关于日本动漫的受容性毕业论文_日语毕业论文

关于日本动漫的受容性毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中文摘要

《回转企鹅罐》是由名监督几原邦彦编写剧本并指导的、首次以 5 年日本地

铁沙林毒气事件和 97 年神户儿童连续杀伤事件为背景基础的、以“家庭”为主题展开对生命幸福的思考的一部非常独特的动画作品。动画中无论是角色设计方面还是故事情节方面都有不少来自宫泽贤治《银河铁道之夜》的引用。本研究将对

《回转企鹅罐》中所引用的《银河铁道之夜》进行整理说明与分析。分析《回转企鹅罐》在引用的同时如何将所引用的部分完好融入动画,并用动画自身独特的理解方式将《银河铁道之夜》抽象而晦涩的部分具体化从而表达其主旨。

关键词: 动画; 回转企鹅罐; 银河铁道之夜; 利他主义; 利己主义

目 次

はじめに 1

1『輪るピングドラム』と『銀河鉄道の夜』を例として 2

    1. 『輪るピングドラム』について 2
    2. 『銀河鉄道の夜』について 2
  1. 二部作品の内容の受容 4
    1. 男子児童の対話 4
    2. さそりの火 5
    3. リンゴと運命 5
    4. 運命が乗り換える地下鉄 6
  2. 二部作品の個人主義の受容 9
    1. 「KIGA APPLE」と利己主義 9
    2. 「運命の果実」と利他主義 10

おわりに 12

参 考 文 献 13

謝 辞 14

はじめに

『輪るピングドラム』(以下は『ドラム』と略称する)は幾原邦彦が監督・脚本を担当し、初めて 1995 年のオウム地下鉄サリン事件や、1997 年の神戸連続児童殺傷事件を下地にして、「家族」をテーマとして生命に関する思考を行う独特的なアニメである。作中では、キャラクターの設定、またはストーリーの流れなどの中、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』(以下は『銀河』と略称する)が引用されたのがよく見える。『月刊 Newtype 2012 年 3 月号』に登載したインタビューで、幾原邦彦監督は、最初から『銀河』をモチーフにするのが決めたことも説明した。1本研究は『ドラム』の中に『銀河』を引用した部分を捉えて分析したい。

本研究ではアニメである『ドラム』を取り上げ、直接引用の部分をみつけながら、キャラクターの設定とストーリーの展開から、『銀河鉄道の夜』から間接的引用をした部分を説明し、その作用と含めた意味を分析したい。それを通して、引用された『銀河』が『ドラム』に深い意味を与えるのが証明して、逆に

『ドラム』が自分の理解で『銀河』の抽象的ものの一部を具体化して、主旨を表している。それで、『ドラム』を単なるアニメとして見るだけではなく、その中の深さを改めて認識してほしいのである。

したがって、本論は『輪るピングドラム』のはなし自身に注目し、その中に引用された『銀河鉄道の夜』の部分を捉えて分析して、深く解読したい。

——————————————————————————————————

1 (日)幾原邦彦. そう、今愛の話をしよう[J]. 月刊 Newtype, 2012, (3): 233.

1『輪るピングドラム』と『銀河鉄道の夜』を例として

『輪るピングドラム』について

『輪るピングドラム』は、幾原邦彦が「家族」をテーマに監督・脚本を担当するオリジナル・アニメ作品である。2011 年 7 月から 12 月まで毎日放送他で放送されたブレインズ・ベース制作の日本のテレビアニメ作品。略称は「ピンドラ」。作中では、『銀河鉄道の夜』がしばしば引用される。

双子の兄弟である高倉冠葉と高倉晶馬の妹の陽毬は、病気によって余命わずかとなっていた。兄弟は妹の願いに応え、自分たちにとって想い出の場所である水族館へと出かけるが、そこで陽毬は倒れ、搬送先の病院で息絶えてしまう。覚悟していたこととは言え、ただ悲嘆に暮れるばかりの兄弟だったが、彼らの目の前で突然、水族館で買ったペンギン型の帽子を被った姿で「生存戦略!」の掛け声と共に陽毬は蘇生した。ペンギン帽子を被っている間に限っては、陽毬であって陽毬でなく、別人格「プリンセス・オブ・ザ・クリスタル」に変わるという状態になっていた。そしてプリンセスは、陽毬を助けたければ、ピングドラムを手に入れろと兄弟に命じる。彼らに添い従う 3 羽のペンギンを与えられた兄弟は、プリンセスからの指令で女子高校生・荻野目リンゴの調査を開始するが、それは過去にも繋がる TSM 荻窪線沿線で起きる様々な事件の始まりとなった。

『銀河鉄道の夜』について

『銀河鉄道の夜』は、宮沢賢治の童話作品。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語で、宮沢賢治童話の代表作のひとつとされている。

星祭りの夜、居場所を失い、孤独をかみしめながら登った天気輪の丘で、銀河鉄道に乗り込み、親友カムパネルラと銀河めぐりの旅をしばし楽しむ。二人は旅の中で出会う様々な人の中に次々と生きる意味を発見して行く。旅の終わりにジョバンニはさそりの話に胸を打たれて、カムパネルラに、みんなの本当の幸いのためにどこまでも一緒に行こうと誓い合うが、カムパネルラは消えてしまう。悲しみのうちに目覚めたジョバンニは、まもなくカムパネルラが命を犠牲にして友達を救った事実を知る。この瞬間、ジョバンニは銀河鉄道の旅が何を意味していたのか気づいて、みんなの本当の幸いのために尽くすことに、生きる意味を悟った。

二部作品の内容の受容

男子児童の対話

第一話に登場した男の子二人は『銀河』について話しあっている。最終話には高倉冠葉と高倉晶馬に似ている男の子二人で第一話とほぼ同じようなシーンを再現している。対話は以下のように行う。

男の子 A「だからさリンゴは宇宙そのものなんだよ。 手のひらに乗る宇宙。この世界とあっちの世界を繋ぐものだよ。」

男の子 B「あっちの世界?」

男の子 A「カンパネルラや他の乗客が向かってる世界だよ。」男の子 B「それとリンゴになんの関係があるんだ?」

男の子 A「つまり、リンゴは愛による死を自ら選択した者へのご褒美でもあるんだよ。」

男の子 B「でも、死んだら全部おしまいじゃん。」

男の子 A「おしまいじゃないよ! むしろ、そこからはじまるって賢治は言いたいん

だ。」

男の子 B「わかんねぇよ。」

男の子 A「愛のハナシなんだよ?なんで分かんないのかなぁ~。」

対話を見ると『銀河』のキャラクターのカンパネルラと、作者の宮沢賢治と 直観的に現れるのがわかる。この部分は直接的に『銀河』を引用するのである。

『銀河』の中でカンパネラと、途中でジョバンニたちと出会った青年と姉弟の三人はみんな他人を救うために死んだから、列車に乗り、リンゴをもらったという描2写があって、対話の「リンゴは愛による死を自ら選択した者へのご褒美」ということを暗示するとも考えられる。ほかに、物語はリンゴは生と死を繋ぐ

——————————————————————————————————

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接