从“侘寂”美学看森女的生活理念毕业论文_日语毕业论文

从“侘寂”美学看森女的生活理念毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

摘 要

当代女性强调个人风格,希望以一种方式打造出属于自己独一无二的形象来体现个性和魅力。作为日语专业的学生,又是众多女性语言学习者之一,笔者希望通过对日本传统美学中“侘”、“寂”美学的了解和分析,关注到当代社会风潮中日益崛起的新风潮——“森女风”。

本文意在将“侘·寂”的美学意识与“森女”崇尚自然、悠闲自乐、返璞归真的生活态度和低碳环保、朴素简约的消费观念紧密联系并有机结合,分析两者的共通之处,透视森女风潮迅速升温蔓延的根源所在,表现后者对前者在新时代背景下被赋予新一代青年人风格特征的全新解读和发展诠释。

关键词:侘寂美学;森女;生活理念;价值观

目 次

はじめに 1

  1. 日本の古典文学の美学における「侘び」と「寂び」 3
    1. 「侘び」の美学の境地への分析 4
    2. 「寂び」の美学の境地への分析 5
    3. 美学における「侘び」と「寂び」との共通点 6
  2. 「森ガール」の誕生と発展 8
    1. 代表的な森ガールのイメージ及び発展の方向 9
    2. 森ガールのスタイルの特徴 10
  3. 「侘び」「寂び」の美学から見る森ガールの生活理念 15
    1. 森ガールと「侘び」「寂び」の美学 15
    2. 森ガールの「侘び」「寂び」に与えた新たな意味 16

おわりに 18

参考文献 20

謝 辞 21

はじめに

「侘び」は小乗仏法の中の、諸行無常・諸法無我・涅槃寂静という「三法印」、特に無常に由来したものである。「侘び」は本来は世から離れる禅林にひとり暮らしするような寂寞、あるいは「寒」、「貧」と「彼」を指す言葉であった。日本語では「寂び」というのは、古びた物のこと、あるいは荒れて閑寂の風景のことを指す語である。文芸の理念とは関係がなさそうだが、そういう古びた模様と閑寂が人の心を惹かれるような趣を帯びるようになると、「寂び」には一種の美が生まれて、美の意味が与えられた。「森ガール」は日本で生まれた言葉で、森系の女の子は、民族風の服装が好きで、盲目的にブランドを求めるのではなく、彼女たちは、まるで森の中から歩き出した人のように、清新な身なりをしている。彼女たちは、自然を愛し、ゆったりとする生活態度を堅持する。

時間の限界も超えた、森ガールの登場は、日本の伝統文化の中の「侘び寂び」の美学を、現代の若者の審美と生活態度を見事に融合させた。森ガールは、森と自然が人間にくれた気質と機敏を結びつき、清新なイメージを作り出した一方、内在には、心の清浄と本真を求め、侘び寂び」の美学が強調するように、虚ろな繁栄を超えて、華麗な飾り物をいっさい捨て去り、素朴で自然な本来の姿と、最も原始的な人性の美に戻るような生活態度を取っている。「侘び寂び」の美学が強調するのは、不完全で、永遠に続かない美である。「完璧な人など世にはいない」のように、森ガールは、完璧な女の子ではなく、彼女たちには人間らしい欠点があり、過ちを犯すこともある。しか

し、彼女たちは冷静に生活に直面し、勇敢に本当の自分を探している。それもまた「侘び寂び」の美学と共通している。

本稿は、「侘び」と「寂び」における美学意識を、生活に対する「森ガール」の態度と、環境に優しく、素朴で節約するような、消費に対する「森ガール」の観念と、結びついて両者の共通点を分析する。そして、森ガールが迅速に成長した原因を見出し、新な時代の影響を検討してみる。

