从中日谚语看中日传统婚姻观毕业论文_日语毕业论文

从中日谚语看中日传统婚姻观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

谚语是人们长期生活经验的总结和智慧的结晶。我们通过谚语,能在一定程度上了解一个民族的思维方式、价值观念、思想特征等文化信息。本论文从语言学、人类社会学的角度出发,从词典中整理出与婚恋观有关的中日谚语,采用比较研究的方法,从婚姻心理、择偶标准、婚姻目的、婚姻中的人际关系这几个方面探究中日传统婚姻观的异同和特点。

在中日两国的传统婚姻观中,都有着偏感性的婚姻心理。在择偶标准上,中日两国有相似之处,也有不同之处。其中,在男女双方的相貌和年龄选择上,中日的择偶标准是不同的,而在性格和门第方面,中日的择偶标准又是类似的。在婚姻目的上,日本人深受日本的无常观的影响,特别重视缘分。而中国人的婚姻的目的就是为了遵循自然和寻求依靠。在夫妻关系中,中日普遍存在着不对等的夫妻关系,即男尊女卑。同时,女性在婚姻中的价值又都是被认可的。而在婆媳关系中,日本婆婆和媳妇也充满着矛盾。

总之,涉及婚姻观念的中日谚语体现了该民族特有的婚姻文化观念及文化心理等,了解中日两国在这一传统文化领域中的异同点,有利于加深中日两国人民的友谊。

关键词:中日谚语;传统婚姻观;对比研究

目  次

はじめに 1

1. 先行研究 2

1.1 日本方面の研究 2

1.2 中国方面の研究 2

1.3 中日比較研究 3

2. 研究方法、目的及び意味 4

2.1 研究方法 4

2.2 研究の目的及び意味 4

3. 諺と婚姻観の概念規定 5

3.1 諺の定義の内包 5

3.2 婚姻観の定義と内包 5

3.3 諺と婚姻観の関係 6

4. 中日諺中反映した婚姻心理的比較 7

4.1 諺実例 7

4.2 結論 8

5. 中日諺中の配偶者選び標準の比較 9

5.1 諺実例:外貌 9

5.2 諺実例:年齢 9

5.3 諺実例:性格 9

5.4 諺実例:家柄 10

5.5 結論 11

6. 中日諺中婚姻目的の比較 12

6.1 諺実例 12

6.2 結論 12

7. 中日諺中婚姻中人間関係の比較 13

7.1.1 諺実例:夫婦関係中の夫婦尊卑 13

7.1.2 結論 14

7.2.1 諺実例:女性価値の認め 14

7.2.2 結論 15

7.3.1 諺実例:姑と嫁の関係 15

7.3.2 結論 15

おわりに 17

8.1 結論 17

8.2不足点と今後の課題 17

参考文献 19

謝 辞 21

はじめに

言葉と文化には特殊な繋がりがある。諺は人から生まれ、人の世界で世代伝われた固定的な言葉で、人たち長期の生活経験のまとめと知恵の結晶である。ある諺はユーモアであり、ある諺は皮肉である。諺は異なる角度で、簡潔な言葉を持って深刻な道理を表している。即ち、諺を通じて、側面から一つの民族の思惟方式、価値観及び思想特徴などの文化情報をある程度了解できることになる。

中国と日本は一衣帯水の隣国であり、何れも漢字文化に属している。中日両国特有な文化にも相互影響する部分があることは紛れもない真実である。諺もその影響に及ばされている。東京大学教授金子武雄は「ことわざは日本文芸の起源から今日に至るまで、一つのジャンルとして、日本文芸の中に無視できない、かなり重要な位置を占めているものと思っている。」という言葉を言ったことがある。日本語を学習する人に対して、諺の研究は日本語の勉強及び日本文化を知る重要な一環である。

学者たちは既に中日の諺を深刻に比較研究したが、この研究は何れも語彙、表現、内容、翻訳などに注目した。諺にはまだ豊富な研究価値があると筆者は考えている。数多くの諺のなかで、恋愛、婚姻を主体として反映する諺が大いに存在している。例えば「花も折らず実もとらず」、「似た者夫婦」、“男大当婚,女大当嫁(男も女も大きくなったら結婚すべき[1])”“ 人恋双,马恋群(人は二人になりたい、馬は群になりたい 筆者訳)”。この諺が婚姻観や人伝統婚姻生活に巨大な影響を齎したことを表した。伝統社会は人類社会の重要段階であるがため、本稿は以前の観念を破り、諺を通じて、人類社会学の観点から中日の伝統婚姻観を探求したいのである。

1. 先行研究

中国及び日本の各領域では、多様化な角度から諺を研究する流行りがある。各界博学多才な学者たちは諺に関して大勢優勝な発表をし、多角度で諺を解説したことがある。本稿はこれまでの先行研究に基づき、中日諺と婚姻観の研究現状を説明及び分析を行う。

