从日本近代女性教育的发展角度研究日本女性观毕业论文_日语毕业论文

从日本近代女性教育的发展角度研究日本女性观毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

在日本近代社会发展进程中,随着女性社会地位的提高,留下了很多对女性教育发展和日本女性观的研究。本文想以这些先行研究为参考,提出自己的观点。事实上,日本贤妻良母主义的女性教育思想在各个历史时期都在发生着变化。本文首先以时间为顺序,立足于近代日本女性教育制度的不断完善,阐述其贤妻良母的女性观的具体内涵的不断变化。然后重点探究当今日本社会的新女性观。希望能够帮助我们更好的认识日本社会的女性角色,并对我国女性事业发展有所

启示。

关键词:近代;女性教育;日本女性;女性观

目 次

はじめに 1

1 先行研究 3

    1. 国内外における研究 3
    2. 研究方法 5

2日本女子教育の発展とともに女性観の変遷 6

    1. 明治初期の「良妻賢母」論 6
    2. 高等教育論に見る女性観 10
    3. 女子教育の振興と新女性観 12

3 日本女子教育が女性への影響 17

    1. 結婚観の変化 17
    2. 主婦である女性 18

終わりに 20

参考文献 21

謝 辞 22

はじめに

日本の女性は温良貞淑で世界で特別な存在としている。これは日本の特別な女子教育理念――良妻賢母主義と切れない関係がある。日本の女子教育の理念は日本社会の理想的な女子像を反映しているとされている。現代に入ると、ジェンダーフリーと男女同権などの女性運動の展開とともに、女性解放論者の要望を応えるために、「良妻賢母主義」は時代により若干変容していく。

明治維新から、福沢諭吉など啓蒙思想家が社会の進歩のために欧米の先進的な制度と文化を学びすべきだと指摘され、日本の旧習に妄執し西洋文明を断る者を批判した。制度の近代化に従って、女性解放思想など思想の近代化も日本で発散した。明治政府は女子教育が近代国家建設に対しての重要さを自覚し、明治五年、身分・性別に区別なく国民皆学を目指した「学制」を公布されたが、女子教育の場合では、従来の妻とするような従順な女性を育成するためだけではなく、夫を支えて優秀な子供を育つことができるような女性を育成することが目指されていた。つまり、このような女子教育の指導思想は到底的に封建日本の思想に支配されていたと考えられる。また、戦後の「女子教育刷新要綱」によると、男女教育の機会均等、教育内容の平準化、男女の相互尊重を基本方針とし、具体的には女子に対して高等教育機関を開放し、女子専門学校を新設した。こうした状況の中で、日本女子の社会地位も上がりつつ、自分なりの努力をして男性と同じような社会的身分を確立しようということの実現も可能になった。

本論文を通して近代日本女性の教育と女性観を研究しながら、現代日本の女性の社会役割分担の史的背景を提示できる。そして、近代日本から非常に大き

な影響を受けていた近代中国の女子教育やその問題点、または中国の女子教育の発展にとって、一つの参考になると考えられる。

1 先行研究

国内外における研究

日本の女子教育についての研究も或いは女性観についての研究も数多くの成果が残されている。しかし、女子教育は女性観の形成との関係に対する研究は少ない。その中には主に坂谷隆子の『女子教育観の史的性格―学制期における女性観を中心として』(2011)、蔵澄裕子の『近代女子教育道徳教育の歴史―良妻賢母と女子特性論という二つの位相』(2008)などの文章がある。

坂谷隆子 東京家政大学紀要『女子教育観の史的性格―学制期における女性観を中心として』の中に「女子の全ての行動が子どもに大へん影響するものである。国家の未来の発展を遂げるためには、まず女子の教育を行うべきである。女子 の教育を向上させ、男子と同様に社会に参加し、協力し合わねばならないので ある。「方今ハ実二女子ヲシテ教育二浸潤セシムルノ時」であることを指摘した。欧米諸国に於ては、女子は子どもを教授する最良の教師である。それに女子は 男子に比らべ児童に対する愛晴や忍耐も強く、子どもの心を理解し扶育するこ とにおいて優れている。女子を教育者として育てるための教育を行わねばなら ないが、それは交部省の職務である。これを実施させる為には小学や中学に師 範学校を合併することであり、すでに欧米においては実現しているのである。 また師範学校における教育は男子師範学校の方法と異なってはいけないのであ る。日本における女子教育のあり方について前進的な方向づけをなしたものと いえるのである。明治5年の「学制」頒布で教育の平等主義、勧学主義、実学 主義の教育理念がうちだされ、それに基づいて国民全体の教育の促進をはかろ うとしたものであったが、それは国家繁栄、富国強兵につながる教育施策であ り、真の近代的な教育ではなかったといえるのである。この期においては、啓

蒙思想家などによってもしばしば女子教育の必要性が指摘されているが、女子教育についてのはっきりとした教育内容は明示されてはいなかった。しかし、明治13年に至っては女子教育の教育内容も具体的な学科目として示され、次第にそれなりの形式をそなえてきたのである。」と述べた。

蔵澄裕子 東京大学大学院教育学研究科『近代女子教育道徳教育の歴史―良妻賢母と女子特性論という二つの位相』によると、「良妻賢母主義教育研究は、その先駆者たる深谷が言うところの「日本特有の近代化の過程が生み出した歴史的複合体」の意義・本質を解き明かし、新しい視点を加えつつ、女子教育に良妻賢母主義が果たした役割や、その位相を掘り下げていく研究の積み重ねと言って良い。良妻賢母主義教育が、端的に「良い妻」、「良い母」を育成するための教授であったと単純化する見方は誤りである。また、女子教育の振興は「賢母」 養成の必要性を論拠として始まったのであり、日本の近代化、近代的国民育成という国家的急務とのすり合わせのなかで唱えられたのである。近代女子教育が母の役割の強調をもって、その必要性の論拠としたことは多くの先行研究で指摘されている。良妻賢母主義は明治啓蒙期から、臨時教育会議を経て、女性の母役割偏重するものへと変容し、母性的良妻賢母主義とでも呼ぶべき性質へと変容していく。戦時下、この天皇制国家イデオロギーを支えた力の一つが、「 産めよ増やせよ」に象徴される母性主義であった。高群逸枝に体表される母性主義は、公教育体制における女子教育のなかで、「母性的」良妻賢母主義が、その中身を国家主義的イデオロギー側面を強め、母たる規範を肥大化させていったものである。近代女子教育の骨子足る良妻賢母主義を考察するためには、その思想的背景を支えた女子特性論との関連性を念頭に置く必要がある。女子特性論が公教育体制の中に組み込まれ、次第に女子教育への規範的支配力を強めて

いく過程こそ近代女子教育の実態であり、女子特性論の下で思想的・規範的に細分化された教育の内実を統合する概念として良妻賢母主義を捉える見方も可能と考える。」と述べた。

研究方法

上に述べてきた研究意味をもとに、先行研究を踏まえ、まず史料分析を通して明治から現代までの教育制度と教育内容の変遷から、各時期の政府の女子教育の目的と目標の実態を明らかにする。また、エートス分析によって、そういう教育実況と当時の教育制度の中における日本社会の女性観を分析していきたい。そして、史料の検討と国家制度分析によって、日本の教育制度のもとに日本女性が受けられた影響を検討したい。

2 日本女子教育の発展とともに女性観の変遷

明治初期の「良妻賢母」論

1868 年、明治政府が成立した後、文明開化の風潮で日本社会が急激な近代化が進められ、政治、経済、社会文化などの領域で全面的な改革が行われた。特に、教育関係の場合、女子教育が新たな転機を迎えた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接