京剧的男旦艺术和歌舞伎的女形艺术的比较研究毕业论文_日语毕业论文

京剧的男旦艺术和歌舞伎的女形艺术的比较研究毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

中国的京剧艺术和日本的歌舞伎艺术并称“东方传统艺术的姐妹花”。男旦和女形作为京剧和歌舞伎中最具代表性的艺术表演形式,两者都是通过男扮女装来出演女性角色,因此具有相当的可比性。本文以男旦和女形为中心,运用对比的方法来分析两者之间的异同点,希望在传播中日传统戏剧知识的同时,进而探寻中国京剧的未来发展道路。

全文依次从各自的概要、戏剧的基本要素、艺术表现手法、审美、发展现状等五个方面对男旦和女形进行详细的对比说明。最后总结全文,进而提出京剧男旦未来发展道路的建议。

关键词:京剧;歌舞伎;男旦;女形;变身

目 次

はじめに 1

  1. 男旦と女形について 2
    1. 男旦と女形の概要 2
    2. 男旦と女形との歴史的な繋がり 2
  2. 基本的な要素の比較 3
    1. 服装と化粧との比較 3
    2. 道具と舞台セットとの比較 4
    3. シナリオと題材との比較 4
  3. 表現方法の比較 6
    1. 節回しを中心とする「唱念做打」という表現方法 6
    2. 伴奏を中心とする「歌舞道白」という表現方法 7
  4. 審美的な分野での比較 9
    1. 自己の心理認識の比較 9
    2. 美学思想と美学観との比較 10
  5. 発展の現状の比較 11
    1. 消えた男旦芸術 11
    2. 斬新な女形芸術 11

おわりに 13

参考文献 14

謝 辞 15

はじめに

中日両国は一衣帯水の隣国であり、両国の文化は自然に多い類似点がある。京劇と歌舞伎はアジアの有名な伝統芸術として、同工異曲の妙があるが、それ ぞれの文化感覚が呈している。両国の違う芸術の土壌の中に、奇跡的に二つの 近い演技形態を醸成した。それが男旦と女形である。女形芸術は今になっても う歌舞伎の芸術表現形式の中で最も特色のまぶしい花になった。京劇の男旦芸 術の真っ盛りの時は同様に京劇の芸術の光り輝くことを実証している。しかし、時代に従い、両者は全然異なる命運になった。男旦はもう昔の風景がなかった。それに対し、女形は依然として人気を集めている。

実は女装芸術についての研究が国内でも国外でも重視されている。国内では、男旦についての研究成果はあまり多くない。既存の研究の多くは特定のテイマ や他の学科のエッジの成果だけであり、まだ基本の史料システムを形成してい ない。国外では、西洋の研究者が、彼らの理論で中国の伝統的な芝居を分析し た。これは確かに独創的な見解をもっているが、西洋の理論はその特殊な背景 で、ある程度では中国の伝統的な理論と外れる弊害が存在している。それで、依然として深く掘り下げる研究の可能性と必要性がある。

本文はこの原因を研究するために、多角的に京劇の男旦芸術と歌舞伎の女形芸術を比較することによって、両者の異同点を掘り起こし、演劇の知識を伝播するとともに、京劇の男旦の未来の道を探求したいと思う。

1 男旦と女形について

男旦と女形の概要

ご存知のように、京劇舞台の役は生、旦、純、醜のような四つの種類に分けられている。女性が男性を演じる坤生に対し、男旦は男性が代役で女性の役を上演する芸術である。女形は、日本語では、男性ダンサーが女性形態を模倣する意味の略称である。歌舞伎は誕生の初期、女形がなく、男が男を演じること、女が女を演じること、あるいは、女が男を演じること、この三つの形態しかある。その後、歴史と社会の発展に従い、徐々に今の女形がになった。

男旦と女形との歴史的な繋がり

中国の京劇文化は日本の女形芸術に深い影響を与えた。例えば、「日本書記」には、このように記載された:「中国から学び、今の歌舞伎になった。」1また、中国から日本に伝わった典籍は日本の歌舞伎女形の題材になった。歌舞伎の楽器も中国から伝わってきた。ある女形役者が歌う時の調子も中国の昆曲に似ている。

