宫崎骏动画电影中女性主义的由来毕业论文_日语毕业论文

宫崎骏动画电影中女性主义的由来毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本动画大师宫崎骏作为一代东方动画导演的代表,成功将对自然、对人生、对社会的种种思考融入到动画中,尤其是对女性问题的深度关注,发人深省。

本文主要着眼于宫崎骏动画电影中的女性主义对于现实中女性的自我激励的现实

意义,通过对宫崎骏导演的9 部动画电影作品:《风之谷》、《天空之城》、《龙猫》、

《魔女的宅急便》、《红猪》、《幽灵公主》、《千与千寻》、《哈尔的移动城堡》、

《悬崖上的金鱼姬》进行深度剖析,首先将这几部动画电影中的女性角色分成两类:成长中的少女主角和成熟的女性典范两种,分别从这两种女性角色的年龄、社会成熟度和在电影中的主要责任和作用进行分析,最后总结宫崎骏动画电影中存在的女性主义思想, 再结合宫崎骏本人的成长经历、民族文化和日本社会现实,来研究其动画电影中女性主义思想的由来。

关键词:宫崎骏;动画电影;女性主义;由来

目 次

はじめに 1

  1. 宮崎駿の映画における女性キャラクター 4
    1. 成長中の少女キャラクター 4
    2. 成熟した女性キャラクター 5
    3. 宮崎駿のフェミニズム 5
  2. 宮崎駿の個人成長とフェミニズム 9
    1. 母親への懐かしさ 9
    2. 平和への希望 10
  3. 日本文化と宮崎駿のフェミニズム 14
    1. 「少女崇拝」のコンプレックス 14
    2. 日本の森林文化信仰 15
  4. 日本社会現状とフェミニズム 18
    1. 日本女性の生存現状 18
    2. 環境現状 20

おわりに 22

参考文献 24

謝 辞 26

はじめに

「アニメの神様」と呼ばれた日本アニメーションの巨匠、宮崎駿は、世界でも有名なアニメーション映画の監督である。彼のアニメーション映画の成功は、アニメーション映画が次第に映画世界の端から中心に入ることを有効に促す。宮崎駿のアニメーションは、人々のアニメーション映画に対しる習慣的理解を転覆し、娯楽のあまり、自覚的に自然、生存、成長、女性など反省する社会学の問題をそこに溶け込み、濃厚な人文の色をあらわす。厳密に言えば、「宮崎駿のアニメーション」はスタジオジブリの発行した全部のアニメーション映画を含める。本稿で主に研究した宮崎駿のアニメーションは、宮崎駿自ら監督した九つ作品だけを指す。すなわち1984 年の『風の谷のナウシカ』、1986 年の『天空の城ラピュタ』、1988 年の『となりのトトロ』、1989 年の『魔女の宅急便』、1992 年の『紅の豚』、1997 年の『もののけ姫』、2001 年の

『千と千尋の神隠し』、2005 年の『ハウルの動く城』は、2007 年の『崖の上のポニョ』である。

濃い東洋の色のある宮崎駿のアニメーション映画は世界に、とくに中国に深い衝撃をもたらした。いま、国内の宮崎駿のアニメーション映画の研究現状を見れば、主に以下のようにまとめることができる:

陳丹(2012)は、現代社会の性別危機、生態危機及び目前中国のアニメ産業の直面している苦境などに着目し、対して、宮崎駿の映画での女性思想について論じてみた。文章は、まず父権制社会の人物イメージの脱構築、両性調和価値観の構築や女性気質のあらわれ三つの方面から、宮崎駿のアニメーション映画でのフェミニズムの具体的な表現を述べた;そして、個人成長の印から、民族文化の染め及び社会現実の浸透三つの視点から宮崎駿のアニメーション映画でフェミニズムを表現する原因を分析す

る;文章の最後に、現実と結びつけ、両性調和の呼び声、生態調和への関心及び中国アニメ製作への啓発三つの方面から、宮崎駿のアニメーション映画でのフェミニズムの意義を説明する。余子佳(2013)は宮崎駿が典型的な女性像をつくった作品を研究対象とし、「女性への認識」といいう新しい視角から作品の中に現れた宮崎駿の女性への認識についての研究した。刘巍(2014)は宮崎駿のアニメーション映画での女性像を良い役と悪役によって二つのタイプに分けた。孫碩穎(2013)は宮崎駿のアニメーションの中に伝統的な性別の観点を転覆し、独立、自主、強靱な女性像をつくった。羅林(2013)は宮崎駿のアニメーション映画での女性像は小さい女の子、若い女性、既婚女性、おばあさん、魔女五つの種類に分けられ、それぞれに分析して研究し、彼女たちの共通の人間的魅力をまとめる。張媛媛(2012)作者はナウシカの特徴を始め、映画の角度から人間と人間、人間と自然、人間と動物の関係を検討し、それによって観衆が映画以外のことについてもっと深い思考を呼び起こした。

以上はフェミニズムについての先行研究である。以下はフェミニズムに関する専門書と日本の女性の社会地位に関わる先行研究である。

シャジニナ・ハンナは『日本女性の社会地位に関する歴史的研究』で、日本の歴史では、日本女性の社会地位の変化を研究した。その中には、彼女は主に論文を三つの部分に分けた。第一部分:日本女性の古代から中世までの時期の社会地位;第二部: 現代日本女性の社会地位の研究;第三部分:日本女性の地位と他国女性の社会地位を比較し、それにその中の性別問題を論じる。

