从传统食品包装看日本的民族特性毕业论文_日语毕业论文

从传统食品包装看日本的民族特性毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

日本包装设计大师笹田史仁在《0.2 秒设计力》曾说:“购物的客人在经过货架前,让商品映入眼帘的时间只有 0.2 秒。想要让顾客在这个瞬间惊叹一声‘哇!’ 并且愿意驻足停留,那就必须靠抢眼的包装。”不知道大家有没有遇到这样的情况, 本来不打算买东西的,在便利店转一圈,瞬间被包裹着漂亮包装的食物吸引过去, 心跳加速,荷包倾倒。在日本,随处可见设计精美的生活物品,食品包装的美学更是深入人心。它们所流淌出的生命力,赋予了食物更丰富的滋味和意义。

在本稿中,从传统食品的包装设计,来分析传统食品其包装设计中所体现的民族特性。并得出结论,既日本传统食品包装中体现什么样的民族特性。首先, 是关于传统食品包装的一些基本的知识。其次从传统食品包装的包装图案、包装材料等方面具体分析传统包装设计所体现的民族特性。对自然的尊重和保护、对传统文化的继承和创新、尊重人情和趣味性,都是日本传统食品包装中民族特性的一种体现。

本文通过分析得出这样的结论。日本人在传统食品包装设计中,不断发扬本民族传统的同时,又积极吸收和借鉴国外先进的包装设计文化和设计理念。从传统食品的包装图案到包装造型,无不体现着对自然的尊重和保护、对传统文化的继承和创新以及尊重人情和趣味性的日本其特有的民族特性。

关键字:传统食品;包装设计;民族特性;传统文化

目 次

はじめに 1

  1. 伝統的食品包装の基礎知識 2
    1. 伝統的食品の定義 2
    2. 食品包装の定義 2
    3. 食品包装の役割 2
  2. 日本における伝統的食品の包装設計 4
    1. 伝統的食品の包装図案 4
    2. 伝統的食品の包装文字 6
    3. 伝統的食品の包装材料 8
    4. 伝統的食品の造形 11
  3. 日本の伝統的食品の包装設計における民族特性の表れ 16
    1. 自然への尊重と保護 16
    2. 伝統文化の受け継ぎと革新 17
    3. 人情と趣を重んじる美意識 18

おわりに 20

参考文献 21

謝 辞 22

はじめに

はじめに

周知のように、日本は世界中でも包装設計の得意な強国である。独特な地理環境にくわえ、長期の鎖国により、良く日本の伝統文化を保存し、今日まで発展してきた。日本人は自分の民族伝統を生かしながら、国外の先進的包装文化と理念も積極的に取り入れている。この過程に、日本は設計した包装に含んでいる民族性をさらに発展させ、伝統的包装設計を思わせるスタイルが溢れ出ている。同時に、簡単で明瞭な現代的デザインスタイルを備えている。世界の包装設計に深い影響を及ぼし、高い世評を得た。

今まで、日本の食品の包装設計に関する論文がおびただしく著作され、このうちの多くは古い研究成果で、具体的でない視点からテーマを取り上げている。例えば、內藤久幹氏が『日本包装百例』(2010)では、異なる食品判例の分析によって、大量に優秀な日本の食品の包装設計を展示し、「キッコーマン」醤油の味付けの瓶、「カップ」紙インスタントカップ麺、紀文食品缶詰、伊勢醤油などの包裝の特徴に言及する。

しかし、系統的に日本の伝統的食品の包装設計を研究したものは比較的に少ない。陽亜楠氏が『民族的審美特性が食品包装設計に及ぼす影響』(2015)では、日本という民族の審美特性の形成と表現形式を論じることにより、演繹的に日本食品包装のあらゆる面に及んだ影響を叙述した。最後には、我が国の現代食品包裝設計に存在した不足および意見を分析した。けれども、食品包装設計についての内容はただ表面的である。