女形も中国の京劇文化と深いきずながある。歌舞伎女形の有名な曲「双蝶道成寺」と中国の「白蛇伝」2はストーリーがそっくりである。また、日本の有名な歌舞伎女形大家である市川猿愛之助はこのように言った:「京劇と歌舞伎は縁が深いので、中国京劇の男旦役者と日本歌舞伎女形役者との交流は中日女装芸術交流の一つだけではなく、中日文化交流の煌びやかな花でもある。」

1 舎人親王(676 年-735 年)らが著し、合計で 30 巻、720 年(養老 4 年)に完成した。

2 馮夢龍の「警世通言」より「白蛇伝」に脚色された。馮夢龍(1574–1646)は明王朝の文学者で、戯曲家でもある。その別名は竜子猶で、あるいは、墨憨斎主人でもある。彼は長洲(今の江蘇呉県)人。

基本的な要素の比較

男旦と女形はそれぞれ京劇と歌舞伎に属している。芝居の基本的な要素にかけては、子体と母体の関係が存在している。だから、男旦と女形は自然に京劇と歌舞伎の全体の特徴を持っている。では、化粧と舞台セットと題材、この三つの方面でいちいち比較しようと思う。

服装と化粧との比較

京劇は様式化の舞台芸術で、あまり他の施設の運用を重視しない。だから、服装の重要性がはっきり目立っている。京劇の服装は、作り方がすぐれ、デザインや色の変わりで、人物のイメージや性格などが表現できる。それとともに、舞台効果を強化させ、鑑賞性と芸術の影響力を強めることもできる。京劇役者の化粧は「隈取り」と呼ばれており、たいへん民族特色を持っている。それは大げさな鼻の巢、口の巢を結び合わせて人物の表情を描くという一種の写意と誇張の芸術である。京劇には、各種類の人物はそれなりの固定の様式と色がある。それによって、観客はこれらのくまどりを見るとなると、この人の善悪かどうかはすぐに分かる。だから、隈取りも俳優の「心の画面」とも言わされている。

歌舞伎の服装は相対的に固定している。役者の服装は非常に派手な着物一律を採用し、着物の作り、生地、および装飾も華やかに要求される。そのため、価格も非常に高い。京劇役者と比べ、歌舞伎役者の化粧はやや簡単である。その特徴は、役者が化粧用の小さなブラシで自分の顔と首の表面を白く塗り、そして、赤や靑の太い線で輪郭をスケッチし、最後に顔にちょっとした細かい装飾をする。例えば、口紅を塗ったり、ほっぺたに顔料を添加したり、そうして可哀相な女性像を醸し出すということである。歌舞伎役者は約 100 種などの顔の化粧があり、色で性格を示すが、それは少数に限って、ほとんどのくまどり

は自然で、過重な性格の表現はない。

道具と舞台セットとの比較

京劇の舞台は「戯台」とも呼ばれ、その形が非常に整っている。また、多くの舞台装置も簡単で、道具は一般的にテーブル、椅子、扇子、それぞれひとつだけで十分である。その原因は全部の場面が役者の深い感情で支えるからである。これは中国人が独特の「ブランク」芸術への純粋な追求を反映している。別に言えば、管を通してヒョウを見ても斑紋の一部分は見ることができ、ほんのちょっぴりから広大無辺な世界を連想できるということである。

歌舞伎は舞台装置に重んじる。ステージ効果が要求されるので、全世界では最も早く設定されていた回り舞台や昇降舞台が出るようになった。同時に、写実的な傾向を追求するために、ストーリーの必要によると、舞台で家屋、楼閣、ジャングル、山水、船などの大型道具を設置し、大幅に歌舞伎の実感と華やかさを増加させた。また、歌舞伎は舞台形式の独特感を追求し、観客との交流を重視する。したがって、観客席へ延びる「花道」は役者が舞台に登る道になるとともに、役者と観客が合体した効果がある。

シナリオと題材との比較

京劇の伝統的な演目は約千個があり、多くの演目は、高い思想内容が備えている。それらはたくさんの角度から昔の生活を反映し、人々の知識を豊富にさせ、健康の芸術を楽しませる。演技の内容の中で、京劇は大型の芝居があり、数多い「折子戯」もある。それは歴史の題材に政治闘争や軍事闘争を変えることに長じている。物語の多くは歴史から取材する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接