李銀河が著した『フェミニズム』では、フェミニズムの起源、歴史、発展と新しい時代のフェミニズムの発展を詳しく説明し、フェミニズムの流派、論争とフェミニズム運動の二回の波も含まれる。

日本アニメーションの巨匠、宮崎駿は東方アニメ監督の代表として、成功的に自然、

人生、社会に対する様々な思考をアニメーションの中に溶け込み、とくに女性問題への深い関心を持ち、深く考えさせられる。日本語科の本科生として、私自身が宮崎駿映画に興味を持ち、そのアニメ映画でのフェミニズムの研究を選び、宮崎駿が映画の中でフェミニズムを際立たせる原因をより深く掘り出す原因は、それが映画の観衆に影響を与えるだけでなく、全体人類の性別平等の実現にも一定的な意味と影響があるから。本稿の創新は、これまで大部分の研究者が題材、人物、表現手法など各方面から宮崎駿のアニメーション映画について全面的な分析を突破し、一つの点をめぐって宮崎駿のアニメーション映画に対して深く研究する。宮崎駿のアニメ作品は、豊富な感情とヒューマニズムを含めており、高い社会的責任感や歴史的な使命感で自然、女性に対して自ら注目する。もし「自然」「平等」「女性」など課題を一つの概念にまとめれば、「フェミニズム思想」である。フェミニズム思想はただ女性の狭い生存にかかわる概念だけではなく、人間の性別平等への追求、調和共存の実現に対する認識である。そのため、これまでの全面的な研究と違い、本稿は、フェミニズム思想の点から、宮崎駿のアニメーション映画について深く研究する。

1 宮崎駿の映画における女性キャラクター

宮崎駿のアニメーション映画のフェミニズムを分析するために、その中の表現された女性キャラクターを分類し、それによって、各類の特徴をまとめ、さらにその中のフェミニズムについて深く研究できる。本稿は主に女性キャラクターを二つの種類に分ける:

成長中の少女キャラクター

宮崎駿映画の中で、主に女性の勇敢、強靱、独立自主を際立たせる作品は、『もののけ姫』、『風の谷のナウシカ』、『魔女の宅急便』、『千と千尋の神隠し』である。ほかにも性格の表現が比較的に著しいのは、アニメ作品『天空の城ラピュタ』でのシータ、『となりのトトロ』での二人の姉妹、『ハウルの動く城』でのソフィー、『紅の豚』でのフィオなどが挙げられる。成長中の少女主役は、全体の物語の中で大きな苦しみを経験したーー風の谷のナウシカがは故郷が壊れ、父親が敵に殺され、さらに人類全体が王蟲に滅ばれる災害を経歴した;狄野千尋は、神社で親が豚になってすぐ食べられる状況に直面する。魔女は初成長し、一人で他の都市へ孤独に苦行する状況に直面する。もののけ姫は彼女が生存する故郷、森が貪欲な人類に滅ばれる状況に直面する。シータは、過去輝かしい家族が没落したが、現在悪人に利用される苦境に直面する。これらの苦しみの中で、少女たちは強くて勇敢に苦難に直面し、それにこれらの苦難を通じて急速に成長する。彼女たちは、女性の強さ、勇敢、独立の一面をあらわす。彼女たちはいさぎよく、機知に富み、最終的に成功になる。

成熟した女性キャラクター

第二類は、映画の中で比較的に成熟した大人の女性である。例えば、『千と千尋の神隠し』での湯婆婆、『紅の豚』でのジーナとフィオの家族の女性たち、『魔女の宅急便』でのおソノ、『もののけ姫』でのヒイ様、『天空の城』で姑と老板娘の強盗などが挙げられる。これらのキャラクターは、映画での成熟した者であり、主に映画での成長する少女の案内人として存在し、非常に重要な模範的役割を果たす。彼女たちは、表面にはたけだけしく、冷酷そうであるが、実際には生活に強いられ、多少善良で優しい心がある。彼女たちも最後に、実際の行動で成長しなければならない少女の主役たちを支援する。

宮崎駿のアニメーション映画作品の中に、主役は主に女性キャラクターであって、その女性の特性をまとめれば、個性が純真、善良、勇敢、強靱である。その優秀な品質を表すのは宮崎駿の心の中にフェミニズムというものがあるのである。

宮崎駿のフェミニズム

人間全体の半分として、女性は人類の存続の基礎であり、人類の発展に代わられない役割を果たす。しかし、世界を見渡し、長い時間の中に、彼女たちはずっと男性にの圧迫して奴隶のようにこき使われる地位に位しており、自分自身の価値を実現しにくい。例えば、西洋の伝統的な宗教文化の中で、女性は永遠に差別される対象である。キリスト教は女性が神様によって男性の肋骨で作られるものであり、男性の附属だけであると主張する。しかし、女性の圧迫される現実は、昔からのことではない。フェミニズムの言う通り、「男尊女卑」の性別秩序は永遠に変わらないことがない。それは「自然」の基盤がなく、人為的に構築したイデオロギーであるから。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接