だから、本論文は先行研究をもとにして、系統的な視点から日本の伝統的食品の包装設計を研究したい。

1 伝統的食品包装の基礎知識

伝統的食品の定義

筆者の調べた限りでは、まだ日本の伝統の食品という語の定義を厳密にした文献がまだないようだ。ただいくつかの日本の伝統の食品の例を列挙する作者が多い。例えば、みそ、しょうゆ、みりん、納豆、漬物、豆腐など。これらはすべて植物性で、なおかつ発酵食品である。本稿で研究する対象は、主に、日本本土で生産した調味料(塩、醤油、酢)、酒類(日本酒)及び私達の熟知した日本の伝統的な食品(豆腐、和菓子、寿司、かまぼこ)などを指している。

食品包装の定義

食品包装とは食品の流通過程で食品を保護し、運送に便宜を図り、食品の価値を高めるなど容器と補助材料のことである。食品をある容器あるいは包装物に置くことで、輸送、陳列、販売と消費に便利である。食品の包装は、包装材料、包装造形そして包装上の図案、文字などが含まれている。

食品包装の役割

食品包装は食品商品の重要な構成部分である。工場から離れて消費者に手にする流通過程に生物、化学、物理など外来要素がもたらす損害を防止し、食品を保護し、食品自身の品質を保持するという役割がある。もっとも大切なのは食品の外見を表現することで、消費者の目を引くし、物質コスト以外の価値を持たせることである。包装は食品に対する欠かせない部分と言えるのではないだろうか。食品の基本は「おいしさ・健康・安全」である。包装はこれを実現するための重要な役割を担っている。具体的には、包装は次の3つの基本的な役割を持っている。1

  1. :おいしさなど、食品の品質を保つ役割

1 隋欣.禅宗美学影响下的日本当代食品包装设计研究[M].南京理工大学,2014:4

生産から消費までの間に受ける、外力、環境変化から内容物を守る。

  1. :流通時や使用時の取り扱いを便利にする役割

荷役、保管、輸送の作業効率の向上および消費にあたっての利便性が求められる。

  1. :情報提供と販売促進の役割

商品として必要な表示、内容物の説明、商品をアピールするデザインが求められる。

昔の対面販売による量り売りの時代では、包装は持ち運ぶための入れ物であった。現在では、食品の包装は商品の顔となっている。包装が商品の価値を高め、売れる商品を創ると言っても過言ではない。

日本における伝統的食品の包装設計

伝統的食品の包装図案

      1. 伝統的図案

包装図案は視覚から伝統的図案と現代的図案の二種に分かれると言えるのではないだろうか。この両者は互いに補完し、日本食品包装にいっそう伝統化、民族化と時代化。

日本の伝統的食品の包装図案は日本浮世絵および中国唐朝の伝統的な紋形の影響を受け、包装図案に伝統的に変わるという傾向がある。大自然の山川風物、花鳥虫魚を主題とする日本伝統的図案が多い。その形態は自然の曲線を主とする。包装図案の内容については、「植物図案(梅、樱、藤、菊)、動物図案(龍、鳳、魚、鳥)、器物図案(小皿、扇、団扇、茶道具)、ハシシ、網の目と亀の甲を主にするという题材の伝統的図案が多い」。2桜の花が多数を占める日本植物の文様がたくさんある。桜の花は形態が小さくて精巧で、花期も短い。その背景には、瞬間の美という理念である。そのほか、秋草と楓の葉など植物の文様を見ることがある。桜の花と同じで、繊巧で感傷的な感覚を持っている。日本の伝統的図案にも曲線の図案と紋様がたくさんある。曲線の図案と紋様とどらも清新で、さっぱりしていて上品である。これらは日本人の独特な含蓄と深みを表す。そのため、花卉、植物あるいは伝統の和式図案を主にする包装図案も多い。象徴的な伝統的図案は豊富な文化意味を寄せ、民族の特性を強調する。図1のように、この包装は民間の浮世絵の図案を採用し、和服を身につけている仕女を主体の図案にし、地方の特色を高く備えている。

2 曲展.解读日本礼品包装的设计理念[J].设计艺术,2009,2(9)

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接