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接