浅析日本亚文化「両性具有」现象——以视觉系乐队为例毕业论文_日语毕业论文

浅析日本亚文化「両性具有」现象——以视觉系乐队为例毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

本论文将通过考察日本亚文化中特别是视觉系乐队中的两性具有现象,明确其流行的原因。

以日本文化中含有两性具有要素的先行研究为基础,如实指出社会性别并非一定与生理性别相关,而是一种自由意志的选择。

以视觉系摇滚中的两性具有现象及其他日本文化中两性具有现象为分析对象。通过考察日本宗教文化、日本性文化、日本人性格等方面分析其受欢迎的深层原因。

通过研究指出,社会性别并非天生,而是自由意志的选择。人可以通过社会性别的自由选择,实现新的自我价值。

关键词:两性具有;视觉系;异装癖;亚文化

目 次

はじめに 1

  1. 先行研究 2
  2. 概念規定および題材と収集方法 4
  3. 研究背景 5
    1. 両性具有の概念 5
    2. 両性具有とクロスドレッサー 5
  4. 日本両性具有の歴史 7
  5. 日本サブカルチャーの「両性具有」 8
    1. 日本のヴィジュアル系 8
    2. 他の文化で「両性具有」現象 13
  6. 両性具有文化の流行っている原因 17
    1. 日本の宗教文化と両性具有 17
    2. 日本性文化と両性具有 17
    3. 両性具有文化の発展 20

おわりに 23

注釈 24

参考文献 25

はじめに

宝塚歌劇団だろうが、幾つかの漫画だろうが、ヴィジュアル・ロックバンド のライブ現場だろうが、両性具有的な人物があるのがよく見る。さらに、特定 のグループの中で人気がある。新しい時代の趨勢になった。性徴が欠けている のはこれらの人物の一つの特徴だ。すなわち、男は女に似ていて、女は男に似 ている。現実性別と社会固有性職務に背く、この現象はなぜ人気があるか、本 論はこの問題を考える。本論は両性具有的な要素が含まれている先行研究に基 づいて、日本文化中の両性具有的な現象と生理的な両性具有の異同を指摘する。この現象は社会美学の趨勢に基づいて商業需要を満足させる選択を明確にする。

本論は両性具有的な現象が際立ってヴィジュアル・ロックを例として、その現象の発生した原因と流行っている原因重点的に分析する。そのうえ、この現象の提供した精神的な満足感と今なおまで普及させて歓迎させる原因を考察する。

ヴィジュアル・ロックを代表する両性具有的な文化現象は日本で大人気がある原因を分析した結果に基づいて、日本宗教文化および日本人の性格特性を参考しながら、両性具有的な文化が日本で流行っている深い原因また今後の発展趨勢を探究する。

先行研究

先行研究では、前の研究者の研究成果全般を取り上げることはあまりなく、両性具有について、代表性がある理論は次のように示す。

Ian Buruma(1984:117)は、両性具有を「第 3 種類の性別」と称える。仏教文化の影響は日本文化作品の中で両性具有的な「美少年」が多くの原因一つ。両性具有は仏教の重要な部分である。

Jean Baudrillard(1993)は、当代芸術が重大な自我アイデンティティー危機に直面している。当代社会で、流行の両性具有現象とこの危機が、発生起源は同一である。或いは、芸術分野で両性具有現象は自我アイデンティティー不安障害の典型である。芸術分野で、性転換神化例えばマイケル・ジャクソンさんたちのクロスドレッサーと両性具有現象はシミュレーションの意味になってアイロニカル典型になる。それでなく、この現象は我々の行為の基礎になって、甚だしきに至っては共通点と差異を探す基礎になる。

土肥伊都子(1999)は、一般に個人のジェンダー・パーソナリティは、女性性も男性性も未発達の未分化の状態から始まり、学童期になり、ジェンダー・スキーマを発達させていくにつれて、子どもたちは自らの生物学的性に期待されたパーソナリティ、すなわち男性は男性性を、女性は女性性を自己概念に取り込んでいく。青年期以降、自我アイデンティティーの確立が進むに従い、男女に関わらず、男性性と女性性の両方が自我アイデンティティーに重要であることを認識するようになり、ジェンダー・アイデンティティーが発達する。それにより、男性性・女性性の両方を兼ね備えたパーソナリティ、すなわち心理的両性具有性(psychological androgyny)が形成されていくというものであると述べて

いる。

菅俊夫(1995)は、人格心理学でいうところの「人格の両面性」を持つことであると述べている。この自我アイデンティティーが ジェンダーに対しても反映された場合、自己の性(sex)の同一性を失うことなく、同性に期待されるものも異性に期待されるものも自己のパーソナリテイとして取り込むことができると考えるのであると述べている。

以上の先行研究は両性具有現象が発生した一部の原因と引き起こった結果を指摘した。Ian Buruma(1984:117)は文化作品中の「美少年」を分析したが、現実社会での両性具有現象を分析しない。Jean Baudrillard(1993)は批判的にこの現象持ってくる影響を分析する。客観性に不足する。土肥伊都子(1999)と菅俊夫(1995)はもっと生理の角度から両性具有現象の発生した原因を探究する。本論は以上の先行研究に基づいて、両性具有現象の典型のヴィジュアル・ロックを例をとして、この現象の産生原因を探っていくことにする。この現象の持ってくる社会影響を客観的に分析する。

概念規定および題材と収集方法

    1. 概念規定

本論は、「両性具有」この語彙を使って、生理的に「両性人」を指すことではなくけて、「表象」或いは「体の表層の政治学」を指すことである。集中的に服装、ヘアスタイル、化粧することと立ち居振舞いなど方面に体現している。この現象は既定社会の「男性」と「女性」に対する具体的な区別を動かす。

    1. 題材及び収集方法

本論で題材にしたのは両性具有風格の明らかなヴィジュアル・ロックである。バンドの発生、発展、落ちぶれていてまた流行っている過程から、日本人の両性具有の歴史と日本人の性格などの方面を結び付けて日本社会で両性具有現象を歓迎させられた具体的な原因を探究する。

  1. 研究背景

両性具有の概念

伝統的に、大部分の哺乳動物にとって、生物の上「性」に基づいて、性の区分は 2 種類がある:男性と女性。しかし、人類にとって、「性」の起きた効果は遥かに生殖繁育するだけではなく、基本的な自我アイデンティティーのである。ジェンダーはと生物性別は違う。前者は意識から決定して、後者は染色体から決定する。そのため、ジェンダーは簡単に「男性」あるいは「女性」に区分することはできない。

両性具有は、男女両性を兼ね備えた存在の事を指し、両性具有者ギリシャ語より androgynos とも称する。一部のサーチエンジンは「両性具有」を生理 現象の「両性人」を説明し、つまり雄の生殖器官と雌の生殖器官を一個体に持っているものを言う。本論は、「両性具有」この語彙を使って、生理的に「両性人」を指すのことではなくけて、自分のジェンダーに基づいて対外の自己表現、服装、メークなどである。

両性具有とクロスドレッサー

両性具有とクロスドレッサーは常に混淆することがある。クロスドレッサーは生理的な病気として「フェティシズム」の一つである。患者は自分の性別が知っていて、つまり自分の生物性別に対して肯定的な態度を持って、性転換することを希望しない。両者とも異性装を行うが、両性具有は、性的興奮を伴わずに自己の生物学的性とは反対の性別の服装を身につけることで、異性の一員であるという一時的な体験を享受するために、社会的に反対の性役割に同化す

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接