1 日本の古典文学の美学における「侘び」と「寂び」

紀元六世紀までに遡ると、日本古代の歌謡は形式がシンプルで、内容が主に日常生活に基づいたもので、種々の文化が混ぜ込んでいる状態に留まっていた。八世紀の後半に入り、『万葉集』が生まれて初めて、文学芸術の形が現れた。そして、長い歴史の道を歩んできてから、和歌が確立され、多くの文学の形態の根源となる「真」、「哀れ」、「幽玄」、「風雅」、「侘び」と「寂び」などの観念も生まれた。

王健宜は『あわれ・をかしから、侘び・寂びまで』では、本居宣長が考証した「哀れ」から、平安時代の「をかし」に変わったまで、移り変わりの多い自然と人生の無常の美への理解と憐れ、また、外部の客観的な美しき物事への称賛などの過程があり、上品な審美の趣が表現された、と指摘している。鎌倉時代に流行った「侘び」は清静、素朴と優雅を尊重し、静寂で悠然とする人生、また、気高く、穏やかな精神を求めていた。更に、江戸時代になると、「寂び」は客観的な視点から、冷静に衰弱、孤独と寂しさを観察する一方、宇宙という大きな視点から、人性の「幽玄の美」を提唱した。

「侘び」とは、もともとは窮地に陥った人の苦痛と不幸を指す言葉であったが、中世になると、人々は貧乏と孤独を、物質と精神を解放する新たなきっかけと視し、表面的で、美に欠ける形のあるものを、深層的で、形のない美への追求へと転換させ、次第にポジティブな意味を持つ「侘び」という美学理念を生み出した。後に、「侘び」は清静、素朴と優雅を尊重し、世から離れようと主張し、静寂で悠然とする人生、また、気高く、穏やかな精神を追求するものであると思われるようになった。一方、「寂び」は表面的には、「静寂」と「寧

静」に解釈されるが、誹諧が求める「寂心」のように、「寂び」は「寂」の深層的な精神の状態、生活の趣と審美の趣へと昇華し、寂然として、独立で、恬淡として、寧静で、自由で気ままに生きるという人生の状態を指している。

「侘び」の美学の境地への分析

「侘び」は小乗仏法の中の、諸行無常・諸法無我・涅槃寂静という「三法印」、特に無常に由来したものである。「侘び」は本来は世から離れる禅林にひとり暮らしするような寂寞、あるいは「寒」、「貧」と「彼」を指す言葉であった。「侘び」は日本人ならではの審美の意識であり、今は茶道と誹諧に使われる語1である。「侘び」は意気消沈しているという意を表す「わふ」という動詞、また、寂寞と孤独という意を表す「わびしい」という形容詞から由来した語で、鎌倉と室町時代に山林に隠遁する文人の間で生まれた美学の理念である。「侘び」は清静、素朴と優雅を尊重し、静寂で悠然とする人生、また、気高く、穏やかな精神を追求する。「侘び」とは、もともとは窮地に陥った人の苦痛と不幸を指す言葉であったが、中世になると、人々は貧乏と孤独を、物質と精神を解放する新たなきっかけと視し、表面的で、美に欠ける形のあるものを、深層的で、形のない美への追求へと転換させ、最終的にポジティブな意味を持つ「侘び」という美学理念を確立した。茶道の創立者である千利休は、「侘び」の理念の発展に大きく影響した。彼は禅の精神と主旨を茶道に受け入れ、貧乏の中に豊かさ、簡素の中に真の美を探そうと主張し、茶道を更に高い芸術のレベルを与えた。鎌倉時代に、有名な和歌の歌人である藤原定家はかつて秋の夕日の風景について一首の和歌を作った。それは人々に、「侘び」の注釈として、よく引用された。平安時代になるまでは、「侘び」は芽生え始めた時期にとどまり、志が報われな

いや、落ち込む、疑惑などの気持ちを表す時だけに使われた。平安時代初期の作品には、「さ夜中に友呼ぶ千鳥物思ふわびをる時になきつつもとな」(『万葉集』第四巻)や、「わが袂今日乾ければわびしさの千種の数も忘れねべし」(『竹取物語』)などがあり、その中の侘び」は、恋愛で悩み、傷つくような気持ちを伝えた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接