1.1 日本方面の研究

日本では日本諺に関する研究が多く存在している。穴田義孝(1984)は社会心理学の角度から、諺を持って社会個性を探求する理論方法で、自然、社会、人間関係、個人的判断態度の四つの面で日本人の国民性を深刻に分析した。更に諺に通じて探求された社会個性を元に、民意試験考察に相まって「諺は時代を超えて現在まで存在し続けてきたが、その内在意味は変化してはいない」という結論に辿りつけた。荘司和晃(1974)には諺は論理的な科学性と感性的な経験の中間における特有論理で、即ち感性的論理であるという主張を提出した。彼は目で見る感官世界の表面認識と脳のなかの想像世界の内部認識を結び合わせる。諺を研究する方法は諺の創作の実践への探求にも含められる必要があると主張した。外山之滋比古(2010)は諺に表現された論理と心理を持って、作者自分の経歴体験に加えて思考と説明を進行し、各諺の内包を探求する。千野明日香(1996)は日本人の視覚から、常用で中国特色を表す諺で評価分析を行う。

1.2 中国方面の研究

中国では諺に関する研究は常に存在している。特に改革開放以後、諺の研究は新たな段階になった。武占坤(1998)では諺の性質の定義し、全面的に諺の

構成及び思想内容を述べた。温端政(2005)は前人諺に関する研究を整理し、諺中語彙相関な内容を詳細に分析した。

21世紀になって、諺に関する研究は新たな視覚が出現した。魯啓華(2000)には中国の諺を忠告、皮肉と賛美、世態、風土、養生の五類に分ける。諺は客観的事実を反映しているが、同時に地域性も存在する事実を説明した。

1.3 中日比較研究

馮明舒(2005)は諺の作用、構造、修辞及び韻律と文法などの面から、中日諺の相違点と共通点を分析した。蒋静(2013)は女性の社会地位、婚姻などの面で、中日伝統諺中の女性文化観を分析した。王凌(2012)は経済文化に相関する諺の分析から、利益観、金銭観、消費観、危険観などの面で中日両国の経済文化に比較研究を行う。

以上先行研究に対するまとめを分析によって、以下のことが発見できる。中日両国学者が諺に対して多くの研究を行い、その比較研究は既に経済などの方面にも達した。しかし、自動の変更により、伝統諺に対する研究は次第に減少していく。目前日本諺中反映した伝統婚姻観の資料はまだ少なく、中日諺中伝統婚姻観の比較研究資料及び成果は極めて欠乏である。だが上記の先行研究は本稿の研究に参考資料を提供し、視界を開かせる役目がある。

2. 研究方法、目的及び意味

2.1 研究方法

本稿は言語学、人類社会学の角度を元に、辞書から婚姻恋愛観に相関な中日諺を整理し、更に比較研究の方法を採用して、婚姻心理、婚姻目的、婚姻中の人間関係の方面から中日伝統婚姻観の異同と特徴を探求する。

2.2 研究の目的及び意味

諺を通じて、ある程度で一つの民族の思惟方式、価値観、思想特徴などの文化情報を了解することができる。婚姻観は民族文化中常用な部分で、一国の文化を知るのに大切な鍵である。本稿は諺から入手し、中日諺中の婚姻観に全面的な比較分析を行う。目的は中日両国伝統婚姻観の差異と特徴を帰納し、両民族貴重な精神文化への理解を更に深くさせることである。

諺を通じて中日両国伝統な婚姻観を比較し、中日両国婚姻文明への理解を深くさせることができる。更に、この理解は新世代に啓示与え、文化の伝承にも役目を果たせる。最後、この研究は中日の文化交流に使用できる。諺は民族性を持ち、該民族の文化観念、意識形態及び思惟方式を表す。該民族の文化を深く理解し、実際の交流中互いに理解を深めることは、中日両国人民を友情に利点がある。

3. 諺と婚姻観の概念規定

3.1 諺の定義の内包

“谚,传言也。(諺とは伝えられた言葉である 筆者訳)”「古くから世間に伝わっている教訓や風刺を含む文句。」諺、つまり人民が生活実践中絶え間なく創造及び積み重ねた経験教訓を伝わる言葉形式である。人は固定な文を借りで、生動且つ簡潔に感情を表現し、思想経験を伝達する。日常生活中、諺の使用を通じて、効率且つ簡潔に経験、教訓、批判、皮肉などの内包を伝達することができる。

3.2 婚姻観の定義と内包

婚姻は男女両性の結び合い、この結び合いが社会に承認された時夫婦関係が成立する。男女は結婚によって最初形態の家庭関係を構成する。従って、婚姻は人類と血縁が一定程度に発展した産物である。夫婦共同生活して、老人を看護、子供を育てる。同時に婚姻は全家族にも緊密な関係がある。婚姻は法律によって保護され、婚姻の厳粛性と安定性を保つことは婚姻の生存、発展に利点があり、それも婚姻の最初願望に一致している。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接