近代日本女性社会地位的变化毕业论文_日语毕业论文

近代日本女性社会地位的变化毕业论文

2021-04-02更新

摘 要

日本女性没有经济,教育,政治上的权利,是依附于男性而生存的弱势群体。二战后日本女性地位发生了变化,女性拥有了平等的受教育权利;经济上也日趋独立,自己挣钱养活自己;女性的婚姻观家庭观也有所转变,不再把家庭看做全部生活。本文从中分析了产生这一现象的原因以及其带来的影响。其中主要是国家政策的转变、女性教育程度的提高、世界范围内女性解放运动的影响,日本政党的贡献以及其他因素的影响。同时女性地位的转变也给日本社会带来了影响。日本晚婚化和少子化进程加剧,职业女性甚至选择不婚。日本女性的解放给企业带来了更多的劳动力资源,但加大了企业的不稳定性。另外挖掘了衍生出的“食草男”和“厉女”的社会角色,进一步尝试分析了对日本现代经济文化的影响。

关键词:日本;女性地位;教育;政策;经济

               

            目  次

はじめに 1

1 日本の女性社会地位の変化 2

1.1 古代女性の社会地位 2

1.2 二戦後の女性の地位の新たな変化 2

2 日本の女性の社会地位変化の原因 5

2.1 国家政策の転換 5

2.2 女性の教育を受ける程度の向上 6

2.3 世界範囲内女性解放運動の影響 7

2.4 日本の政党の貢献 7

2.5 他の要素 8

3 近代女性地位の変化は日本への影響 10

3.1 晩婚化と少子化プロセスの激化 10

3.2 企業への二重の影響 11

3.3 日本の男性の中性化を引き起こし、派生した「草食男子」、「歴女」 12

おわりに 15

参考文献 16

謝  辞 17

はじめに

昔から男尊女卑は社会の主導地位を占めて、女性は弱者グループとして社会の広範関心を集める。周知のように全体の世界で女性の社会地位は相対に男性より低く、その中に日本の女性の社会地位は特に低い。関係の調査に基づいて日本の女性の社会地位は他の資本主義国家と社会主義国家と思われる。

日本の女性の社会地位の研究は世界で重要な課題である。社会の変革と文明開化につれて平等というものは人間として生きていくうえで不可欠な条件である。その視点をよく考えてみると、日本の女性の社会地位は昔より変化はどこであるか、どうしてその変化が発生するか、それにより何を引き起こすか、という質問にずっと興味を持っている。それで、「近代日本女性の社会地位の変化」というテーマを選んで、研究したいと思う。

1 日本の女性社会地位の変化

1.1 古代女性の社会地位

二戦以前日本の女性の財産は何でもなく、日本は完全な男尊女卑の社会であって、女性は男性に依存した、家庭の奴隷になった。女性は家庭を主として、真心を持って夫の世話をしなければならなかった。これのいずれも女性は経済的独立権がないので、これも女性は男性の性的奴隷と生殖工具に転落した。それ以上、女性は政治での発言権もなく、独立の政治意識がなく、家で束縛されて、死ぬまで家庭に奉仕した。古代日本の女性は長期的に圧迫されて、且つ精神が制約されて、男性に無条件に服従した。

1.2 二戦後の女性の地位の新たな変化

1945年二戦が終わった後アメリカの軍隊は日本を占領して、且つ日本で改革を大規模に行った。改革は政治、経済、法律などの方面に関して、婦女子の解放を提出した。これらの改革最大の作用は日本の民主化的な過程を推し進めたことであり、日本の女性の地位もその民主化的な過程において根本的な転換が発生した。二戦は日本の女性の社会地位が転換した分水嶺であると言われた。

(1)教育の方面

戦後日本の女性は男性のような平等な教育を受ける権力を得た。男女は教育について区別がなく同等に扱った。1947年大学の受験を統一的に申し込む時、初めて男女受験生に分け隔てなかった。それから、大学に入る女生の人数はだんだんと増加した。高等教育は女性に開放するのは戦後教育民主化の最大の特色の一つであった。短期大学は戦後女性高等教育の主要な形式であった。しかし80年代中期以来、就職環境の変化のために、女性が四年制大学に入って勉強する願いは昔より大幅に増加した。

昔より女の大学生が勉強する科目も社会発展の需要に基づいて変化した。理系、農業、社会学、国際関係学などの勉強を選ぶ女生はますます多くなく、少人数の女生も先端科学の技術分野に足を入れた。たくさんの女の大学生は本校によって規定した学習課程を完成した以外、さらに他の専門学校でコンピューター操作、外語、音楽、美術などの知識と技能も勉強した。女の大学生たちは自分の理想を追求して、自分の命運を把握するように新たな知識を絶え間なく勉強することによって自分を充実させ昇進させなければならなかった。

(2) 就職の方面

戦後、日本の家庭における男性は外で仕事して、女性は家事をするという伝統模式は衝撃を受けた、時代の変遷は女性が社会へ出ることを推進した。女性は良好な教育及び専門の訓練を受けて、女性の社会における競争力を強化して、それはたくさんの女性が社会へ出るの重要な基礎条件であった。家庭用電器の普及、女性の出産欲望の低減及び家庭の核家族化は家事労働を軽减させて、女性は時間と精力があって社会へ働きできた。それから、日本の経済は深刻な労働力不足であり、女性に広範な就職機会も提供した。

日本の女性の就職は質の方面において顕著な変化も発生した。ますます増加した女性はだんだん伝統の看護婦の仕事、秘書、タイピングライター、小学校と中学校の先生等国家公務員、企業の経営管理スタッフ、医者、弁護士などハイレベルに拡張した。80年代に入った以来、さらに科学技術の発展につれて、女性は現代社会における体力弱者を軽減して、高学歴の優位を発揮するように、彼女らは特殊技能があるだけでなく同時に発展の潜在力もある仕事を従事して、例えば金融と保険業、情報処理技術、工業デザイン、不動産経営などであった。

(3) 婚姻家庭の方面

戦後日本の女性の教育を受ける水平の普遍的な向上と社会活動の広範な参加のため、女性の思想意識と生活方式は深い変化を発生させた。1959年皇太子明仁と庶民の子美智子は伝統観念の束縛を破って、自由恋愛して、結婚した。その世紀性の婚姻は、日本の国民に褒め称えられるだけでなく、婚姻自由に憧れる青年男女に大きな励ましをくれた。ますます多くの人は機会があって、勉強、仕事及び気が合う活動において異性と知り合いになって、結婚までだんだんと感情に発展した。

21世紀以来、日本の婚姻率は年々低減して、日本の女性の婚姻観は未婚化、晩婚化、不婚化に発展した。「不結婚において、女主人公田中千春は、間もなく満35歳の独身女性であり、適当な結婚相手がなくので、最終非婚族になっていた。劇で他の人物桐島淳子は、事業で大きな成功を収める女丈夫であり、仕事を人生伴侶として、自分が結婚を必要とせず、典型的な不結婚であった。」[1]ある意義から言うと、このようなやり方は伝統の男性は外で仕事して、女性は家事をするという観念の反抗であった。

2 日本の女性の社会地位変化の原因

2.1 国家政策の転換

大部分の国家のように、歴史で日本の女性は曾て長い時間で不平等の地位にあった。明治維新後日本の社会は一連の民主改革を行った。しかし、日本の女性は一貫して男性のような平等な政治と経済の権利が与えられなかった。二戦後、アメリカが主導された日本社会の民主改革で、日本の女性は初めて公民として男性と同じな法律地位を得ていて、これは戦後日本の女性の政治地位が向上する基礎であった。その後数十年で、日本の政府も女性の社会地位の向上を推進することを十分に重視した。「1975年日本の政府は総理府で婦人問題企画推進本部を設置して、女性の地位向上と男女平等を促進することを旨として、1994年内閣会議によってこの機構が取り消されることを批准した。内閣府で男女共同参画推進本部を設置することを変更した。内閣総理大臣は部長を担当した。内閣官房長官は副部長を担当して、2001年、内閣で男女共同参画の特命担当大臣を増設して、内閣成員兼任でき男女平等推進に関する仕事を担当した。」[2]国家核心対策本部において男女平等を推進する仕事を専門に担当した官員を設置した。これは世界範囲内でも非常に珍しかった。その中から日本の政府は女性の社会地位の向上への重視程度が十分に分かった。

それとともに、20世紀80年代から、女性地位の向上を推進するように日本も続々と一ロットの政策と法律が打ち出した。「1985年『男女雇用機会均等法』を発布した同年『女子差別撤廃条約』を批准して、1987年『西暦2000年に向けての新国内行動計画』を発布した、1992年『育児休業法』を実施して、1999『年男女共同参画基本法』を発布した、2008年『女性の社会参画加速プログラム』を批准した。」[3]これら政策と法律の打ち出しは、一定の程度で女性への差別を制限した、女性に比較的平等の社会発展空間を創造した、女性の社会地位の向上を推進した。

2.2 女性の教育を受ける程度の向上

現代社会の政治参加はまず一定の文化水平を備えなければならなく、     文化程度を向上させるのは最も主な方式は教育を受けることであった。二戦前の日本は、教育で男女の不平等が非常に顕著であった。1935年、中学校を卒業した女性は5%だけ大学に入れた。且つ教育を受ける時、女性が勉強する内容は男性と大きな差異があった。高度教育で女性が勉強した主要な科目は文化、音楽、政治、倫理学などであった。したがって、戦後教育改革は戦後日本社会の民主改革重要な部分になった。「1945年、文部省は『女子教育改革要綱』を発布して、そのうちに、高等教育で男女共学になって、中等教育で男女生教学標準などを統一したことを規定した。1947年で発布された『教育基本法』及び『学校教育法』は更に男女の教育を受ける権利が平等であり、機会が同じであるという原則を確立した。」[4]

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接